スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHITE ALBUM 第1話 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 感想

寒風が運ぶ不安と憂鬱。






第1話にしてはちょっとつかみが弱かった気がします。『WHITE ALBUM』第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」の感想です。


あまり惹かれなかった原因は、私の場合は主人公の冬弥にあるように思います。少なくとも1話の時点では彼に全く好感が持てないし、感情移入できなかったんですよね。

芸能界入りを果たした恋人の由綺に固執し、いざという時にはヘタレで、時々芝居がかったウザイ台詞をしゃべり、何となく自堕落な大学生活を送っている…。たしかに「よくいる大学生像」ではあるのですが、それだけだとあんなに可愛い彼女がいることに対して説得力がないし、その恋を応援する気持ちにもなりにくい。もっと彼のプラスの面や、彼が背負っているものも見せて欲しかった気がしますが、このあたりは2話以降に期待でしょうか。

由紀の先輩である理奈は好きですね。トップアイドルであるのにそれを鼻にかけず、後輩の由綺思いで、他の若手アイドルにも言うべきことは言うと。ああいういわゆる「強い女の子」というのが私は好きなんですけど、それは大抵「強さの裏に脆さが隠れているから」でもあります。理奈も何か無理している部分があるのか、アイドルとしては成功しているけれど人間としては弱い部分があるのか、もちろん今週は全く見えてこなかったですがこれも2話以降に期待です。


BGMや地味な画面構成と、近づきつつある冬の寂しい空気によって作品全体を重苦しい雰囲気が漂っており、これは好みがハッキリ分かれる気がしますけど私は嫌いじゃないですね。今後の鬱展開、ドロドロした人間関係を暗示しているようですが、この空気感は「恋愛」が持つ一つの側面でもあります。上手くいっている時は楽しくて、ウキウキして、毎日がただただ楽しいけれど、上手くいかない時は世界の全部が暗いものに見えてしまうという。

もちろんあまりに重く生々しくやられると見るのが辛くなってしまいますが、悩み苦しむ大学生の姿をリアルに描いてくれれば面白くなりそうです(そのためにも、冬弥に感情移入できる要素を早く見せて欲しいのですが)。


サブタイトルの「スイッチ」は恋愛感情のスイッチだと思うのですが、誰に対してなんでしょう?由綺だと当たり前すぎるのでそれ以外の誰かだとすると、今週冬弥が出会った女の子は美咲、はるか、マネージャーの篠塚、テレビで見た理奈…ということになりますが。この中の誰かなのか、はたまた全員なのか。
これも1話の段階では動きが無さ過ぎて何とも言えませんが。


時代設定は1986年で、携帯もパソコンもまだ普及していない、というのがスパイスになるのでしょうかね。敢えてバブル真っ盛りではなくその直前になっているのも、作品の雰囲気が浮かれたものにならないように、ということなのかもしれません。


好きになれそうな部分とそうでもない部分が半々くらいで、したがってつかみが弱いと思ってしまいますが、人間関係が動いてくれば面白くなるのかもしれません。そこに期待しつつ、あと1、2話くらいは我慢でしょうかね。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ

TB送信先
シリウスを目指して翔べ! 様
■コメント
俺もソウルニールさんと同じで冬弥はあまり好きになれませんでした。噂では君が望む永遠、School Daysと並ぶへたれ主人公と聞いていましたが、何だか納得できるような気がします。

理奈に好感が持てたのも同じですね、俺も強い女の子(男でも)は好きです。
ただ、俺は女性キャラの場合、見た目は可愛い系のほうが好きなので、その辺はソウルニールさんとは真逆かもしれませんw

原作を知らないので2話以降がどうなるのかは分かりませんが、修羅場等のバイオレンスな展開はなるべく控えてほしいように思います。
■murakumoさん、コメントありがとうございます!
冬弥ってそんなひどい評判があったんですか。
それだとこの先も好きになれるかどうか怪しいですね(汗

おや、murakumoさんとは趣味が似てるようで微妙に違うみたいですね。でも見た目が可愛くて実は強いっていうキャラもたしかに良いですよね。

バイオレンスな展開は私もあまり見たくないですが、ある程度の鬱展開は覚悟しておいた方が良いかもしれませんね。
■さすがの考察ですね。
こんにちは。
「Bの線だろ~」と思って注目していた唯一の新作(「観る」は別として「書く」の対象として)だったところ、
キャスティングのせいなのか(え~…問うまでもありませんね…)、
意外すぎるほど意外に多くの方がお書きになるので却ってびっくり、している次第…。

本題です。
>つかみが弱かった>
おそらくは、狙い通りなのかと。登場人物紹介と世界観(若しくは雰囲気)紹介の。
それで、相対的に 考察系アプローチのサイト様が少なくなる現象 となっているのですが
(別に、キャラ萌え路線も・純粋感想路線もイケナイとは申しませんが…)

さすがに、 ソウロニールさんの考察系の筆は 冴えますね。
 ↓ここいら”確信犯”かと思われますので
>全く好感が持てないし、感情移入できなかった>
>重苦しい雰囲気>
”スイッチ”は「壊レル」方面の迷走(若しくは「暴走」)スイッチかもしれません…よお!?。

それで、”その冬弥”にあえて感情移入するのか・傍観者的ポジションをとるのか、がミソかと。

長文拙文ご容赦。今後とも宜しくお願い致します。
■ペンギン座さん、コメントありがとうございます!
いや、考察面ではペンギン座さんには遠く及びません(汗
ペンギン座さんの記事はとても読みごたえがあっていろいろと考えさせられました。
私の場合は考察と言うより、感じたことをただ理屈っぽく書いてるだけのことが多いですからね…。

たしかに思ったより多くの方が感想書いてましたね。1話はほとんど動きが無かったので、考察系にしろキャラ萌え系にしろ感想は書きにくかったんじゃないかという気もします。「趣味に合わない」と書いてた方も多かったですし、2話以降は感想ブログも減ってしまうのでは。

冬弥は自然に感情移入できれば一番良いのですけど、無理して感情移入するくらいなら私は傍観者的ポジションに留まるかもしれません…。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 この先の展開が少し不安になる1話目
これはきついぞぉ…絶対。 そんな訳で、冬アニメ第1作目の感想にはいっちゃうわけなのですけれども……これは中々幸先が悪い。 というの...
Leaf/AQUAPLUSのゲームが原作。ゲームはプレイしていないが、この当時(1998年発売)の評判は芳しくなかった記憶がある。システムの問題やシナリオに難があったこと「浮気」のテーマがピュアなファンに受け入れられなかったことがあるようだ。 PS3版のゲーム化による販促...
2009年冬新規アニメその4 一応、原作ゲームはプレイ済み・・・ だけど、もうかなり前のことなので記憶に残ってません(ノ∀`)
第一頁「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」画が動く動く!よく動きますね!
TVアニメ「WHITEALBUM」OPテーマ::深愛ビジュアルノベルで一世を風靡したLeafが路線の転換を計って送り出した、浮気がテーマのゲームの先駆け的作品。TVアニメ版では、キャラクターの基本設定は当時の原作を基本的に踏襲するものの、アイドルとして忙しい恋人とのすれ違...
WHITEALBUMの第1話を見ました。第1頁 そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ「そうなの」「そうなのか…由綺もいよいよアイドルか」「そうなの、だから…もう…」「え?何?」「もう冬弥くんと…で、私…だからもう…」「由綺、聞こえないよ」森川由綺...
WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」  第1話感想。 とりあえず、初回を見た感想を簡単に。 ...
WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなぁ」見ました~ れ~な♪視聴の冬スタートのアニメ第2弾で...
物語はバブル前夜。 悲しくも、とても優しい物語。
森川由綺 (声:平野綾) 緒方理奈 (声:水樹奈々) 河島はるか (声:升望) 篠塚弥生 (声:朴璐美) 10年前のゲームをアニメ化したホワイトアルバム。第一話はキャラ設定を観せただけ。 さあ、次からドロドロした男の奪い...
2009年冬アニメその2! 誠○ねが尊敬する主人公w 原作全く知らず。なぜ今更? と思いましたが、内容を見てもそう思えるw ではホワイトアル...
「由綺、今朝 お前の夢を見たよ」  すれ違う二人を繋ぐ電話線。
会えない二人。
バブル前夜の時代を舞台にした恋愛物? 原作ゲーム事態が10年ほど前のものらしいです…。 …にしたってこの古さはなんでしょうね(^^; ...
第1話を見てみた感想です。 WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第01頁 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 初回の第1話...
[関連リンク]http://www.whitealbum-tv.com/第一頁 そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ1話目にして嫌な予感がひしひしと伝わってくるなーwとりあえず懐かしいゲーム...
 さて始まりました、神奈川県地上波で先陣を切って放送されるはこの作品。スタッフ的にもキャスティング的にも常にwktkしながら待ってたものであります。
彼女が新人アイドルになってしまった藤井冬弥。なんか悲劇の序章のようです。冬弥は、思い込みに走っていますね。
彼女はアイドル! しかも、フレッシュ・アイドルですよw うらやましいですね(*´∀`*) でも会えなかったりイロイロ大変だったりするん...
チャームポイントは普通。  時代は今から約22年前の1986年。恋人同士の連絡手段は、電話しかなかった。出てくる小物類もノスタルジックな ゙かほり\"。  1986年と言えば   ・ハレー彗星、ダイアナフィーバー、岡田有希子自殺。   ・おニャン子、チ....
冬アニメレビュー第四弾は、携帯電話がまだ、普及していない時代の物語。 WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃな...
2009年アニメも本格的に開始です「WHITEALBUM」1話感想テンポ悪いなぁ・・・・・・作画はttをやや劣化させた感じwまぁ綺麗でいいんだけどねとりあえずキャラの掛け合いにイライラしまくった1話ですwwよくいる主人公の親友との掛け合いまで悪かったのはびびった...
「録画だもん、見てくれたの!?」
「そりゃ可愛いよ、すごく」 冬の新番組第4弾。 第1話を見た時点では、普通に終わってしまいました。 浮気なテーマとのアニメorゲーム...
■WHITE ALBUM公式HP/WHITE ALBUMトラコミュ また歌姫対決か!!? ってな感じで、2009年の冬新規アニメその4 マクロスの影響ですか?って感じがし...
WHITE ALBUM リニューアルパケージクチコミを見る 1998年に発売された同名PCゲームのアニメ化。なぜ今になって?という疑問は残りますが、未だファンの根強い人気があり、個人的にも気になっていた作品ではあったので、楽しみにはしています。
09年冬新アニメ第3弾・WHITE ALBUM 時代はは1986年。大学生の冬弥と、同じく大学生ながらもアイドルである由綺のすれ違いから物語は始まる… ...
「俺の彼女、職業アイドル」 これが彼の妄想だったらどうしよう…と思ったことは内緒の方向で(アッ 主人公・藤井冬弥の彼女である由綺は、...
WHITE ALBUM 第1頁 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」
この記事は画像を伴った ネタばれが含まれています ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください
第1話『そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ』深愛新番組2本目!
09一発目のアニメ感想 ……なんですけど、 あんまり心象は良くないwww まぁ鬱系だと知り合いから聞いてはいるんですがね。 WHITE ALBUM...
にゃんだかよくわからない… 冬アニメが続々と始まる中、期待作にあげていた本作ですが、 番宣も見られないまま本番視聴。 で、 話が断片すぎてなにがなにやら。 アバンはどうやら主人公冬弥の夢だったみたいで。 それにしてもわかりにくい… それを吹き飛ばし...
やりたいことは分かる気がするけれど、どうもイケてない感が。WHITE ALBUM 第1話 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ...
 第1話 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」  【2009-1-03(土) 26:00-より放送開始。(テレビ神奈川)】 『WHITE ALBUM』(...
今年一発目の新番組ってことで、今年も宜しくお願いします。水樹奈々/TVアニメWHITEALBUMOPテーマ深愛(CD)早速感想。事前に調べておいたのにすっかり忘れてました。この番組奈々さんと平野さんがダブルヒロイン的な感じなんですよね。もうこれだけでわくわくしちゃう。そ...
こちらは有名なPCゲームのアニメ化どうやらゲームは10年ほど前のもののようですね初回感想としては地味な印象を受けました全体的に淡々としていてあまり起伏がない感じただ80年代が舞台ということでノスタルジックな雰囲気が出てましたしどこかこの先暗い展開があるん...
「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 第一話のタイトルの時点ですでに穏やかじゃねぇ。 何のスイッチですか。...
《感想》 絵を見た時点で何となく分かっていましたが序盤から、かなり重たいです…。人間関係がテーマの気がします。 PCゲーム原作なので主人公の周りで恋愛感情が交差しているかんじで笑い所が一切ないけど演出方法もよくて、内容も期....
新番組ということでお試し視聴。1986年を舞台に、突然アイドルになってしまった彼女を持つ藤井冬弥を主人公にして物語が展開するようです。アバンは冬弥の夢から。突然恋人の由綺から...
WHITE ALBUM 第一頁「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」の感想です。
WHITE ALBUM 第01話 「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」 評価: ── 馬鹿な子みたいだったでしょ・・・? ...
深愛(2009/01/21)水樹奈々商品詳細を見る 冬アニメ第5弾はWHITE ALBUM これもかなーり感想遅れましたよ(^^; ってかあまり時間もないので...
助手「2009年1月期第7弾は・・・」 博士「ここがあの女のハウスね!」
ここがあの女のハウスね… 冬の新アニメその3 ※原作は未プレイです 深愛(2009/01/21)水樹奈々商品詳細を見る

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。