スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏 第12話(最終話) 「サクラマウ」 感想/総評

夜桜四重奏 12話(最終話) サクラマウ

花吹雪に包まれて






『夜桜四重奏』第12話(最終話)「サクラマウ」の感想です。


ついに円神との決着の時。ここまでいろいろと不満はありましたが、終わり方は良かったと思います。ヒメも秋名も最後には使命を全うし、ギンを救うことはできませんでした。そこに厳しさを感じますし、安易なハッピーエンドではないところに好感が持てます。


桜が散るシーンは本当に綺麗でした。
さすが「夜桜」とタイトルについてるだけのことはあります。作中の季節は分かりませんが、現実では真冬なわけで、桜が咲き誇っている違和感が七郷の異質性をより大きく見せてくれていました。それが見事に散っていく時の爽快感も大きかったです。
あの花びらの優しい感じが、ヒメたちの勝利を祝っているようでもあり、友人を失った悲しみを慰めているようでもあり。


ヒメも秋名も、そしてアオもことはも恭助も、今回の一件を乗り越えたことで大きく成長できたようには見えません。けれど悩んでもがいて足掻く中で、大きくはないけれどたしかに変化したものはあったと思います。これからまた桜真町の日常が戻ってくるわけですが、今回の一件を噛みしめながら以前よりも少しだけ自信を持って、少しだけ広い視野で、町を守る仕事ができるのではないかな…。そんな風に思います。それは彼らにとっては、後になってみないと実感できないことなのかもしれませんけれど。



◆総評◆

さて、ここからは全12話をまとめて総括してみたいと思います。

秋アニメ開始のタイミングに合わせて始めたこのブログも開設からもうすぐ3ヶ月。当ブログとしては、この「夜桜四重奏」が1話からレビューしてきた作品の中で一番初めに最終回を迎える作品となりました(単に最終回だけなら実は「夏目友人帳」の記事があるのですが、あれは前までを全くレビューしてなかったですし)。そういう意味ではなかなか感慨深いものがあります。

まぁだからと言って作品を贔屓目に見ることもないわけですが…。


本題に入ると、この「夜桜四重奏」というアニメ、何度も書いてきましたがシリアスなシナリオが弱かった。浅い、というべきでしょうか。妖怪と人間が共存する町。だけど生まれる確執。半妖への差別。偏見。さとりの悩み。チューニング。幼すぎる町長。…面白そうな題材はすごくたくさんあるのに、それぞれの掘り下げが弱いというか、特に序盤はカッコイイことをやろうとして上滑りしている印象がありました。

設定も少し説明不足感が。特に七郷には結界とかあの世とこの世をつなぐとかいろいろな機能がありすぎて、最後まで体系立てて理解できませんでした。

一方で、キャラクターは魅力的でした。これもしつこく書いてきましたが、ヒメたちは弱いけれどそこが良かった。

この魅力的なキャラクターを活かすために、そしてシナリオの弱点をカバーするために、もっと日常パートの割合が多くても良かったと思うんですよね。実際、7話の宴会のところとかはかなり楽しかったですし。その中で、悩んだり笑ったりする彼らの姿を描いてくれていたらなぁと。心情描写ももう少し丁寧にしてほしかった気も。

ということでちょっと物足りない作品ではありましたが、良いところ、好きなところもありましたし、初の最終回作品として個人的には忘れられない作品になりました。


スタッフ・キャストの方々の意気込みも伝わってきましたし、本当にお疲れ様でした。
また、私の拙い感想記事を読んでいただいたり、コメント、TBをいただいた皆さん、ありがとうございました。他のアニメでも、あるいは来年からの新番組でも、機会があればまたよろしくお願いいたします。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話(最終話)「サクラマウ」 円神と対峙するヒメたち。ヒメは槍の刃を輝かせ、円神をじっと睨みつ...
  たとえ、あなたの犠牲があったうえに成り立った町だとしても・・・・ この町は間違っていない。 この町の人は間違っていない!! 夜...
「たとえ、あなたの犠牲があったうえに成り立った町だとしても…この町は間違っていない。この町の人は、間違っていない!!!」
『円神と対峙するヒメたち。ヒメは槍の刃を輝かせ、円神をじっと睨みつけている。 本物の龍槍を手に入れ力がみなぎっているヒメの力で妖怪の...
最終回なのに遅れるとかorz
第12話「サクラマウ」(終)円神と対峙するヒメたち。ヒメは槍の刃を輝かせ、円神をじっと睨みつけている。本物の龍槍を手に入れ力がみなぎっているヒメの力で妖怪のトカゲたちを次々となぎ倒していく中、なんと円神の手にも槍が現れる。ヒメや秋名、事務所の面々、そし...
真の意味を理解したとき。 途中から感想を断念した(多忙になった為)夜桜四重奏もいよいよ最終回を迎えましたね。 最初から序盤~今にかけてな...
特筆すべきものは無い最終回。夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話(最終回) 「サクラマウ」 の感想です。 忙しくて見るのが遅れて...
 ついに始まった、円神との最終決戦!  町のみんなを守る為に円神を倒す決意を固めたヒメには、もはや迷いはなかった。  円神の中にギ...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。