スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏 第11話 「キミノマエ」 感想

今度こそクライマックスだが






いまいちノレなかった感が。『夜桜四重奏』第11話「キミノマエ」感想です。


最終回に向かって盛り上がってきたのですが基本的にはバトルメイン。キャラの内面描写も、ここ数話は悩んでる様子が上手く伝わってきて良い感じだったのですが、また浅くなってしまいました。

と言うか先週までと雰囲気がガラっと変わってて面くらいましたよ。急にノリノリになりすぎのような。以前「キャラクターを弱く描くのは良いけど爽快感が無いからファンが離れてしまうんじゃないか」みたいなことを書きましたが、その点では良かったんでしょうね。こういう展開の方が好きだという人も多いでしょうし。

秋名は先週えらそうにヒメを励ましていたので自分自身の悩みはいつ解決したのかと不思議だったのですが、やっぱり覚悟はまだできていなかったと。残り1話しかないのに大丈夫なんでしょうか?

ヒメも責任を全て1人で背負い込むのではなく、町民と信頼し合うことを学んだようです。この辺の描写もちょっとアッサリめに感じましたが、今回はあくまでも奮闘する恭助やアオ、ことはを見守るのが主だったので仕方ないのでしょう。


次回予告で、これまでのカタカナ5文字のサブタイがつながって文章になるという演出がありましたが、これもあまり「上手い」と思えず。カッコつけた言い回しが「夜桜四重奏」の雰囲気に合ってなかったからかもしれません。


こんな感じで私は作品に入り込めず、元気になった登場人物を遠くから眺めているだけだったのですが、来週はどうなるか。派手な戦闘に誤魔化されてキャラクターの内面描写(特に秋名)がおろそかになってもイヤですが、この作品にいまさら深みのあるシリアスな展開を要求するのも無茶な気がしますし、何を期待して見れば良いのか難しいところです。多くは望まず上手く締めてくれればよしとすべきか。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■ちょっと個人的な感情の入ったコメントです…
やっぱりよくない意味で「原作販促アニメ」になってしまった部分がありましたね。こうして見ると、以前おっしゃった「続きは漫画でね」というのは受け手としてはうまいことを言うなあと感心させていただきました。いろいろ考えさせられまして、いつも以上に長文になりますのをご容赦ください
この際ですからネタ明かしをしますと、原作で印象的なセリフや場面をかなり無理してでも詰め込んだ回だったと思います。原作ファンはいいですが、他でコメントさせていただきましたが、初見の方は困るだろうと思いましたが、やはりそうですよね…。仕事柄送り手の立場に立つことが少なくないので心配しましたが、やっぱりですね…
ちょっと思いつきで記させていただきますが
とくに最近、脚本や構成には不満があるが、声優さんの熱演には満足という作品が目立つような気がします。話をつくる者が体を張って仕事をしていないのではないかと問われれば、返す言葉が難しいのは確かでしょう。
私はアニメ制作一般とはまったく無関係ですが、職種としては先に並べた二者のうち、前者とかかわりが深いので(フィクションの構成)深く考えさせられるところがあります
力量の問題もありますが、引き受けたならお客様をガッカリさせない責任がありますよね!
とか言って直近で何ができるわけでもないですけど、こいうご返信をいただくたびにいわゆる勉強になります
ちょっとうまくお伝えできませんが、ありがとうございます
またの機会にはよろしくお願いします
追伸 無用な誤解があるといけませんのでダメ押ししておきますが、ただ原作が個人的に好きなだけで、私はこの作品とは利害関係は何もありません。ただ自分の足らないところとの対応も含めてアニメ版の問題点についてのご批判は他人事ながら自分の仕事を質す材料とさせていただきたいと思っています。それは言葉の受け手の責任です
二伸 褒めていただいたので、Clannadの追随努力にも気合が入りました。近日コメント予定?
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
個人的な感情が入っているのは私の記事ではいつものことですし、お互い様なのでお気になさらず(笑

まだ完結していないので悪い意味での原作販促アニメかどうかは私には判断できませんが…。ただこれまで原作既読者さんの感想等を拝見した印象では、「夜桜」は原作とアニメでは雰囲気や見所が異なった作りになっているのかなぁという気はします。アニメ化にあたってオリジナリティを出そうという姿勢は私は好意的に受け取るタイプですが、そうするとおっしゃるように原作ファンとアニメファンの両方を満足させることが難しくなることはたしかでしょうね。

構成作家さんや脚本家さんも苦労していると思います。ほとんどの場合は完結していない原作をアニメ化するわけで、勝手な解釈を加えるわけにもいかないし、原作ベタなぞりでもアニメのテンポと合わなければ上手くいかないでしょうし。そんなわけで私はこれらの人たちが手を抜いているとは思いませんが、それでも期待外れだと思うこともありますし、そういう時は記事も辛口になってしまいますね…。

送り手の立場に立つ仕事というのは素敵ですね。何もお役に立てませんが、頑張ってください!
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

あれ、今回は八重さんが手を出せなくてイライラするんじゃなかったんですかね?(笑) 七郷が開花し不安定になった町を守るため、秋名達は作戦会...
第11話「キミノマエ」秋名たちは、半壊してしまった事務所で作戦会議をしていた。ことはとアオが獅堂の車で七郷に送られている妖力の発信源をつきとめることになり、秋名と恭助は町で暴れている妖怪の足止めをすることになった。その頃、じゅりのクリニックでは、ヒメが...
正直に言おう 最後ちょっといらねー!
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第11話「キミノマエ」 第11話感想。 「今無茶しないで、いつするんだ!」 というわけで、盛り上が...
「私の名は言霊使い…私が『当たる』と言ったら当たる…」
 半壊した事務所で、夜桜四重奏達の作戦会議が行われる。  ヒメは当然ながら休養中で、残った面々がそれぞれの役目に当たる事に。  こと...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。