スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月終了アニメ 総評

恒例ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画に参加させていただき、春アニメの評価をしてみたいと思います。







評価項目は以下の通り、

■ストーリー
(脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等)
■キャラクター性
(キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等)
■画
(キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等)
■演出
(声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等)
■音楽
(OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等)
■総合評価
(この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等)


評点の基準は以下の通りとなります。

:とても良い :良い :普通(及第点) :惜しい。何かが足りないレベル :悪い :かなり悪い



[C]


■ストーリー:4点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:4点
■総合的な評価:4点

守るべきは未来か現在か。シリアスなテーマを経済・金融という深夜アニメにしては珍しい切り口から語り、その葛藤に等身大の主人公を正面から向き合わせたストーリーが好印象でした。登場人物は少なかったもののそれぞれの役割が明確でキャラは立っていましたね。バトル描写の薄さ等、惜しい、勿体無いと思う部分もありましたが、一本芯の通った作風で最後まで楽しませてもらいました。

合計点は22点。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:5点
■演出:5点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

ストーリーといいED曲といい、全体的に良くも悪くもベタベタなお涙頂戴モノという感じではありましたが、それでも映像と演出の力で十分に魅せてくれました。キャラもそれぞれ立っていましたね。ただ、めんまの物理干渉だったりちょっとご都合主義的かなと感じられる部分もちらほら。

合計点は24点。



星空へ架かる橋

■ストーリー:3点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

わりとテンプレなエロゲ原作アニメでしたが安定感はありました。各ヒロインのエピソードの掘り下げが浅くなってしまうのはこのジャンルでは仕方のないところ。しかし安易なハーレム展開にはせず、恋愛面にしっかり決着をつけてくれたのはかなり好印象でした。そういう潔い主人公ですから嫌悪感を覚えることもありませんでしたし、安心して見られる作品だったと思います。

合計点は19点。



戦国乙女~桃色パラドックス~

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

ギャグあり、萌えあり、バトルありの作品で楽しめましたが、それぞれいま一つ突き抜けきれてはいなかったかなという印象も。終盤シリアス展開になるとツッコミどころのある設定や説明が目立ち、少し大味な脚本にも思えました。本能寺の話はハラハラしましたし面白かったので、もっと史実を絡めたエピソードが多ければ見所も増えたのかなと思います。個性的で可愛いキャラが多かったのは良かったですね。

合計点は20点。



アスタロッテのおもちゃ!

■ストーリー:3点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:4点
■総合的な評価:3点

血縁関係からして重い話になってもおかしくなさそうなのですが、そうはせずに明るいノリで見やすい雰囲気の作品になっていました。萌え一辺倒ではなく家族をめぐる温かいエピソードなども多くあり、大きく盛り上がることはありませんでしたが安定して楽しめる作品だったと思います。

合計点は20点。



DOG DAYS

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

牧歌的というか、平和な作風がウリだったとは思うのですが、終盤になってもどうも緊張感が無さ過ぎるようで盛り上がりきらなかった感が。ハッピーエンドは見えていましたからね。とは言えキャラは可愛らしかったですし、異世界で無双する主人公の姿は爽快でもありましたし、良いところもしっかり持った作品でした。

合計点は17点。



GOSICK

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

ミステリー路線かと思いきや、話が進むにつれ派閥争いやら戦争やらがメインとなり、どうにも視聴時のテンションを定めるのが難しかった。もっともそれはそれでしっかり盛り上がってはいたのですが。作画は背景も含め綺麗で、あの時代のヨーロッパの街並みを眺めるのを楽しみに見ていたりもしました。ヴィクトリカの愛らしさに支えられていた部分も大きかったですね。

合計点は20点。



まりあ†ほりっく あらいぶ

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

相変わらずハイテンションなかなこの暴走や小林ゆうさんのOP曲などで笑わせてくれました。1期の雰囲気そのままで安心感はあった反面、特に目新しい部分も無く少し物足りなさも感じましたが。

合計点は21点。



電波女と青春男

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

一見現実離れしているようなキャラ設定の本作ですが、見ているとそれぞれが悩んだり笑ったりしっかり青春していていつの間にか等身大に感じられるように。少しずつ自立していくエリオや彼女にしっかり向き合う主人公の様子は見応えありました。自転車ダイブなど見ているこちらが恥ずかしくなりそうな熱い話があったり、ペットボトルロケット打ち上げのような心温まるエピソードもあったりで楽しめましたよ。

合計点は22点。



デッドマン・ワンダーランド

■ストーリー:3点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

ダークな雰囲気、理不尽なストーリー展開に惹かれましたが、思わず目を背けたくなるようなグロシーンもあり結構戸惑いました…。しかし演出の方向性としては徹底していて良かったのかなと。意外と仲間が多かったりと救いになる要素も用意されていたのは有難かったです。尺の都合もあったのでしょうが、いろいろと投げっぱなしの終わり方はマイナス。

合計点は19点。



■ベストOP賞
天使のCLOVER
(アスタロッテのおもちゃ!/愛美)


明るくも少しだけ切ない曲調や優しい歌詞が本編の雰囲気にマッチしていました。

まりほりあらいぶの「るんるんりる らんらんらら」、電波女の「Os-宇宙人」もインパクトがあって良かったですし、あの花の「青い栞」、GOSICKの「Destin Histoire」なども好きでした。

■ベストED賞
RPG
([C]/School Food Punishment)


疾走感と激しさのある曲ですがED曲らしい憂いも持っていて印象に残っています。

アスタロッテの「真夏のフォトグラフ」、戦国乙女の「熱き矢の如く」も良かったですね。



さてベストキャラクター賞・ベスト声優賞についてなのですが、今回は放送から時間が経ちすぎてしまい各アニメの印象が相当薄れてしまいました。適切な投票ができそうにないので、今回はパスさせていただきたいと思います。申し訳ありません。



ということで春アニメの評価でした。今回は視聴を絞ったこともあって10作品と数はやや少なめ。その分、最後まで見た作品はほぼ20点台と、小粒ながらも良作がしっかりある、それなりに満足度の高いクールだったなと。

そうこうしているうちに夏アニメも続々と最終回を迎えていますが、春以上に楽しめている作品もいくつかありますので、また評価記事を書くのが楽しみです。

ピッコロさん、今回も企画にお誘いいただきありがとうございました。また集計作業等大変かと思いますが頑張ってください。結果を楽しみにしております。



にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。アニメ評価企画13の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございます。よろしければご覧になって下さいませ。

評価企画13の最終集計結果↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5517.html

そして、今回も「今期終了アニメ(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5465.html


なお、毎度のことですが企画の発動が大変遅くなり申し訳ございません。最終的な締め切りは12月30日(ただし間に合わないという方は対応します)までになっておりますのでよろしくお願いいたします。
ピッコロさん、いつもお誘いいただきありがとうございます。前回企画の集計等大変お疲れ様でした。今回もできる限り参加させていただくつもりですので宜しくお願いします。
■年末年始企画のご案内
ソウロニールさんこんばんは
年末年始の企画、本年も開催しましたのでよろしかったらまたご参加いただけますようご検討下さい。
ではでは、宣伝失礼しました
おちゃつさん、お返事が遅くなってしまいすみません。
企画へのお誘いありがとうございます。
今年を振り返る企画、良いですよね。
喜んで参加させていただきます。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

もっと早くにと思いつつ結局は締め切りギリギリになってしまいまして・・・ 申し訳ないです m(_ _)m >ピッコロさん ・・・というわけで(え?)、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていた?...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。