スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ef -a tale of melodies. 第12話(最終話) 「forever」 感想/総評

ef 12話  ミズキ 久瀬 火村 優子

グランド・フィナーレ






メリーメリークリスマス。『ef -a tale of melodies.』第12話(最終話)「forever」の感想です。


ミズキに「生きる勇気」をもらった久瀬の手術は成功。ミズキの存在が彼を強くし、彼に生きる意味を与え、彼がたとえ長生きできなかったとしても笑顔で死ねるような、そんな「生」を掴ませてくれました。そしてそれは同時に、ミズキ自身を幸せにすることをも意味していました。


人が皆優しくて、誰もひとりぼっちにならない街を、未来につながる明るい街を造りたい――久瀬が救われたことで理想が叶い、ようやく「試合」に一区切りをつけた火村。そんな彼だからこそ、優子とのひと時の再会を果たすことができました。

いろいろな人の想いが絆となり、二人を再び出会わせてくれた…それはまさに聖夜の奇跡。火村にとっても優子にとっても悪い思い出しかなかったクリスマスが、ようやく二人に微笑みます。

「愛してる」と言う火村の言葉を「愛してた」と訂正する優子。それは過去に縛られず、未来を向いて生きてほしいという願い。瞬きを我慢しながら強がりを言う火村。近づく別れの時…。雪が止み、雲間から差す光は天使の階段。優子が昇る天への道…。

火村なら幸せや優しさを他人に与え続けることが出来るでしょう。だからきっと、その想いも幸せも、いつか優子のところまで届くでしょう…。


火村だけでなく、久瀬も、ミズキも、凪も。蓮治も千尋も。景も京介も。みやこも紘も。みんなで傷つけて、傷ついて。それでも関わり合う事をやめなくて。互いを想って。笑顔を分け合って。

生きることは決して楽ではないし、むしろ辛いこと、苦しいことの方が多いかもしれない。けれどこの絆を大切にし続ける限り、きっと幸せは彼らのそばにいてくれるでしょう。



◆総評◆

文学でも絵画でも音楽でも、それを味わうためにある種の覚悟を必要とするような芸術作品があります。気軽には見れない。生半可な気持ちでは向き合えない。鑑賞者をそうした気持ちにさせる作品というのは往々にしてそのジャンルの最高峰に近いところに位置し、後年まで名を残す、いわゆる「名作」と呼ばれるものだったりします。

そしてこの「ef」という作品も、見るのに覚悟を必要とするアニメでした。少なくとも私にとっては。それはこのアニメがいわゆる「鬱展開」を見せることが多かったから、というだけではありません。もちろんそれも私に心構えをさせる一つの要因ではありましたが、より大きな理由は「作り手の本気」が伝わってきたことにあります。

画面を通して、スピーカーを通して、制作者がいかに魂を込めてこの作品を作っているのかがひしひしと伝わってくる。おろそかにされたところが見当たらず、決してスケジュールに追われながらの流れ作業で作られたのではないと思わせる完成度の高さ。監督・脚本家・演出家・作曲家・アニメーター・声優…全ての制作者の「想い」が伝わってくる。そうした「作り手の本気」に向き合う受け手も自然と本気にさせられる。それだけのエネルギーが「ef」にはありました。


見とれるような映像。聞き惚れる音楽。意表を突く演出。これらは明らかに他の深夜アニメとは一線を画すものでした。スタッフが目指していたのは「深夜アニメ」を作ることではなく、その一歩先、「アニメーションの形をとった芸術作品」を作ることだったのではないでしょうか。そしてそれは見事な完成をみたと言えるでしょう。


受け入れられにくい要素があったとするならば、それはシナリオやキャラクターよりも演出を優先しているように見える点だったでしょうか。演出とは本来「見せ方」を意味するもので、シナリオやキャラクターを引き立てるためにあるはずですが、「ef」においては「見せ方を見せる」、つまり演出が目的化している部分が大きかった。

しかしそれでも「演出を見たい」と思わせるほどのインパクトがあったことも事実ですし、私も毎週「次はどんな見せ方でくるか」と楽しみにしていました。その意味では「ef」は、と言うよりもシャフトのアニメーション作品は、「演出」に単なる表現手法とは違った新しい価値を与えているとも言えるし、その試みは好ましいものとして評価したいと思うのです。


絶賛しすぎのきらいはありますが、それだけ一アニメファンとして「見て良かった」と思える作品でした。スタッフ、キャストの方々には心からの拍手を送りたいと思います。

感想記事を読んでいただいたみなさん、コメントやTBでお世話になったみなさん、ありがとうございました。来年からの新番組でもよろしければお付き合いください。



↓ランキング参加中です。共感できたという方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
演出面では俺もあまりのインパクトに驚き、スタッフの方々にも感心しましたが、やっぱりゲームで感動したシーンをスルーされたり、キャラの成長していく過程をかなり無視されたのは残念でした。
俺も原作をやる前にアニメのほうを先に見ていればもっと違ったかもしれませんね。
今回は夕と優子が再会するシーンからは色々順序の違いはあれどセリフもほぼ原作どおりでした。

他の方の感想のコメントにも書かせてもらいましたが、俺はゲームをやっていた時、優子が復活してくれて夕と幸せに暮らし、ミズキやみやこたちと楽しい時間を過ごしてくれる結末を願い続けていたので(あまりにも辛いことがありすぎた優子だからこそ誰よりも幸せでい続けてほしいと思ったので)、正直この結末はショックでかなり長い間苦しい思いをしたことを覚えています。
今でも優子に生き返ってほしいと思う気持ちは変わりませんが、優子を失った辛さを乗り越えようとする夕の気持ちも大事にしたいと思っています。(たとえ俺がどんなに納得できなくても、それが優子の最後の望みでしたから)

■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
■murakumoさん、コメントありがとうございます!
efに限ったことではありませんが、原作とアニメはやはり別物ですので、ある程度割り切って見ることも時には必要かもしれませんね。それぞれの良さがあるということなのでしょう。

優子に注目するとたしかにハッピーエンドには見えないですが、雨宮から解放された時点で彼女は救われていたのかもしれませんし、完全なバッドエンドでもない気がします。もちろんみんなが生きて幸せになれる話が一番後味も良いんでしょうけれど…。それでも火村も優子の死を乗り越え、全体としてはハッピーエンドとしてまとめたところにefの脚本のすごさがあると私は感じています。この辺りも感じ方は人それぞれですね。
非公開コメントの件ですが、「これから原作をプレイする方にとってはネタバレになる」という注意書きを初めにしていただければ、私は構いませんよ。
非公開コメントで書かせてもらう場合でも注意書きが必要ですか?
■>murakumoさん
非公開コメントのことでしたか。
すみません、勘違いしていました。
非公開でしたら管理人にしか分からないので、そのまま書いていただいて大丈夫ですよ!
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

「メリークリスマスです、蓮治くん♪」 千尋サンタキタ━━━━!! これは堪らん(;´Д`)
第12話(最終話) 「forever」
予想通りの展開で無難にまとめたな、と思いつつ見ていたのですが、火村とミズキのツーショットをラストに持ってきたことには唸らせられま...
あらかたのドラマは前回までに片付いていたので、最終話は火村と優子のフォローと出演者の今と未来への希望を描いた、まとめの第12話。妙な仕掛けをすることなく、大沼心監督は王道の演出で、群像劇「ef - a tale of melodies.」を締めくくった形だ。 雪の音羽(日本)...
クリスマスなんですね・:*:・゚☆ オーストラリアの、優子さんが見たいといった夏のクリスマス。 夏のクリスマスも、いいですね♪ 海も空も...
「結婚式じゃないの!?」 ミズキと久瀬の結婚式かと思っちゃいました(*´v゚*)
気がついたら、おとぎばなしは終わっていました… 過去と未来、そして人間を繋げる物語。 ef - a tale of melodies.最終話の感想です。 おとはとわ...
私も、ずっと愛してました。  総天然色。光あふれる世界の暖かい雰囲気に変わりました。今まで、何話か鬱モードだったので、見た目にも新鮮でした。それと、作画の枚数が2~3割増し? 普段は、あまり動かない作品だったので違いがよく分かりました。 1.それ....
「forever」 久瀬の手術から数ヶ月。それぞれのクリスマス。 そんな中… 「すべての始まりの場所へ」 優子から始まった、お守り...
ついにefも最終回。 最後の最後まで、お付き合いさせて頂きます。
今日一日中使って何とか追いついてやりました。今回限りですが感想を。 ミズキと一瞬でも長く過ごすために手術を受けることを決心した修一。手術も成功してついに幸せな日々を手に入れます。 ~OP前~ 二つの音羽ってどういうことかと思ってたら夕が絡んだプロジ....
[関連リンク]http://www.ef-melo.com/第12話 foreverプロジェクトそれに参加するために夕は優子にしばらくの別れを告げるそれはかつて自分達が語っていたことを現実にさせるためのもの…。ク...
ef - a tale of melodies. 第12話「forever」 クリスマスが訪れようとしていた。 音羽学園ではホワイトクリスマスを楽しみ、教会には様々な人たちが...
明日へ。
とうとう最終回です。Blu-ray:efa・tale・of・melodies.2【初回限定版】早速感想。前回すでに最終回のようなノリだったわけで、今回は何をやるんだ?って感じですが・・・そう、夕にはまだやり残したことがあるわけです。ってな感じで今回は全てが収束していき、efという...
優子・・・行ってみないか?二人の始まりの場所へ
何という綺麗な終わり方。計2クールの物語もこれにて終わりです。 始まりがクリスマスなら終わりもクリスマス。ついでにリアルでもクリ...
二人の始まりの場所へ――。 幾多の絆を結んだ鍵は、再び夕の手に…。 もう一つの街を作り終えた夕は日本に戻る。 ずっとまたせていた約束...
クリスマスの奇跡。
俺は、お前を愛してる。 「ef - a tale of melodies.」第12話のあらすじと感想です。 言えなかった言葉。 (あらすじ) 例のプロジェクトに参加...
永遠に(っω;`。)スンスンまとめ感想とかいろいろと予定していましたけれど結局やらずに最終回になってしまいました。 いろいろと忙しか...
もぅ最終回なんですね・・・。
冒頭に登場した雨宮優子のスケッチ。なんか、可愛いですよ。クド公に似ていると思ったのは気のせいでしょうか。
今の皆が在るのは…  そんなわけで感動の最終回でした(´;ω;`)ウッ…OPがラストあたりで流れていつもと違う日本語の歌詞。公式サイトも...
第12話『forever』ef - a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)efも今回で最終回です。
ef ? a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)(2008/12/26)中島裕美子遠近孝一商品詳細を見る ef - a tale of melodies.Blu-Ray 2(Blu-ray) ef - a tale of melodies.Blu-Ra...
黒い服のサンタクロース efもいよいよ最終回。書くのに1番時間が掛かりました・・・終わった後いろいろ見ていたせいですがw ではef感想です...
生きる勇気と 抱く未来と みんながくれた強さ 愛を信じて。 本当の始まりの場所で迎える本当の終わり ef ? a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (...
ef - a tale of melodies. 第12話(最終回)「forever」 感想 グランドフィナーレ
たくさんの幸せ
2期編成で組まれたefという物語も今回でいよいよ最終話・・・ 最終話だけにefの 背景画・サウンド・アニメーション という作品の良さが表れたfinでした。 結局のところ優子は天使だったのか・・・ 紘とみやこ 堤と景 蓮治と千尋 久瀬とミズキ のその後は・...
ef ? a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版) ¥6,060 Amazon.co.jp クリスマスが訪れようとしていた。音羽学園ではホワイトクリスマスを楽しみ、教会には様々な人たちが訪れミサを受けようとしていた。
大団円。 ほぼエピローグだろうとは思っていたけどやっぱりそうだった。 1期のラストで夕と優子が出会ってたけどやっとつながった。優子は...
「forever」(最終回)を観ました。 火村さんと優子さんに『奇跡』というクリスマスプレゼントが届けられました。
ef – a tale of melodies. Blu-ray 1(Blu-ray) (初回限定版)中島裕美子, 遠近孝一, 後藤麻衣, 浜田賢二, 大沼心ジェネオン エンタテインメント 2008-12-26売り上げランキング : 133おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools  最新話のアップデート日だか....
JUGEMテーマ:漫画/アニメ  1期最終回の最後の場面では火村が優子さんが待つ教会へ訪れるシーンがあった。  だが、シーンはここで終わってしまい、1期目は終了した。  そして、今クールから始まった2期目。今回で最終回を迎える事となる。  今回の最終回を...
JUGEMテーマ:漫画/アニメ   舞台は音羽学園の屋上へ移行。  優子さんと火村にとって、ここははじまりの場所でもあり、そして、終わりの場所でもある。そう、別れの時が近づいてきた。   2人が向かった頃はちょうど日の出の時。屋上から見る景色はそりゃもう...
 ef - a tale of melodies.  12. forever  感想  放たれた思い!  それは過去ではなく、未来のために  -スタッフ-  監督:大沼心  ...
★★★★★★★★☆☆(8) 関西ではタイムリーにもクリスマスに放送されたef最終話。 とりあえずイブの朝にサンタコスの千尋に起こされる...
時は流れ、久瀬はどうやら病から回復して、ミズキと暮らしているようだ。 その一方で、優子は「復活」したのかどうか気がかりなまま最終回...
最終話は修一の手術が無事成功し、夕が日本で優子と再会するお話。 これにてシリーズ完結となる最終回、とにかく堪能させていただきました。 最後は幸せハッピーエンド、優子は勿論亡くなったままながら、教会での再会シーンはホント良かったと思います。 冒頭は第1...
ついに最終回!! (ってずいぶん遅れてしまいましたw) ef -a tale of melodies. #12
いや~、アニメef2期、終わりましたね~ これで4年前から続くefプロジェクトも終わりですか・・・  音楽担当の天門さんも、ご自身のHPで書...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。