スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏 第10話 「イバラミチ」 感想

夜桜四重奏 10話 ヒメ

弱き者





まだ落とすか。『夜桜四重奏』第10話「イバラミチ」感想です。


七郷を切ると町が無くなってしまうそうです。それだけは避けたいヒメと、万が一に備え町民を避難させる秋名。ヒメは秋名を責めますが、町民の安全を守ることがリーダーの責任なわけですから秋名の判断は(珍しく)妥当だったのではないでしょうか。ヒメに任せても、結局は具体的な策は無かったようですし。


深夜にまで及ぶ訓練とパトロールで疲労が蓄積し、実際の戦闘でも役に立てず落ち込むヒメ。
周囲との連携も、そもそもコミュニケーションも上手くいかず、彼女の想いだけが空回る痛々しい様子が終始描かれます。
鬱回とはいかないまでも、先週に引き続き爽快感の無い展開で、この期に及んでまだ落とすのか、という感じですね。


しかしその分、徹底的に打ちのめされたヒメが本心を吐露するシーンには説得力があり良かったです。町を守らなければいけないという責任も、ギンのことを諦めきれず今の事態を招いてしまったという後悔も、周囲に迷惑を掛けているという思いも、結局何もできないという無力感も、ヒメ自身が一番感じていたのですよね。これまで弱音を吐いたことのなかったヒメですが、さすがに耐え切れませんでした。不覚にももらい泣きしそうで、今までヒメたちに感情移入しながら見てきて良かったなと思えるシーンでした。


ただその直後の秋名のシーンには不満が…。秋名は先週はまさに今週のヒメのように痛々しく描かれていて、円神を倒す覚悟も決め切れていなかったのですが、その辺りの葛藤がまるで無かったかのように…。おそらくヒメの涙を見て覚悟を決めたということなのでしょうが、あの場面はヒメに完全にスポットが当たっていて秋名の心情は分かりにくかった。こういう部分はやっぱりツボを外してるなぁという風に思えてしまいます。


今のところヒメや秋名より年下のアオの方が大人に見えますよね。兄が死んでしまうかもしれないという大きい不安を抱えているはずなのに、自分のわがままは押し殺してしっかり現実を見つめている様子はある種悲壮で痛々しくもあります。泣いているヒメに最初に声を掛けたのも、秋名ではなくアオでしたしね。


ヒメの想いを聞いた秋名たちは、もう迷わずに円神に立ち向かっていけるでしょうか。ラストシーンの笑顔はいかにも分かりやすくここからの上昇を期待させますが、果たして。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■筋はどうでもいいから福圓さんすごかったなあというコメント
というわけで、見ました、今この瞬間最新回
ソウロニールさんをもらい泣きさせた福圓さんの演技が実にすばらしい。SWといい、いつの間にここまで成長してしまったのか。視聴者の気分を上げたり落としたり変幻自在でリアルに魔女な感じの声優さんになってきました
絵に合わせて自由自在に泣いてみせる声優さんもいるようですが、非常に難しく、したがって名演は非常に印象的です。今回の泣きの演技も凄みがありましたが、ちょっと興ざめなことを言いますと、これはプレスコ方式によって絵に気を散らさず、語りにのみ集中できた結果で、さすがにあほの私にもわかるプレスコ効果でした
監督もさすがですが、それを生かしきった福圓さんもやるなあ
そういうわけで、筋はどうでもいいから福圓さんすごかったなあというコメントでした
いや、すいません、デビュー後まもなくから見て(聞いて)るので思い入れが尋常じゃないのですよ、許してやってください)
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
福圓さんの演技、良かったですよね。泣く直前の声を詰まらせるところとかリアルでした。私も好きな声優さんなので、ここまで引き込んでくれるのは嬉しかったです。

プレスコだからと言って興ざめなんてことはないですよ。プレスコは多人数の台詞の応酬やアドリブ交じりの雑談シーンで効果的だという印象が強いですが、こういうじっくり演技すべきシーンでも威力を発揮するのですよね。いずれにしろ見事だったと思います。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第10話「イバラミチ」 円神に対して何も成果をあげられないヒメと秋名に対して、七郷の開花の危険性を...
第10話「イバラミチ」円神に対して何も成果をあげられないヒメと秋名に対して、七郷の開花の危険性を心配する元老院は「七郷を切る」と言う。七郷の根元には楔が何本も打ち込まれ、町民たちはヒメたちに理由を聞こうと迫ってくる。危険を考え、秋名、アオ、ことはは町民...
『円神に対して何も成果をあげられないヒメと秋名に対して、七郷の開花の危険性を心配する元老院は「七郷を切る」と言う。七郷の根元には楔...
このところ鬱展開で溜めていて、今回ようやく上向いたようですが…。夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第10話 「イバラミチ」 の感想。 ...
まともに感想書くと2行で終わりそうなのでムダに考察してみた
【夜桜四重奏(ヨザクラカルテット):10話「イバラミチ」】の感想です。
 こちらでも、4月からの新アニメ情報が続々と出てきましたが、こちらでは東名阪エリアまではいかないけど、深夜アニメが予想以上に充実して...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。