スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第9話 「ブラック・チェンバー」 感想

不協和音






それぞれの陣営の決して一枚岩ではない様子が描かれていました。『鉄のラインバレル』第9話「ブラック・チェンバー」感想です。


まずはJUDAのチーム内の不協和音。


森次を思うあまり周囲が見えなくなり、暴走する山下。彼が何にそんなに自責の念を感じていたのか分かりにくかったですが、公式のストーリー紹介などで補完すると、森次が無痛覚症であることに気付けなかった、という点を気に病んでいたようです。尊敬してきた人物の深刻な異常に気付かず、森次も山下にそれを話してはくれなかった。たしかにショックかもしれません。

次こそは森次の周囲で起こるどんな異常も見逃すまいという思いばかりが先走り、結局は作戦に支障をきたすことに。そんな山下を容赦なく叱責する森次。山下を庇う浩一。かなり深刻にぶつかり合います。

これはどちらの気持ちも分かるだけに辛いところ。森次としても、今後も山下や浩一が独断で動くことがあっては困るため、甘い顔はできないでしょう。ただ山下はまだ高校生、浩一は中学生なわけで、そんな彼らに大人の世界の組織の論理を教えるのは結構根気がいるはずです。厳しく接することは必要ですが、「冷たい」と受け取られるようではリーダーとして信頼してもらえるのかどうか、心配です。

せめて森次から山下に一言感謝の言葉があったら。山下から森次に一言謝罪の言葉があったら。ちょっとした配慮が足りなかったために生まれてしまった「しこり」が後々どう影響してくるのか注目ですね。


続いて加藤機関内部の不協和音。


加藤は情報漏えいを防ぐため、スフィア設置の目的はマサキにしか教えていない様子でした(マサキも知っていると明言はしていなかったので、誰にも教えていない可能性も)。隊長クラスの幹部にも秘密と言うことは、かなり徹底してますね。元加藤機関の石神が計画の全貌を知らなかったのもこのため。加藤は石神のような裏切り者が再び出ることを恐れているのかもしれません。

しかし秘密主義は不信感を生みます。幹部らはマサキに言いくるめられていましたが、いつまでも誤魔化し続けることができるのでしょうか?何も教えてくれない「異世界からきた人間」に、「理想」の一点だけを拠り所について行けるのか…。こちらも後々何かの火種になるかもしれません。


最後は、不協和音と言えるかどうか分かりませんが、JUDAとキリヤマ重工の関係。


ラストで映されたキリヤマ重工の新型機と、そのパイロットであるらしい道明寺。これはかなり驚きました。

浩一はラインバレルのファクターであるはずなのに道明寺にケンカで歯が立たないというシーンがあって、これは浩一の戦い方が下手だということを表しているのだと思っていたのですが、道明寺自身もかなりハイスペックな人物だったということなのですね。

そうすると気になるのは彼が「早瀬軍団」を結成した目的です。「面白全部」というのは建前で、実はJUDAの動向を密かに探る裏の目的があったりするのでしょうか。

ラストシーンの不吉なBGM等の演出も気になるところ。私はJUDAとキリヤマ重工は、スカイガールズのソニックダイバーとビッグバイパーのように、ライバル→協力関係みたいになる展開が良いなぁと思っていたのですが、そんなに甘くはないんでしょうかね。加藤機関を倒すという目的は一致しているはずなので、ライバル関係にはなっても敵対することはないと思うのですが、果たして…?


「オペレーション・モンターニャ・ペリグロッソ(危険な山作戦)」自体は期待した成果を挙げられず、ストーリーは足踏みでしたが、こんな風にいろいろと見所が多い回でした。戦闘シーンも良かったですしね。組織だった作戦行動や司令部からの指示にも緊迫感があって、これまでよりもリアルに感じられました。戦争やってるんだなぁって感じで。


来週は早くもクリスマスモードで、また一休みなんでしょうか?2クールだと本筋の話以外にも時間を割けるから良いですね。クリスマスと見せかけて来週も本筋の話やるのかもしれませんけど。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■いや、年取るといろいろ思い出していけません
あれ、モンターニャ・ペリグロッソって言ってたんですね。例によって録画が悪くて聞き取れませんでした。ありがとうございます
私主観では面白くなってきました。こういう軋轢の話大好きなのですよ。もっと盛り上げてくださいな♪(だから鬼畜。まあ実質他人事ですから)私も学生時代にちょっと昔某組織(学校内的に合法です、念のため)でナントカ長をやった時に、脇から進言されたメチャクチャな作戦をあえて承認した時、その理由をあえて周囲には一切説明しなかったということがありました。その時にはまあトラブルもありつつ何とか目的を達したのですが、後から内部の友人が内心反対で、周囲を危険に巻き込んだと言って物凄く怒っていたということを知り、あちゃーと思った覚えがありますよ。反対なら最初から言え!と思いつつ、あらかじめ議論を尽くすように手を尽くさなかったのは失敗だったと今も思います
脚本はサンライズ作品の専門用語職人の森田繁さんだったでしょうか?だとすれば軍事作戦の雰囲気が真に迫っているわけですよね。やはり餅は餅屋でしょうか
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
作戦名とその訳語は私も自信が無かったので、公式サイトの用語集で確認させていただきました。

組織内の軋轢の話は盛り上がりますよね。そこに人間関係のドラマが生まれるわけで。互いに目指している方向は同じはずなのに、ちょっとした意志の疎通のミスで険悪になってしまうことってありますよね。

>ナントカ長

委員長?生徒会長?
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

 鉄のラインバレル  #09 『ブラック・チェンバー』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原...
鉄のラインバレルの第9話を見ました。#09 ブラック・チェンバースフィアという謎の球体を世界中に設置している加藤機関は遂に5か所も設置してしまう。「ねぇ、そろそろ教えてくれてもいいんじゃない?スフィアを世界中に設置する理由を。…いつもそうやって人を煙に巻く...
世界各地に設置されたスフィア球体。 JUDAは情報を得るべく、加藤機関の基地の一つを攻略するが…。 作戦の指揮は絵美がとることに。 ...
鉄のラインバレル 第9話「ブラック・チェンバー」の感想です。
『加藤機関が世界中に設置している、スフィアという謎の球体。 その目的を探るため、浩一たちJUDA特務室メンバーは、南米にある加藤機関のア...
「山下。お前にお守りを頼んだ覚えはない」
忍ちゃんって男Σ(ノ∀`*)あの加藤のカステラに引き続きまたしても騙されてしまった私……これは普通に狙っているでしょう(?) 「乙...
「温度を確かめないお前が悪い。」 森次さん、その前に体を流さないで浴槽に入ろうとしたことをしかってやれw 社長はもう完全にネタキャラ...
■鉄のラインバレル 『ふ~ん・・・元気じゃん♪』 あれ?早瀬がどんどん良い奴になってくる・。。・; 加藤機関が世界中に設置して...
各地で設置されるスフィア球体。今の世界と異世界をつなぐ何かだったりして…? そしてJUDA側も動き始め、作戦を開始。石神の代理で絵美...
#09「ブラック・チェンバー」スフィアという謎の球体を世界中に設置している加藤機関。その目的を探るべく、JUDAの特務室メンバーたちは南米にある加藤機関のアルマ生産基地にやってくる・・・。「派手にぶちかましてやりますよー!」マサキ、スフィアを設置中。既に...
これまでキャラの立っていなかった山下の当番回。冒頭から悩んでいて、なぜ悩んでいるのかは分かりにくかったのでは。鉄のラインバレル ...
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD] 加藤機関が世界中に設置している、スフィアという謎の球体。その目的を探るため、浩一たちJUDA特務室メンバーは、南米にある加藤機関のアルマ生産基地へ向かう。「森次さんの身体の異常に気づけなかった――」自責の念にかられている山下...
「僕が気づかなきゃいけなかったんだ!」 忍ちゃんが乙女座だったことがちょっとショック…どうせなら森次さんが乙女座であって欲しい☆ ...
突き放す言葉。
「そろそろ出番だってのにそういうのよくないよ」 ・・・誰?(笑) いや、前回も似たような感想書いたけど、浩一はほんと変ってきたな...
メガミマガジンの表紙がけしからん!感じてください…というけれど、もうラインバレルの呼び出しには必要ないから色々触ろうとした時点で張...
仲間を守る為に戦ってはいけないのか!?山下の葛藤が戦いの中で揺れて・・・。「ブラック・チェンバー」あらすじは公式からです。加藤機関が世界中に設置している、スフィアという謎の球体。その目的を探るため、浩一たちJUDA特務室メンバーは、南米にある加藤機関のアル...
『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)なんという出オチwwww乙女座はどっちかというと森次さんだろJK・・・(中の人的な意味で初めてJUDA側から加藤機関に攻撃を仕掛けることに。今回は山下君がメインの回だったんでしょうが、なんとも彼がこ...
回を増すごとに面白くなっていくなぁ
鉄のラインバレル 第9話 「ブラック・チェンバー」 の感想です。 徐々に浩一にも変化が見られるようにはなってきましたが まだまだかな...
「今回はJUDAが加藤機関に先手を打つ」 オペレーション・モンターニャ・ペリグロッソ!! 南米へのJUDAの攻撃…!! 森次さんを心配する...
森次さんが主人公でいいんじゃないか?! そんなコトを真剣に考えた鉄のラインバレル第9話。 とは言え特務室がバラバラになりそうですねぇ。
さぁさぁやってきました温泉回・・・?今回の内容は・・・鉄のラインバレルVol.2(初回限定)(DVD)◆20%OFF!おとめ座O型の何がいけないんだい?って感じの今回。いいことを教えてあげよう、このブログをたらたらと書いている中の人もおとめ座O型だよ。ちょっとそれるけど...
正義の味方、格好いいじゃないか。
社長が城崎絵美の秘密と言って渡したものはレントゲン写真とはこれでは最低です。
「ブラック・チェンバー」 なんか完全にオリジナル展開となっている気がしますが、これはこれで面白いと感じ始めた。 べ、別にイズナきゅんの裸が(以下略) 森次さんは痛覚が無いんだからどんなに熱い風呂でも平気でしょうね。と言うか、温かさも何も感じないんじゃな...
          加藤機関の情報GET!?
「ブラック・チェンバー」 山下くんは男だけど、森次さんLOVEということですね
制圧完了。 「鉄のラインバレル」第9話のあらすじと感想です。 今回はうまくいってよかったですな。 (あらすじ) 加藤機関はスフィア...
加藤「今日はまずカステラ機関こと加藤機関のメンバーについて話したいと思う」
『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き) 女子に対してはケダモノとなり、半ズボンには紳士となる! 相変わらずというか、社長のセクハラ攻撃は止まるトコロを知りませんな。しかも対象は女子中学生ですよ。ばでーがスゴ過ぎて、時々忘れそう?...
着々と計画を遂行していく加藤機関。 スフィア設置はすでに世界に5箇所。 JUDAが把握しているのは4箇所… …この時点でJUDA負けてるんじゃ(;^_^A スフィア設置の理由をマサキ以外の幹部に教えていない加藤。 足並みそろってないじゃんと思わせて実は… ...
鉄のラインバレル 第9話感想です。 森次さんは天然ですね、わかります(笑
鉄のラインバレル 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)(2005/06/20)清水 栄一商品詳細を見る
『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)(2008/12/24)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 第9話感想です(^^) 加...
道明寺を含めて、かなりのオリジナル展開。
「ブラック・チェンバー」. 『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)(2008/12/24)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る
『何故持ち場を離れた?・・・山下。お前にお守りを頼んだ覚えは無い。』 加藤機関が世界中に設置したスフィアの謎を探るべく、今度はJUDAの方から敵の基地に強襲をかける、というお話です。 お風呂シーンの笑いとバトルシーンの迫力がメインの回でしたが、全体的に?...
心眼は鍛えている
「城崎絵美のひ・み・つ」 「あぁ!!ズルッ!!!」 「動けなくても砲台代わりにはなるだろう」 この記事はネタばれが含まれてます ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください...
 アメリカにある米軍基地に加藤機関が攻め込んで来た。米軍輸送機の支援と加藤機関の掃討すべく、JUDAから派遣されたマキナは、浩一のラインバレル・玲ニのヴァーダント・美海のペインキラーの3機。しかし加藤機関の送り込んだアルマの数は多く、マサキを筆頭にユリ...
道明寺を含めて、かなりのオリジナル展開。
考えるな、感じろ! あの~森次さん…なんかブシドーさんと憑依合体してませんか? 鉄のラインバレル Vol.3 [DVD](2009/02/25)柿原徹也能登麻美子...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。