スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍姫 玄 第1話 「光の道筋」 感想

その“縁”は光となり…






終盤にドラマが待っていました。『屍姫 玄』第1話「光の道筋」の感想です。


オーリがマキナを抱きしめるシーン。
二人が抱える痛みや悲しみが直に伝わってきて。
それでもそこに見えたのは恨みや憎しみではなくただひたすら優しさで。
絶望的なまでに陰鬱だけれども、だからこそ美しいと思える世界がそこにはあり、圧倒され、心が震えました。

二人の間には打算も恋愛感情も何もなく、互いに大切なものを失ったというただ一点が“縁”となり、つながっている。二人ともその痛みを捨てることも忘れることもせず、心に抱え、あるいは背負い、大切なものとして胸にしまっている。

悲しみは悲しむことによって癒されますが、景世の死は一人で抱えるにはあまりにも辛すぎます。けれどオーリとマキナは互いにそれを分け合うことができる。二人を結ぶ絆はそれだけで十分でした。「光というのは求めなければ見ることができない」…オーリは僧としてはまだまだ未熟なはずでしたが、オーリが強く求めたことで“縁”が光となって彼を導いたのでしょう。あるいはその縁は、未熟なオーリでも手繰ることのできるほど強いものだったのかもしれません。

オーリの「僕も汚れている、同じだよ」という言葉で、マキナの苦しみは和らぎました。悲しみを共に背負おうと言ってくれる人がいることが、どれ程彼女に力を与えたか。自分は一人じゃないと思えることが、どれ程心強く感じられたことか。契約僧と屍姫ではなく、ただ傷ついた少年と少女の絆がそこにはあったのかもしれません。


最後にマキナが流した涙がまた優しい。

「ごめん…景世を守れなくて…」

オーリを恨んでもおかしくないはずなのに…。オーリが景世を誰よりも大事に思っていたということに、マキナもずっと前から気付いていたんでしょうね。同じ傷を持つ者同士、オーリの悲しみも分かりすぎるほど分かるのでしょう。前期でオーリの謝罪を制したマキナの言葉はあまりにも悲痛ですが、彼女が泣くことができるのもオーリがいるからなのですよね。


ところで、新キャラの梅原とその屍姫フレッシュが登場しました。梅原はどうなんでしょうね、趣味も共通しているしどうしても「劣化景世」に見えてしまい、景世がいなくなった寂しさが薄れてしまうようで複雑な気持ちなのですが。

梅原がフレッシュとオタク話に花を咲かせたり、異月の沐浴を覗くシーンなどはちょっと緊張感を損ねるようにも感じましたが、屍姫を道具ではなく一人の女性として見ていることを示していたのかもしれません。


OP等にも特に変更は無く、「あれから半年後」というのを無理なく見せるためだけにタイトルが分けられたような感じですが、あまり気にせず「続編」ではなく「2クール目」だと思えば違和感無く見れます。
今回のラストで発揮してくれたパワーを上手く維持してくれれば「赫」よりも面白くなりそうで、期待を持たせてくれる第1話でした。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ

TB送信先
シリウスを目指して翔べ! 様
■コメント
■冴え渡りますね
いつもお世話になって居ります。
記事リンクとTb有難う御座います。

いやあ…冴え渡りますね 筆が…(感嘆)
特にこの辺り↓が。
>自分は一人じゃないと思えることが、どれ程心強く感じられたことか
>彼女が泣くことができるのもオーリがいるから

わたし自身が巧く表現できない「もがき」部分が、
「世に残され知らしめられる」そのことに素直に喜びを感じます。
拝読させて頂き有難く(拝謝)。

今後とも また 本年も 宜しくお願い致します。
■ペンギン座さん、コメントありがとうございます!
明けましておめでとうございます。

冴えてるかどうかは自信がありませんが、良い文章を書きたいと思わせてくれるような良いシーンでしたね。1シーンに偏った感想でバランス悪いかも?と思っていたのですが、気に入っていただけて良かったです。ありがとうございます。

>巧く表現できない「もがき」部分
ありますよね、伝えたい感情はあるのに言葉が出てこないっていうこと。私も他の方の感想を読んで「自分の言いたかったことはこれなんだなぁ」と気付くことが多いです。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
異月の入浴シーンは私はちょっとうれしかったです。
それよりもシリアスなシーンなのに
荒神莉花が一人だけ下着じゃないから恥ずかしくないもん
みたいな服装でいる方が何度見ても慣れません。

もっと真面目なコメントを残したかったんですけど、
ソウロニールさんの文章で完結していたので、
付け足す言葉が見つかりませんでした。
こういうアニメの感想は評価の良し悪しに関わらず力を入れて欲しいです。
■kiyosatoさん、コメントありがとうございます!
莉花のあの格好は何なんでしょうね(笑)?
実はウィッチの末裔なんでしょうか。

周囲の評価に関わらず、良いと思った時は力を入れて書いていきますよ!
励みになるお言葉ありがとうございました。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

「もう私は死んでいるのよ!」 OP変わらなかった~。。。 田神景世が死んで半年後。 マキナはいまだ呪いがぬけきれず、 屍姫の存在に批...
 第1話「光の道筋」景世が亡くなってから半年が経過していた。眞姫那は幽閉され、旺里は修行の日々を送っていたが・・・。縁とは何か・・・縁が示す光を見つければ・・・貞比呂、眞姫那を見極めて欲しいと依頼されて・・・その後は・・・七星は本山に乗り込もうとしてい...
タイトルが玄になった以外は完全に前のつづき…。 OPまで同じで、目が点でした(^^;  曲は好きだけど映像は変えて欲しかったかな。 ...
「赫」の続編と言うより、新章のような「玄」 オープニングはタイトルが変わっただけ。 制作は話数を連番で管理しているようだから第14話と言うことになるのだろうが、放送的には「玄」第1話と言うことで、そちらに従っておく。 前話の景世の死から半年経過している?...
タイトルにちょっと変化があるだけの2クール作品ですね。 OP曲がそのままでも自分はぜんぜん構わないんだけど、映像はちょっと変えてほしかっ...
助手「2009年1月期第2弾は・・・」博士「これ、新番組だろうか・・・」...
「ごめん……景世を守れなくて……」 オーリとマキナに縁が発生する話。 これによりマキナは幽閉の身から、自由の身になりました。 今度...
とりあえずOPとED変えろよ・・・
★★★★★★★☆☆☆(7) 2009年冬の新番組ラッシュ第一弾は「屍姫 玄」。 でも放送時間とかもそのままなので全然新番組って感じがしない...
屍姫 玄 第01話 「光の道筋」」 評価: ── ごめん、、、景世を守れなくて 脚本 會川昇 絵コンテ む...
屍姫 玄 第1話「光の道筋」  キャラが豊富だなぁ。  とりあえず私はangelaが好き。  Beautiful fighter(通常盤)(2008/11/12)angela商品詳細を見る...
「光の縁」 二期始まりました。いい加減切ろうかな、と思いつつも、とりあえずは見て
今回から玄としてリニューアルです。何が変わったかと言いますと、OP……同じだ。ED……13話と同じだ。キャスト……当然同じだ。展開……普通に続編だ。普通に赫の続きとして始まりました。田神景世が死んで半年が経過。星村眞姫那は光言宗に幽閉されたままで、呪い...
こちらは感想です(内容)前回、「屍姫 赫最終話」から半年経過したようです。前回もちらと移りましたが呪いを浄化するためにマキナは繋がれていたのですね。本来ならば一か月もあれば清められるようですが、景世に未練を持つマキナは景世の残した霊気を手放せなかった様...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。