スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第14話 「流れるは血、失うは涙」 感想

鉄のラインバレル 14話 浩一 加藤

宣戦布告






前話の急展開から息をつく間も無く、容赦なく畳み掛けてきます。
『鉄のラインバレル』第14話「流れるは血、失うは涙」の感想です。


道明寺の熱さが光っていました。
道明寺は桐山に逆らうよりも、隙をうかがってJUDAを利する行動ができれば…と逆に彼に近づきます。「自分を使ってください」という威勢の良い言葉とは裏腹に、悔しさを押し殺すために握り締めた拳が印象的でした。

結局桐山も森次も道明寺が本当に“犬”になったと信じていたのでしょうか?信じておらず、道明寺を試すために敢えて彼が最も苦しむJUDA殲滅の任務を初めに与えたのか…。

…と初めは思ったのですが、全く逆の見方もできますよね。桐山はあまり頭がよろしくなく、道明寺を信じて重要な任務に就かせ、結果道明寺は浩一を助けることに成功しかけた…と。道明寺の真意に気付いてもおかしくない森次が敢えてラインバレルの相手を彼にさせたのは、浩一やJUDAを本当に裏切ってはいないことの表れ…?

道明寺と浩一の小声での通信が傍受されていたのかどうかは分かりませんが、どちらにしても桐山の近くにいる限り、彼は今後も苦しい立場に置かれるでしょう。敢えて自らその立場を選んだ道明寺はかなりの“漢”だと思います。


一方の桐山はここに来てかなり厨っぽくて幼い言動が出てきましたね。
自分が一番目立ちたがったり、そのために自ら戦場に突入したり、自分を正義の味方だと言ったり。社長ということでお坊っちゃん育ちなのでしょうか…。浩一の方がよほど大人に見えます。

思い返せば浩一も初めは厨っぽかったわけですが、浩一の言う「正義の味方」はかつての独りよがりな物からすっかり変わり、今では自分のためではなく皆のために戦うようになりました。桐山をイタイ人物として描くことで浩一の成長ぶりを改めて強調する効果もあるのでしょう。


浩一がラインバレルに話しかけるシーンはかなり好きです。
森次の裏切りや社長の死、いろいろな想いや感情をぶつけるでもなく、ただ静かに穏やかに使命感を燃やす。何より、パイロットがメカを信頼できるパートナーとして扱う様子はかなり熱いし素直にカッコイイと思えます。


そしてラストはまた衝撃の引き。
矢島が何か液体の中で意識を取り戻しましたが、あれは12話冒頭でジャック・スミスが浸かっていたのと同じものですね…。あの時から疲労や怪我の回復効果がある液体だと見当はつけていたわけですが、まさかそれに矢島が浸かっているとは…。

このアニメは本当に毎回濃厚で引きも上手い。けれど詰め込み感も駆け足感も、展開の無理矢理感も無いのがすごいですね。


ED曲が坂本真綾さんの「雨が降る」から、同じく坂本さんの「Remedy」に変わっていました。以前の曲より大分爽やかで明るい曲調ですね(“元気”という意味の明るさじゃなくて、“光を感じる”という意味合いの明るさ…と言えば良いのかな…)。

それに反して本編の方は厳しい展開に。むしろ物語はこれからさらに過酷になっていくのでしょう。
その中で必死に戦う浩一たちの姿を見るのを来週も楽しみにしたいと思います。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■ああ、原作通りの桐山だ…と思いました(笑)
桐山、変な人ですよね…(これに尽きる 笑)ご記事は少ない材料で、彼のキャラクターを非常に鋭く捉えられていると思います。これまでのところ、桐山は原作をちょっと大げさにしたような人物として描かれていますので、それだけ彼の出鱈目なところが原作よりも速いテンポで打ち出されてわかりやすくなっている気がします。何よりも今回の「このカッコいいのが~」発言が、彼がどういう人かを雄弁に物語っていますよね。原作を読んだとき、自己中という言葉がこれほど似合うキャラは滅多にいないだろうと思いました。速水さんはホントこういう役がお得意ですね。確かミュージカル俳優でもいらっしゃるので、あの美声でこういういかにも芝居がかった謳い上げるようなセリフが嵌るのだろうと思いました
それにしても、道明寺も中学校ならまだしも、敵陣に潜入するには今回ちょっと迂闊な行動が目立つ気もしますが、そこがいいところでもあり、好感度高いです。一部で予想されている、連れ戻されて本当に洗脳されるという展開になりませんように(笑)
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
桐山は変なヤツですね~。自己中だし、自己陶酔しているし…。
たしかに速水さんの演技もノリノリで、キャラクター性が分かりやすく示されていましたね。

道明寺が連れ戻されて洗脳される展開ですか。それは私も嫌ですね(汗
私にとっても彼は好感度高いキャラなので、立場上苦しくとも良心は保ったままでいてほしいですね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

「突然ではありますが、これより我々は世界征服をさせて頂く」 加藤機関が世界征服の宣言をする話。 前回で安否が気になった社長ですが、...
前回はすさまじいところで終わり、年末年始でお休み。やらかしてくれます。鉄のラインバレルVol.2(初回限定)(DVD)◆20%OFF!早速感想。社長、まさかの脱落・・・?社長お得意のネタ的な意味ではなく、普通に生死の境をさまよう・・・のだろうと思っていたのだけど。前回...
最終回前のような盛り上げ方ですが、物語はここからどこに行くのでしょうか。鉄のラインバレル 第14話 「流れる血、失うは涙」 の感想です...
なんというサプライズ。 鉄のラインバレル #14 「流れるは血、失うは涙」
怒涛の展開で前年の放送を終えたこのアニメ。今年初の放送で、物語はどう動いていくのか。
 #14「流れるは血、失うは涙」航空産業事業に従事する傍ら、兵器開発にも取り組む大企業、キリヤマ重工。同社の社長である桐山英治は加藤機関や自衛隊と深いつながりをもち、政財界でも一目置かれていた。だが、その地位に飽き足らない彼は、クーデターを成功させ、日本...
まさかまさかの急展開連続。 四面楚歌のJUDAに活路はあるか?
「今日、世界は我々を知る」 挿入歌がよかったw JUDAは森次により石神社長が殺され、マキナも出撃できない状態にされてしまった。 しかし...
社長・・・ 本当に死んでしまうとは(ノД`) 社長好きだったのになぁorz
鉄のラインバレルの第14話を見ました。#14 流れるは血、失うは涙航空産業事業に従事する傍ら、兵器開発にも取り組む大企業・キリヤマ重工の社長である桐山英治は加藤機関や自衛隊と深い繋がりをもち、政財界でも一目置かれていた。だが、その地位に飽き足らない英治は、...
桐山のクーデターは、加藤機関と結託したものでした。迅雷部隊を指揮して、桐山はあっという間に日本の各所を制圧してしまいました。政治中枢、マスコミ、輸送手段を掌握して、桐山は...
森次の裏切り、桐山のクーデター。 ついに加藤機関が表に出、世界征服を宣言。 対抗すべきJUDAだが…森次に撃たれた石神は――。 まさ...
「逆らう奴は僕のプリテンダーでプチっといくよ?」 き、桐山がただの変態になっちゃった・・・。今回はプリテンダーがカッコよかった事だけが唯一の救いか。 鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]柿原徹也, 能登麻美子, 福山潤, 中村悠一, 日高政光JVCエンタテインメント 200...
石神社長の死をキッカケに、涙を振り絞りつつ浩一が正義の味方への誓いを新たにする…というお話な訳ですが…。 (・_・)エッ....? 本当に死亡扱いなの!? 撃たれたけど生死の境をさ迷う的演出なのかと思いながら見ていたのですが、あれだけシズナ達に囲まれてしまうと、...
「これより我々は、世界征服をさせて頂く」 ついに司令の征服宣言が出たー!!(笑) …と言うか、原作とは違った流れで この先の展開が全く読め...
「俺は皆を守る。それが俺の正義だ!」 いきなり怒涛の展開!正義の味方として、加藤機関を打ち倒すその時まで、浩一は抗うのを止めない! ...
 鉄のラインバレル  #14 『流れるは血、失うは涙』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原...
世界征服宣言。
えええええ、社長マジで死ぬのかよ…2クール開始と同時にいきなり死亡してしまうなんて。海での加藤久嵩との会話は何だったのかw 社長...
『僕の事は“閣下”と呼んで欲しい』 昔の浩一以上にドッキュンキュンなお方、桐山英治見参! いやぁ~なかなかナイスな展開なんじゃないですか??
「桐山のシナリオ」
桐山のクーデターで犠牲になった石神邦生。もうちらし寿司やエロな行動は見れなくなってしまったのですね。
『次々と起きる予想外の事件。明らかになったラインバレルの秘密。浩一はショックを受け、緒川たちは悲しみに暮れる。一方、加藤機関と繋が...
森次が眼鏡をかけていた事に安堵した私です!!↑そこかいっ!桐山の小者ぶりが笑いを通り越して哀れ・・・・加藤側に完全に物笑いの種にされているのに自分は大物だと思っている所が(ノ∀`)#14「流れるは血、失うは涙」公式HPよりあらすじ次々と起きる予想外の事件。明...
矢島ああぁぁぁぁ!! 社長は死なないとばかり思っていましたがまさかの離脱…そのかわりに矢島がカプセルの中で 息を吹き返すシーンがあり...
 理沙子にキスされてから早瀬軍団の面々から祝福された浩一。しかし絵美だけは、微妙な素振りを見せていらいらをぶつけてしまった。キスされたのは自分なのに、特務室のメンバーからは冷やかされ絵美にはイライラをぶつけられ、上手く行かない状況に陥り浩一もイライラし...
『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)クチコミを見る 次々と起きる予想外の事件。明らかになったラインバレルの秘密。浩一はショックを受け、緒川たちは悲しみに暮れる。一方、加藤機関と繋がっていた桐山は日本掌握を着々と進め、実質、日?...
調子のいいこと言いやがって。この、うそつき野郎! 「鉄のラインバレル」第14話のあらすじと感想です。 そんな風に言いたくなって当然か...
というわけで、前回からなぜか急に、ボク好みのシリアス展開になってきてしまったという、ラインバレルです。 鉄(くろがね)のラインバレル VOL.1 ¥2,952 <ざっとまとめ> ・暴れまくる桐山のクーデター軍によって、なすすべもなく制圧されてしまう日?...
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD]クチコミを見る 元々、キモいなと思ってましたが、調子に乗りまくりの桐山の鬱陶しさはまさに絶好調!速水さんの演技もあって、そのキモさは、いつぞやの宇宙を跳ね回ってた蟇蛙を超える程!! これが・・・、元劇団四季のぱうわッツ!!...
石神社長マジ死んじゃったああああ・°・(ノД`)・°・ ラインバレル屈指のお笑い担当が(ぇ 結衣がちらし寿司を捨ててるシーンには泣いた。 絵美ちゃんは意識不明、JUDAどうなっちゃうんだろ。 桐山と加藤はマジでグルだったのかあ… そして道明寺までが?...
理沙子「あれれ~?」 「お母さんー、なんかSchool Daysの最終話がやらないよ~」 お母さん「Nice Boat」
鉄のラインバレル 第14話感想です。 裏切り、そしてクーデター、世界征服宣言――――――
■鉄のラインバレル公式HP/鉄のラインバレルトラコミュ 社長が死んだぁぁぁつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ う、嘘だヽ(`Д´)ノ なん...
鉄のラインバレル 第14話「流れるは血、失うは涙」の感想です。
鉄のラインバレル Vol.3 [DVD]クチコミを見る久々のラインバレル感想ですが短く。前回からシリアス状態が続いてるラインバレル。やっとロボットアニメっぽくなってきたぞ。まさかの石神社長死亡。生きてるかと思ったら・・・もしかすればこれがダミーで実は生きてるって可...
公式も往生際が悪いぜ。絵美と浩一のところは話に合わせて改変してるってのに。
原作変えすぎ…。
鉄のラインバレル Vol.2 [DVD](2009/01/21)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 第14話感想です(^^) 石神社長の死―――JUDA特務室...
口汚く罵りわめくシズナは中の人の影響ですか(;^_^A 「流れるは血、失うは涙」

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。