スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想

鉄のラインバレル 11話 浩一 理沙子

その背に負うもの






戦闘メインでなかなか熱かったですね。『鉄のラインバレル』第11話「SUPER NOVA」感想です。


今までにない王道展開でしたが、退屈せず見れるのは一つ一つのシーンが丁寧でちゃんと王道な盛り上がりを見せてくれるからでしょう。今さら言うまでもありませんがBGMの働きも素晴らしいですね。

圧倒的劣勢から主人公の1発で逆転というのは大味ですが燃えます。浩一が、自らが背負っているものの大きさを実感し、捨て身でエグゼキューターを放つ決意を固めるところは良かった。「ナイスな展開だよ!」の厨ニ台詞は1話2話あたりでは完全に笑うところでしたが、今回はちょっとカッコ良く聞こえましたよ。

あの一発でカタがつくんなら城崎が頑張って指示したあれやこれや山下が頑張って破壊したあれやこれも意味無いじゃん!とも思いましたが、そんなモヤモヤ以上に爽快感の方が大きかったですね。エグゼキューターいつ撃つんだろうとわくわくしながら見てたので。


道明寺は今までパイロットスーツ姿のときは凛々しい表情で映っていたので、戦闘中はクールになるのかと思ったら全然違いました。あれはあれで面白いですけど。予告で名指しで最低呼ばわりされていたのには笑った。パイロットが良いのか新型の機体性能のおかげなのか分かりませんが戦力としては十分なようです。このままJUDAとキリヤマが共闘関係になるとどうもひねりが無いというかあっけなく思えるのですが、今後まだ波乱があるのでしょうか。


何とかクリスマスを迎えることができた浩一たち。ヘリオスの燃える破片が流れ星のように見える演出を見て映画の「インデペンデンス・デイ」を思い出しました。クリスマスには雪が降ってくる演出が定番ですが、これはこれでキレイだしなかなか面白いことをするなと思いましたよ。

浩一は城崎に普通にセンスの良いプレゼントあげててビビった。美海がそれを見ながら「私も欲しかったな」と言うシーンは「やっぱり浩一のこと意識してるのか、これから恋愛戦線も活発になるのか?」と思いましたが、少し微笑んでましたし戦う前に負けを悟った感じもしますね。敗北宣言なのかな。

パーティーをハシゴすることになった浩一ですが、最後の理沙子とのやりとりは良かったですね。彼女の笑顔が印象的でした。これこそが、浩一が決死の想いで守ったかけがえの無い日常なんだよなぁ、と。


ひとまず勝利を収めたかに見えるJUDAですが、加藤の「目的は達した」という言葉が気になります。ヘリオス破壊も想定内?常に先手を取られているJUDAですが、今後も劣勢を強いられる展開が続くのでしょうか。攻勢に出る時をじっと待ちたいと思います。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
こんにちは。

>彼女の笑顔が印象的でした
これよかったですよね。自分はとくに彼女の一瞬見せた笑顔が印象に残ったです。
戦闘のあとの、ED前の暖かそうな雰囲気もよかった。
単に戦闘ロボットモノで終わらないのがラインバレルなんだなぁ、と。
■Cさん、コメントありがとうございます!
そうですね、あの時の理沙子の一瞬見せる笑顔は描写が丁寧で好印象でした。戦闘の派手さに頼らず、日常風景や人物の心理描写、コメディ部分にも力が入っているので、単なるロボットアニメ以上の評価を得ているのでしょうね。見所が多いアニメです。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

「矢島、見てたか…俺、世界を救っちまったんだぜ…」
鉄のラインバレルの第11話を見ました。#11 SUPERNOVA森次などの特務室のメンバーは加藤機関に徐々に追い込まれるも、そこに特殊自衛隊が駆けつける。「キリヤマか…」「HFX-19迅雷、特自がキリヤマ重工と共同開発していた機体ですね」「城崎くん、私は地上を見る。ヘリ...
やはり『想像力』がキーワードなのでしょうか。鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 の感想です。 あのデブっちょは「君には想像力が...
「残念ながら今年のクリスマスは中止になりました~~♪」 って、ますは食うか喋るかどっちかにしろww
  俺、世界を救っちまったんだぜ・・・・。 鉄のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」 感想 の感想。 残念ですが今年のクリスマスは...
背負うものの重さと大きさを知り、少年はまたすこしだけ成長したようです。 鉄のラインバレル #11 SUPER NOVA 限界を乗り越えるというのは王道...
「残念ですが 今年のクリスマスは中止になりましたぁ~♪」 「早瀬軍団全機出撃ィ!」 「何か出来ることは、何か手はないのかよ!」 この記事は画像を伴った ネタばれが含まれています ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください...
今週は燃えました! ナイス王政陸!! 「SUPER NOVA」 いいキャラでした
阪口さんの怪演が最高wwww 陸が原作より遥かに気持ち悪くなってたよ。小物っぷりもよく出てたし。 しかし彼はよっぽどクリスマスを妬んでる...
最高にいい気分だぜ! ああ最高だ!
ヤオヨロズとヘリオスの脅威!加藤機関に地球が屈服する日が迫る!「SUPERNOVA」あらすじは公式からです。浩一と山下を宇宙で出迎えたのは、加藤機関の王政陸。彼は、アルマ・ヤオヨロズで衛星兵器を制御し、世界各地に同時攻撃を仕掛けていた。浩一はヤオヨロズの撃破を...
「残念ですが、今年のクリスマスは中止になりましたぁ!」 王政め・・・なんて(いい)奴だ。 鉄のラインバレル ハインド・カインド (1/144スケールプラスチックキット)壽屋 2009-01-25売り上げランキング : 5881おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
よくわからないテンションのアニメがやってまいりました。今回はとうとう宇宙進出です。しかも衛星兵器をぶっ壊すというもうなんとも王道的な展開・・・。鉄のラインバレルVol.2(初回限定)(DVD)◆20%OFF!早速感想。クリスマス中止のお知らせ想像しましょう(笑)今回も...
 #11「SUPERNOVA」加藤機関に乗っ取られた米軍の衛星兵器を破壊するため、宇宙にやってきた浩一と山下。そこで彼らは、アルマ“ヤオヨロズ”に搭乗した加藤機関の王政陸が、衛星兵器で世界各地に同時攻撃を仕掛けようとしているところに出くわす・・・。「自分の力の意味...
「さぁ ラインバレル、お前の限界を見せてみろっ!!」 浩一vs王政陸!! 最後はあっけなかったですね(笑) ヘリオスのカウントダウンが始まる中 放...
『彼には知ってもらいたかったんだ。手に入れた力の本質を。その力で彼自身が守ったものと、これから守っていけるものをね。あとは・・・個人的に見てみたかったんだよ。「正義の味方が誕生する瞬間」ってやつがさ。』 衛星兵器破壊編の後編です。 衛星兵器の上で待ち構?...
浩一がとてもナイスな主人公になってる…!サトルはこれで自信取り戻せただろうか。 王政陸の猛攻にあい苦戦するラインバレル。ヤオヨ...
その力の意味。
『浩一と山下を宇宙で出迎えたのは、加藤機関の王政陸。彼は、アルマ・ヤオヨロズで衛星兵器を制御し、世界各地に同時攻撃を仕掛けていた。...
し、死ぬかと思った……。 「鉄のラインバレル」第11話のあらすじと感想です。 作戦成功おめでとう。 (あらすじ) 宇宙で浩一を出迎え...
今週はファンサービスカットがなかったどころか丸々一話、真面目に熱いロボットアニメやってたよ!珍しい。 今年のクリスマスは中止です! すごく・・・キモイデス。 やはりクリスマス撲滅が目的だった今回の敵は見た目で判断出来ちゃったよw主に聖夜を過ごすスポッ...
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]クチコミを見る今回は短めに。良い最終回だったなwww王政さんきめえええええ!!阪口さんの演技もなんだか凄いことになってたなwww最近阪口さんというと銀魂の新八のイメージが強かったから新鮮味を感じた。今回は予想外に面白くてびっ...
「見てみたかったんだよ。正義の味方が誕生する瞬間ってやつをさ」 石神はそれを客観的に望みたかったのでしょう。一人の人間の偉業に歓喜...
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]クチコミを見る 浩一と山下を宇宙で出迎えたのは、加藤機関の王政陸。彼は、アルマ・ヤオヨロズで衛星兵器を制御し、世界各地に同時攻撃を仕掛けていた。浩一はヤオヨロズの撃破を狙うが、予想のつかない相手の動きと速さに苦戦を強いられ...
 鉄のラインバレル  #11 『SUPER NOVA』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原作漫画とは違う...
見ごたえが最高!!神回けって~い!! 今回は非常に名セリフが多かったような。 春原王政陸はかなりの難敵でしたね。阪口君の熱演も相まって、いやらしさといい憎さといいこれぞ悪役!ってキャラでした。浩一とラインバレルがあそこまで追い詰められるとは。そこから...
自分の力の意味と価値は、自分でお決め――! ヘリオスを支配下においたヤオヨロズ。 撃墜に向った浩一だったが…ラインバレルの活動限界が...
王政陸、反射衛星砲で地上を攻撃!血のクリスマスになった地球。戦闘中にチキンを食べる王政陸「あなた、最低です。」by城崎絵美醜いですね。樽ですね。醜いのは、嫌いです。早瀬浩一、とっとっと片付けてください。
■鉄のラインバレル公式HP/鉄のラインバレルトラコミュ 『残念ですが・・・今年のクリスマスは中止になりましたぁ~♪』 まずは食うのか...
「自分の力と価値は自分でお決め」 それが力を手に入れたものの唯一の権利。 加藤機関に奪われた衛星兵器を壊しに行った浩一を、王政陸が...
 クリスマスが近づく中、幼馴染みのパーティを計画する理沙子。浩一にも招待状が渡されたがJUDAに米軍の衛星兵器ヘリオスが、加藤機関に奪取された連絡が入った。ヘリオスは中性荷電粒子砲を備え、遠隔操作される磁場ミラー衛星により理論上世界中の都市をピンポイント
意外とヤオヨロズが踏ん張ったな~という印象の鉄のラインバレル #11。 陸はクリスマスに浮かれるカップルにムカついてただけに見えたのが笑える。 『想像力が無い愚民共め!』と言いつつターキーを頬張るオマエは何なんだ! ・・・そのイチゴショートケーキ、食いなさる?...
鉄のラインバレル 第11話「SUPER NOVA」の感想です。
鉄のラインバレル最新情報 トラコミュ にほんブログ村 感想 11話 壁紙 †: ↓ストーリー概要//         ...
『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)(2008/12/24)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 第11話感想です(^^) ...
「SUPER NOVA」 クリスマス終了! というスタッフ一同の血を吐くような叫びが聞こえてきた今回。 原作以上の気持ち悪さにパワーアップした王が壮絶に笑わせてくれました。 やべえ、最初の頃のスロースタートぶりは何処へやら、別の意味で面白くて仕方ないから困る。 ...
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]クチコミを見る 宇宙の彼方で『限界』を超える ギリギリに追い詰められた状況と、ケバい中尉の激励+超ピンチの中で寄せられた浩一の信頼で、サトル復活!やることキッチリやって、森次にも褒めて貰って、はっぴークリスマス☆ 森次は?...
加藤機関に乗っ取られた衛星兵器ヘリオスを破壊する為、米軍協力の下、衛星軌道上に上がった早瀬浩一と山下サトル。しかし加藤機関私設部隊八番隊隊長がアルマ・ヤオヨロズに乗った王政陸が待ちかまえていました。地上では加藤機関に苦戦するJUDA。ヤオヨロズはかなり高起...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。