スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ 第8幕 「迷走嵐が丘」 感想

「かんなぎ」も後半戦。
監督の試合運びやいかに。







このアニメはたしか1クールだったと記憶しています。『かんなぎ』第8幕「迷走嵐が丘」感想です。

ここ数話、「かんなぎ」はシリアス描写を排してほとんどギャグで突き進んできました。ギャグの相性が合う合わないは話によってまちまちでしたが、概ね楽しんで見ることができていました。

しかしそうした油断を突くように、ここへ来ていきなりシリアスの極致とも言える展開を入れてきました。ナギの人格の問題ですね。しかもそれも、Aパートの大鉄の妄想に始まるギャグパートが下地になってのもの。ギャグからシリアスに切れ目なく展開しているのですよね。何となくこの感じは2話あたりの雰囲気に似ていて、これが「かんなぎ」の本来の持ち味なのかもしれませんが、一度ギャグにテンションを合わせてしまった私はちょっと戸惑ってしまいましたよ。


まぁそれはそれとして。


ナギの人格は一体どうなっているのでしょうか?落雷と共に大鉄の前に現れた「神性を増したナギ」は、以前子ネコを弔っていたナギと同一と見て良いでしょう。幼い頃に仁が出会った「木の精霊」もこちらのナギだと思われます。

その人格は長くは持続せずに気を失ってしまうのですが、元に戻った「普段のナギ」はその時のことは憶えていない。記憶が無いことを指摘されると、必死でそれを否定し、それ以上の詮索も拒む。
「普段のナギ」には自分に「神性を増したナギ」が潜んでいるという自覚があるが、それをどうしても認めたくないし、気付かれたくもない、ということでしょうか。

病気の人間が自分は健康だと言い張る心理に似ているのかも知れないですし、自分より高次の存在を認めたくないプライドなのかもしれません。


この伏線がちゃんと回収されるのかどうか分からないのが不安ではあります。
回収するために改めてここで問題提起をしたのかもしれませんが、ラストではナギvs大鉄の仁争奪戦になっていて、結局話がそれているのですよね。もちろんそれはそれでギャグとしては楽しみなんですけど…。伏線と言えばざんげ/白亜の件はいまだに全くノータッチです。

アニメで張った伏線はアニメで回収してほしいですし、「続きは漫画でね」みたいな投げっぱなしの終わり方はご勘弁願いたいのですが、ちょっと覚悟した方が良いかもと思い始めました。杞憂に終わってくれると良いのですが。

今回もギャグの部分は文句なく楽しめたので、このままギャグで突っ走って「あれ、あの件どうなったっけ?」という風にごまかしてしまうのかもしれません。それならそれで納得です。ごまかせるだけの長所があるということですし。


結局何が言いたいのかというと、これから終盤に突入してストーリーは締めに向かっていくわけで、本当に監督の域に達しているかどうかが改めて試されるのではないかなと。
別にヤマカンは好きでも嫌いでもないですが「かんなぎ」というアニメは好きなので、うまくまとめてくれると嬉しいなと思います。
ちょっと気が早いかな?



↓ランキング参加中です。クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■どうなるでしょうね…
「続きは漫画でね」
前期ではセキレイがまさしくそうで、「原作販促アニメ」でした。あれはオープニングも2番が原作にもまだ出ていないクライマックスを想像させ、「えっ見たい見たい」という気にさせます。うまい商売です…しかしもともとそういう企画なら文句も言えません
今回はギャグパートが目立ちますが、シリアスパートに力点を置いてくださったこちら様のレビューに感謝です!
「もう一人のナギ」が大鉄に赦しを与えるシーンは個人的には原作で最も好きな場面の一つ。アニメでは声や動き、光の効果なども加わり、「いい子ね…」の声に思わず私の目にも涙が…
ナギの秘密は原作では一枚一枚薄皮を剥ぐように明らかにされていきますが、その一つ一つが本当にシリアス。この部分はまさしく本格派のファンタジーです。原作者の武梨さんの演出力はすばらしい。熱烈なゲームファンとのことですが、そこから上手く肥やしを取り入れているように思えます
いずれにせよ先が楽しみですね
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
そうそう、「セキレイ」はそのパターンでしたね。前々期では「あまつき」とかもそうでした。まぁでも、「かんなぎ」も含め原作が未完結なので、伏線未回収も仕方ないのかもしれないですけど。

ナギの秘密の件はやはりシリアスに展開していくのですか。原作はギャグとシリアスが融合した空気が人気だそうですが、アニメではギャグばかり目立っている印象です。これからギャグ/シリアスのバランスを少しずつ変えてくるかもしれませんね。楽しみです。

>シリアスパートに力点を置いてくださったこちら様のレビューに感謝です

そう言っていただけて嬉しいです!ありがとうございます。今回は笑いどころも満載でしたので、作中のギャグにつっこみつつレビューするブログさんも多かったですよね。実は私もそういうスタイルにも憧れているのですが、実際にやってみるとどうも上手くいかないという(汗
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

ナギ様 VS 大鉄 はたして勝負の行方は・・・
今回は大鉄が大活躍の回!(主に妄想で) 仁の家に到着するシーンは無駄に恐い登場だけど、もっと普通に出てこれんのかw そして雨の中屋根で...
第8話 「迷走嵐が丘」  シリーズ構成・脚本と倉田英之さんが担当されていることなのですが、 もちろん詳しいプロフィール等は、ウィキー...
梅雨の午後、仁の家に現れたのは・・・ フランケンもとい大鉄! あまりの強面てに仁、魂の悲鳴~~~~~ 出てる魂抜けてる!! 大鉄曰く家に帰り鍵を忘れたことに気づき窓が開いていないか屋根に上ったらしい 気づいたら警察が警防持って待ち構えていたらしい ...
ただいまラストレムナント絶賛プレイ中。 道端をうろついてる敵にいきなり理不尽な攻撃されて全滅するのはまさにあのシリーズと同じです...
JUGEMテーマ:漫画/アニメ そりゃ、雨ん中を民家の屋根に登ってウロウロしている男がいたら、容赦なく通報するのが世の常だと思いますけど。高校生には決して見てもらえない男、大鉄。彼の脳内を駆けめぐる昼ドラ顔負けの「背徳の姉弟恋愛」に笑った。禁断の果実を囓って...
大鉄の当番回、なのか? かんなぎ 第8話 「迷走嵐が丘」 の感想です。 考えてみれば、大鉄はナギが人形(ひとがた)として顕現するキッ...
大鉄はかなりの妄想壁かんなぎ 第8話 「迷走嵐が丘」今回、ついに梅雨入りしたということで土砂降りな天気。そんな中来客。でてみるとそこには…これは「ひぃーー」ですwwww玄関先にはずぶ濡れで立つ大鉄。傘くらいさせw大鉄は一旦家に帰ったはいいものの鍵を?...
妄想が最高です(ノ。・ω・)ノ今回は妄想シーンが長くて驚きましたがこれもまたナギちゃんのお肌を見るため…普通にニヤケながら 見ていた...
 「やらしいのは姉さんを そのような目で見る 仁のほうではないのか?」まさかのア
かんなぎ 第八幕 迷走嵐が丘  雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さ...
「ナギvs大鉄 勝者は!?」 仁争奪戦ナギvs大鉄、仁はどちらのものに!!! 大
第八幕 「迷走嵐が丘」 確かに大鉄が迷走してます…(笑)面白くなかった訳ではない
「大鉄」、名前と体格が一致しているぜ。 まさか、自分が渡した木がなぎの”基”になっているなんて考えもしないでしょうに。 でも、なぎ...
禁断の愛…大鉄の凄い妄想。 仁のことは、俺が守ってみせる!かわいいねえ。 公式サイトよりあらすじじゃ!(改変済) この町も、本格的に...
迷走ですか。今回の内容は・・・?かんなぎ(1)早速感想。大鉄迷走の回(笑)主人公仁とナギの関係は姉と弟の関係だったんだっけ、すっかり忘れてた。ナギみたいなお姉さんでも大歓迎ですよ、たぶん。でも神々しい感じ・・・というか本当に神の状態?であるナギのほうがい...
第八幕「迷走嵐が丘」雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さを嘆いていると、家のチャイムが鳴る。玄関に行きドアを開けると、そこにはまっすぐ家に帰ったはずの大鉄がズブ濡れで立っているのだった・・・。大鉄の妄想劇場。入梅。誰かが訪ねてきて・・・濡れ...
土砂降りの中、家の鍵がなかった大鉄は仁の家に転がりこむ。 それが大鉄の災難な嵐の一夜の始まりだった(^^; 今期は妄想ひどいキャラ...
今回は大鉄の脱衣シーンありトイレシーンありとファン必見のお話です(ぇw
1話と2話のような話だったなぁ
第八幕「迷走嵐が丘」家の鍵を忘れ、空いてる窓をくまなく探した大鉄。警察に事情聴取もされて
かんなぎ 第8話 「迷走嵐が丘」 感想 ナギ ― 仁 ― 大鉄 まさかの三角関係の出来上がり・・・っ!?
かんなぎ 1(完全生産限定版) 大鉄の魂が嵐の中を駆け抜ける! 大鉄・・・なんという、イイ奴!仁の事を心底心配してるんでありますな☆それにしても、ヤツの妄想は吹き荒ぶ嵐よりも激しく、キラめく太陽よりほっとでありますな(笑) 仁が、なんであんなに、大鉄?...
大鉄サイコーで大笑いのお話でした(*^▽^*) 「迷走嵐が丘」 たしかに仁とナギ
かんなぎ 第8話「迷走嵐が丘」 雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さを嘆いていると、家のチャイムが鳴る。玄関に行きドアを...
作中は梅雨入りで長雨が続きそうなシーズン。そんな中大鉄が家のカギを学校に忘れ、家の屋根に上ってるところを警察に補導されてしまう...
■かんなぎ 『なんで俺が恥ずかしくなってんだ!?』 今回は大鉄の憂鬱でお送りします。 大鉄ファン必見ですねw 土砂降りの中、家...
かんなぎ 1(完全生産限定版)(2008/11/26)戸松遥下野紘商品詳細を見る 第8話感想です(^^) 梅雨入りしたらしく、仁は家の窓から外を...
 妄想癖がある人が多すぎる。つぐみもそうだが大鉄もヒドイことが判明。ナギと仁は姉弟と思われてるから、禁断の愛などダメな方向ばかり思いを巡らせてしまう。  誤解が誤解を生み、話がややこしくなるパターンですね。仁取り合戦なのに、クールだった、つぐみが印象的...
妄想と疑惑。
かんなぎ 2 【完全生産限定版】 雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さを嘆いていると、家のチャイムが鳴る。玄関に行きドアを開けると、そこにはまっすぐ家に帰ったはずの大鉄がズブ濡れで立っているのだった。
まさかの大鉄妄想回w(;^_^A 今回もかわゆいナギがいっぱいだったんだけど、 そのほとんどが 大鉄の妄想 だっただけに気分がいまいち盛り上がらず… 今回のびっくりは大鉄が妄想キャラだったことですね。 寡黙でまじめなコだと思ってたんだけど。 梅雨入...
響大鉄の憂鬱
かんなぎ 1(完全生産限定版)今まで何かと地味だった大鉄君がメインの回でした。いつ大鉄君が活躍してくれるのかと楽しみにしていましたよ!ナギの誕生に大きく関わった神薙の木を仁君にあげたのは大鉄君だったことが判明。大鉄君がいなかったら今ごろナギと仁は会ってなか...
第8話『迷走嵐が丘』かんなぎ 1(完全生産限定版)今回は、大鉄メインの回。
普段は出番も口数も少ない大鉄がメインで話を回すことにより、仁視点でないナギを見ることが出来る「かんなぎ」第8話。一徹な大鉄が仁に対するナギの行動を疑い引き起こされるエピソードから、ナギの本当の姿が何か、ある一線を越えると怒る秘密、二重人格に見えるナギへ?...
基本的には、原作通りの流れ。
つづきはこちら
決して1人では見ないでください(あの映画?) でも恋人と一緒だったら許さない(マテ ではかんなぎ感想です。 かんなぎ 1(完全生産限定版)(2...
仁たちの住む町にも梅雨が訪れた。 「洗濯とかめんどくさいなー」なんて思っているとインターホンが。外へ出てみると、大鉄がいた。 雷鳴...
禁断の愛。
もう、妄想カオスヘッド! 「かんなぎ」の第7話感想です。 土曜日深夜は力尽きていたので遅れました。 ゆえに今回は簡単にいきます・・・...
かんなぎ 第8話キャプ感想です。 怖え~(笑
 季節は梅雨、外は雷が鳴り雨が降り続いていた。「よく振ってるな。ジメジメして気持ち悪い。 洗濯物も洗濯とか面倒くさいな。」外の景色を見て嘆く仁。その時悪い天気にも拘らず、ドアのチャイムが鳴った。そこには傘も差さずに立っているだけの大鉄がいた。「なんだよ...
かんなぎ 1 (1) (REX COMICS)(2006/08/09)武梨 えり商品詳細を見る かんなぎ 第8話
かんなぎ 第八幕「迷走嵐が丘」の感想です。
かんなぎ#8「迷走嵐が丘」 大鉄の妄想力に完敗乾杯!!( ^0^)/Y☆Y \(
 内容の半分以上は「妄想嵐が丘」でいいと思うんですが、脚本があの本田透氏だということで、妙に納得いたしました。
博士「大鉄×仁派歓喜www」助手「嫌だな、それは・・・」...
 梅雨の長雨が続いている自宅。  仁がすんでいるこの古家はかなり湿気ってそうで、仁本人は嫌だと感じてます。  前話で、押し入れの岩戸...
雨の降る夕方、仁は家の窓から外を眺め、天気の悪さを嘆いていると、家のチャイムが鳴る。玄関に行きドアを開けると、そこにはまっすぐ家に帰ったはずの大鉄がズブ濡れで立っているのだった。ダイテツがナギさまの招待に気づき始めるというような話だったような。かんなぎ...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。