スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒャッコ 第12話 「18コメ 一姫二太郎三虎子/19コメ 虎子故に迷う鬼心」 感想

ヒャッコ 12話 虎子 鬼百合 狐

姉妹の絆






2話連続放送でしたが、長くなるので記事を分けさせていただきます。まずは第12話「18コメ 一姫二太郎三虎子/19コメ 虎子故に迷う鬼心」の感想から。


虎子の姉の鬼百合が登場。妹を可愛がるがゆえに厳しく接してしまう鬼百合。姉のことは嫌いじゃないけど、家には帰りたくない虎子。虎子のそばにいることで、彼女の気持ちを晴らそうとする多くの友人たち…。


いや、これ良い話でしたよ。

笑えるところもありました。最初に潮がボロボロになって登場するところとか。長い説教くらって当麻…いや冬馬に甘えるところとか。でもそれ以上にしんみりするところが大きかったですね。

6話で虎子たちと龍姫の友情物語が出てきた時も驚いたのですが、ヒャッコもやろうと思えばこういう青春ストーリーできるんですよね。普段がギャグアニメだから真面目な話が引き立つし。6話の時は謎のCパートで台無しになっちゃいましたけど、今回は終始爽やかで気持ち良かったです。


虎子と狐、鬼百合の顔は明らかに似てなかったわけですが、それに悲しい理由があったとは…。虎子が血のつながらない母親と仲良く出来ないというのは分かりますけど、実の父親とも仲が悪いというのは悲しいことですね。虎子の実の父親と母親の間にどういう事情があったのかは分からないのですが、虎子から見れば父親は自分と母親を捨てて別の女のところへ行った男、ということになってしまうんでしょうね…。


回想シーンがまた哀しくて、これはきっと罪のない幼い子どもが傷ついている姿が描かれているからだと思いますが、心にグサグサきましたよ。今日から苗字が変わる…。幼い少女にとってそれはすぐには受け入れることのできない大きな衝撃だったでしょう。

そんな虎子に自然に接してくれたのが鬼百合と狐。柿泥棒の件で、狐が虎子と一緒に鬼百合のために仕返しに行くシーンが良かった。本当の兄弟姉妹同然の3人の姿がそこにはありました。

狐は虎子に意地悪ばかりしているけれど、本当は妹が可愛くて仕方ないし、妹に傷ついてほしくはないんでしょうね。歩巳や龍姫にあえて家庭の事情を話したのは、それが少しでも虎子のためになればと思ってのことでしょう。


そうして事情を知った歩巳たちは…、そして事情を知らない友人たちも…、虎子を元気付けようと校門で待ち構えます。歩巳も龍姫も、狐から事情を聞かなかったとしてもきっと同じ行動を取ったのではないでしょうか。今まで虎子の底なしの明るさに救われ、元気をもらってきたみんなが、今度は虎子に元気を与える。「辛い時はお互い様」なんて言葉を使わずとも、自然に支え合っていける関係が美しい。


全編通して流れる優しいBGMがまた良いんですよね。私にも弟と妹がいますが、もう少し優しくしてあげようかなと思いましたよ。どこか切ないながらも爽やかで後味の良いエピソードでした。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■興奮しています。長文失礼します
素直によかったですね
鬼百合のエピソードは重いので、どんな具合にするのかと思っていたら、テンポは割と原作準拠ながら、こんな具合に叙情的な雰囲気を盛り立ててきましたね。私の記憶にある限り(あまりあてになりません 笑)、原作では狐がこんなに姉ちゃんと虎子大好きだという場面はありませんでしたが、アニメではわかりやすく演出され、それがさらに虎子のつらい境遇に視聴者の心を揺さぶるというつくりになっていたと思います。なぜかこの間接的な感情の共振で、ああ虎子、お父さんに素直になれなくても仕方ないかと思わせる不思議。そんなに悪い人という描写はされていませんのにね(笑)しかしなぜ「しょうもない父親」の話の番組を並べて放送する、テレ東よ(笑)
そして忘れてはいけない鬼百合!まずは要所で描画が美しい!こうでなくてはいけません。そして原作では初めのお説教シーンや平手打ちの瞬間まではただ厳しい人という印象ですが(これはこれで別の良い効果がありますが)、アニメでは声の質やお芝居とあいまって、初めから「妹に過保護な不器用な姉」をはっきりと演出し、「姉ちゃんのバカ!」(的なセリフ)にショック…回想その他諸々…「痛かった?…」にもっていき、これまたわかりやすく視聴者の情感を揺さぶっていました。ホントに変人ばっかり出てくるけど骨幹はよくある日常話なんですよね。お兄ちゃんが兄妹喧嘩で妹を殺したなんて話がある時代だから、こういうお話がいとおしい…
そして定番の校門に仲間たちが…のシーン
これが最終回のラストシーンというのもよくあることですが、なぜかこれが最終回は嫌だなあと思っていました。で、その次、最近TBS深夜でよくある+番外1という形かもしれませんが、やはり「入学式の日の話」が私的には真の最終回かと…
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
>ホントに変人ばっかり出てくるけど骨幹はよくある日常話なんですよね。

きっとこれが大事なんでしょうね。これがあるから感情移入できるし、今回の話も「浮いた」感じがしなかったんだと思います。虎子がただのうるさいヤツではなくて弱い一面も持っているということが折りに触れて描かれていましたが、それがコメディ以外で生きてくるとは思いませんでした。今回は虎子、狐、鬼百合、龍姫ら友人、みんなに感情移入できる良い話でしたね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

第12話「一姫二太郎三虎子」疲れた顔で登校する虎子と潮から話を聞いた歩巳は、昨夜虎子が潮の家に泊まった事を知り、家で何かあったのかと心配する。そんな会話中に突然現れる謎の美少女・鬼百合。彼女は、虎子に昨日の無断外泊の事を詰問し始めるのだった。あっけにと...
最終回1時間スペシャル。 第12話「18コメ 一姫二太郎三虎子/19コメ 虎子故に迷う鬼心」と。 第13話「四人虎を成す」です。 記事を二つにわけ...
毎週、流し見していた作品もいよいよ最終回(ぇw 虎子の過去が明らかに。
・「18コメ 一姫二太郎三虎子」 虎子が家出をする話。 この話で、虎子と鬼百合達が本当の家族で無い事が発覚。 ・「19コメ 虎子故に...
いい最終回でした…。 もとい、とりあえず12話を見たのでこの時点で感想を書いておこうと思います。 次の第13話(最終話)の分は見てからまた...
メンドイのでサブタイ書かねっ
最終回スペシャル!!ってことでわがブログでもスペシャルに二回に分けて更新!!・・・いや、別にそういうつもりでやったわけではなくて、気分的に。【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】ヒャッコ第1巻/アニメ早速感想。前回最後に出てきたのは虎子のお姉さん、鬼百合...
家出した虎子の、意外な過去とは!?な12話
ヒャッコ 第1巻 [DVD](2009/01/23)平野綾折笠富美子商品詳細を見る ヒャッコ第12話キャプ感想です。 いい最終回でした;;
 ヒャッコ  第12話  『18コメ 一姫二太郎三虎子/19コメ 虎子故に迷う鬼心』   第13話  『四人虎を成す』 感想  上下山 虎子:折...
なにげに気になっていました、虎子の姉の鬼百合さん。何とも凄い名前ですがw 虎子にたいしてどのような態度で接するのか、公式の「虎子には甘い」の一文を見てから気になってたんですよね。
ヒャッコ 第1巻 [DVD](2009/01/23)平野綾折笠富美子商品詳細を見る 第12話感想です(^^) 「18コメ 一姫二太郎三虎子」 朝、龍姫が登校...
第12話は虎子の家庭の事情が明らかになるお話なのでした。 姉もいたというのは驚きですが、母親が違っていたとはねぇ。 ああ見えて過保護な姉は、父親の本性が知れませんが良い姉兄がいただけでも良かったかと。 夜遅くの虎子からの電話は、こういう時に限って皆出...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。