スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル 「ぴにおん!」 感想

ぴにおん! (MF文庫J)ぴにおん! (MF文庫J)
(2008/11)
樋口 司

商品詳細を見る


第4回MF文庫Jライトノベル新人賞「佳作」受賞作、樋口司著「ぴにおん!」の感想です。
表紙に惹かれて購入しましたが、これがなかなかクセの強い作品でした。






佐々木与四朗はどこにでもいるごく普通の高校生……ほんのちょっとの超能力が使えることを除いては。その能力も実生活にほとんど役に立たないようなしょぼいもの。変な名前と変な能力にコンプレックスを持ちながら鬱々と生きてきた与四朗だが、ある美少女との出会いが彼の日常を変える。え…「結婚してくれ」って、突然の求婚!?




そんな感じで、ファンタジー要素多目の学園ラブコメです。…と書くと口当たりが良さそうな感じがしますが、これが結構クセが強い。


読んだ方なら誰でも思うことでしょうが、クセの強い最たる部分は「地の文」です。この作品、地の文は一貫して主人公与四朗の饒舌なモノローグという形で書かれます(この時点で好き嫌いが分かれそうな気もしますが)。このモノローグが厄介で、時折与四朗の妄想が挟まって惑わされる上に、彼が重要そうな世界観の説明をしてくれたなと思ったら次に飛び出す言葉は「嘘だけど」。

嘘かよッ!!
今の説明嘘かよッ!!


…そう、この「嘘だけど」が結構頻繁に入ります。2、3ページくらい読み進めても全部「嘘だけど」で無かったことにされたりします。これはネタとして面白いんですが、読みにくいという人も多いんじゃないでしょうか。

ですが私は好きです。

というのも、この作品、日本語の表現自体は回りくどくなく、小難しい言い回しも無く、平易なんですよね。語り手の与四朗があまり頭がよろしくないという設定が活きているのかもしれません。1文1文だけを取り出せば、かなりすんなり読み進められます。

そこに「嘘だけど」が加わることによって、上手くバランスが取れていると言うか緊張感が加わってるなという風に感じました。


キャラクターも一見ツボを押さえたヒロインが揃っているようで、やっぱりクセが強い。私は元々クールなキャラが好きで、二葉は好みに合いそうだなぁとか思いながら読んでましたが、あそこまで口が悪いとちょっと引いてしまうかも…。ただ久しぶりに「デレがものすごく少ないツンデレ」を見せてもらった気がして、そこは満足ですが。最近は安易にデレすぎるツンデレが多いですからね。

そのキャラクターをもうちょっと掘り下げて描いてほしかったなぁという気持ちはあります。それぞれの心情描写はちょっと浅い。ヒロインは3人出てくるわけですが、焦点があっちこっちずれて散漫になってしまった印象です。


ストーリーはクセがどうのこうのではなく、かなりアッサリな味付けでしたね。一応超能力設定を活かした事件が起き、与四朗たちがドタバタと騒ぐわけですが、その解決のために与四朗やヒロインたちが大活躍するということもなく。読んだ後に感動も爽快感も教訓も残らず、物足りない。与四郎は一応この事件を通して得たものがあるので、そこに感情移入できれば「良い話」くらいには思えるかなと。このアッサリ感は子ども向けアニメを見終わった後のそれに似ているかもしれません。


しかし楽しさはあります。ラブコメ部分が面白いからです。「とある理由」のため、いろいろな手順や過程をすっとばしていきなり求婚してくる美少女たちには笑ってしまいます。


思うにこの作品、いろいろ欲張って詰め込みすぎて、結果それぞれが中途半端になってしまってるのではないかなと。ユニークな地の文。可愛いけれど一筋縄ではいかないヒロイン(しかも3人)。ニヤニヤできるラブコメ。超能力をめぐる設定。超能力者が抱える悩み。ミステリーっぽい事件。これを全部掘り下げて深いドラマを演出するのは、相当難しそうですな。

とは言えひとつひとつの要素はとても興味深いですし、好きになれそうなんですよ。私の場合特に気に入ったのは地の文とキャラクター設定、あとラブコメですか。これで「超能力者が抱える悩み」にからめてヒロインの心情とかをもっと丁寧に描いてくれれば、かなり面白いことになりそうだと思うのですが。

こんな風に不満はありつつも、楽しく読める作品ではあります。続刊があるのかどうか分かりませんが、あるとしたらもっと面白くなってるかもしれないという期待を抱かせますし、是非チェックしたいですね。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。