■.08年9月終了アニメ 夏目友人帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 第13話(最終話) 「秋の夜宴」

最後まで爽やかです。

今期屈指の癒し系アニメもいよいよ最終回ですが、最後だからと言って奇をてらったことはせず、大きな事件も起こらず無理矢理な感動もなく。いつも通り淡々と柔らかく描かれる日常の中で、本作のテーマがもう一度しっかりと示されます。

他者との関わり。

互いに異なる存在同士、違いを乗り越えて理解し合うことはできるのか。

「異なる存在同士」というのは、人と妖の関係もそうですし、妖が「見える者」と「見えない者」の関係についても当てはまります。
夏目と田沼の会話からは、夏目が他人との関わりについてまだ悩んでいる、しかし答えを見つけつつある様子がうかがえます。藤原夫妻も、これまで孤独だった夏目を理解し、本当の家族のような関係に近づけるよう望んでいる。
夏目と妖の関係は結構初期から改善してましたが、以前は妖を邪険にしていた名取も、子狐を助けてみたりする。
各々の視点から、登場人物たちを巡る人間(妖)関係はまだまだぎこちないものだけれど、それでも少しずつ良い方に向かっているということが描かれます。

で、本作の場合はそうした描写が決して押し付けがましくなく、自然になされている点にすごく好感が持てるんですよね。

2期制作が決定しているということで、中途半端な締めになるんじゃないかと心配だったんですが杞憂でした。きれいにまとめてくれたと思います。秋祭りに登場人物大集合で和やかに終了…ってxxxHOLiC◆継で似たのを見た気がしなくもないけど、そこはご愛嬌。

素直に、2期が楽しみです。


無謀にもランキング参加中↓
にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。