スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 2nd season 第15話 「反抗の凱歌」 感想

圧政への反旗






『機動戦士ガンダム00 2nd season』第15話「反抗の凱歌」の感想です。


セルゲイはクーデターに誘われたのかと思ったのですが、見逃して欲しいと頼まれただけでした。もっとも、仲間になってほしいという意味では同じですけどね。ハーキュリーとの会話では過去に何かあったような雰囲気でしたが…。

そのクーデターは一斉蜂起のような大規模なものではなく軌道エレベーターを占拠するに止まったようですが、太陽エネルギーの供給源を押さえたということでアロウズへの打撃はあるのでしょう。戦闘になれば軌道エレベーターに被害が出るかもしれないので、武力での鎮圧も難しいと。

けれどあれだけでは世論も動かずその行為を正当化できないので、このまま孤立してしまうのではという不安もありますが…。今のところクーデターと言うよりは局地的な反乱に止まっている印象です。これを受けてマネキンやルイス、アンドレイがどう動くのかも気になります。

少なくとも、これでアロウズへの揺さぶりにはなって良かったか…と思いきや、次回予告が早速不吉なことに。サブタイは「悲劇への序章」だしナレーションでは「人類への粛清」とか言ってるし、どうなるのか心配です。


ED曲が変更されてました。さすがにマリナたちのあの歌のままということはなかったようで。曲自体もわりと好みな部類で、映像も綺麗で良いと思いました。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■やっぱり次回予告が気になっちゃいますよね(笑)
新OP、EDとも賛否両論が喧しいですが、ガンダムの終盤らしく、戦争終結と大きな謎解き、これまでの不幸の浄化に向けた感じで、個人的に好印象です。でも「ええっ!?もっと興奮させてほしい!」という感じに見受けられる向きも多いようですね。そうした方々のお気持ちもわかりますが、私はラストは綺麗かつ壮大かつ「ようやく訪れた安らぎ」でまとめてほしい派ですので(私はファーストガンダムのラストの和平締結のアナウンスで涙が止まらなくなって家族に呆れられた人間です)、これらの歌が示唆する方向でよいかと(笑)ただそこまでいくとして過程は非常に心配ですね。過程が悲惨なほど感動的に泣けるんですが、生死にかかわらずキャラが不幸になるところは見たいような見たくないような…
でもやっぱり怖いもの見たさで、とりあえず次回に期待ですね(笑)
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
新EDは気に入っています。
映像ではガンダムが過去の遺物のように描かれていて寂しさのようなものもありつつ、兵器に頼らずとも良い世界が訪れたのかなという安心感もあって良かったです。

>キャラが不幸になるところは見たいような見たくないような…
この気持ちすごく分かります(笑
ストーリーを盛り上げるためには悲劇的な展開も必要だし、それを見たい気持ちもありますが、1期からずっと見てきたキャラなどは思い入れもありますしね。
個人的にはいわゆる鬱展開というかシビアな展開は嫌いではないので…次回に期待で(笑
なんだか沙慈は少し変わったように思えます。
メメントモリ破壊ミッション等でCBの戦いを見てきて、沙慈なりに何か思うところもあったのかもしれないですね。

一斉蜂起をするには恐らく数が少ないのでしょう、そこでアロウズの目がCBに向いているうちに、少数でも可能な軌道エレベーターの占拠はかなりうまい手だと思います。

やはりガンアーチャーにはマリーが乗るようですね。
それにしても1期15話では1000機近い数を投入していたのに、アロウズの総力戦で36機というのはずいぶん少ないと思いました。

俺は鬱な展開は好きではないのでこれ以上悲惨なことは起こってほしくは無いですね、不吉な次回予告のおかげでかなり不安になっています(笑

>過去に何かあったような雰囲気でしたが…。
アンドレイの母、つまりセルゲイの妻の死に関係があるるような会話でしたね。

>世論も動かずその行為を正当化できないので
どうやらハーキュリーの話だと連邦政府は世論を無視したやり方をしているみたいです。

■murakumoさん、コメントありがとうございます!
うーん…既存の権力者が持っていた権力全てを奪わないとクーデターとは言えないと思うんですよね。軌道エレベータ占拠は少人数で敢行できる最大の一手なのかもしれませんが、ハーキュリーたちにはこれを足がかりにもう少し頑張って欲しいところです。

世論についてはアロウズも無視していたということになると、簡単にハーキュリーたちに傾くという計算の上だったのかもしれないですね。そこは気がつきませんでした。ご指摘ありがとうございました。

何にしろやっぱり次回予告が不吉ですよね…
ドラマチックな展開は期待できそうですけど。

沙慈は言われてみれば、以前ほど抵抗無くCBに協力していますね。彼なりに思うところがあるのか、流されているだけなのか…。注意して見ていこうと思います。

マリーはてっきり今回ガンアーチャーに搭乗するのかと思ったのですが、引っ張りますね(笑
アロウズの戦力については私も良く分かりませんが…擬似太陽炉も搭載し、一機当たりの能力が向上しているからということですかね?

セルゲイの過去は気になるのですが、これ以上彼のエピソードを掘り下げるとますます死亡フラグになる気がして恐いです(汗
カタロンにも協力を求めていたようなので当然クーデター派は軌道エレベーターの占拠だけでは終わらないでしょうね。

>一機当たりの能力が向上しているからということですかね?
新型のMAもいたことだしその可能性はあると思います。
しかし今までに、ガンダムW(ウィング)ではたった1機で一つの基地の戦力を壊滅させ、50機や100機を越えるMSを倒したり、ガンダムSEED DESTINYではわずか2分で25機のMSを(しかもパイロットは殺さずに)倒していたのを見てきたので少し物足りなく感じてしまいました。

>死亡フラグになる気がして恐いです
マリーのためにもセルゲイには是非最後まで生き残ってほしいですね。
■murakumoさん、コメントありがとうございます
なるほど、歴代シリーズではすごいガンダム無双があったのですね(笑
パイロットを殺さずに行動不能にするとはなかなか熱い。
それに比べればたしかに今回は地味だったかもしれませんね。それでもスメラギさんたちはかなりピンチでしたが(汗

私もシビアな展開が好きと言ってはいますが、やっぱりセルゲイには死んでほしくないですね。
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
■非公開コメントの方へ
情報どうもありがとうございました!
なるほど…これはたしかに無双状態…。
強さが際立ってますね。

今は放送中のアニメだけで手一杯なのですが、時間があれば本編も見てみたいと思います。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

1期(ファーストシーズン)の最終回に繋がる内容だと感じました。機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第15話 「反抗の凱歌」 の感想と考察...
『カタロンの補給を受け、修理を死ながら巡航するプトレマイオス。連邦の包囲網を抜けるために、ダブルオーの戦力は必須だったが刹那はいま...
Mr.武士道「クーデター? そんなのはどぅだっていいっ!! 俺の目的はガンダムとの決着だけだっ!!」 刹那「黙れ、乙女座…空気嫁。 カタロン...
武力政変。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る カタロンの補給を受け、修理をしながら巡航するプトレマイオス。連邦の包囲網を抜けるために、ダブルオーの戦力は必須だったが、刹那はいまだ帰艦せずにいた。防戦一方のプトレマイオスだったが、そこに連?...
15話 「折れた翼」 スタッフ 絵コンテ、演習:うえだゆうじ 脚本:黒田洋介 後期EDがきました。歌はいかにもタイアップ曲って感じでアニメ...
機動戦士ガンダムOO 第15話 刹那を信じると言うティエリア。 この方、1st シーズンから変わり過ぎ。(良い感じに) クーデターと言う行動は良し悪しありますが、志は素晴らしい軍人さんです。セルゲイには関わるなと伝えに来ただけだった。 刹那とマリナって、こ?...
 新OP、賛否両論ですが自分は「賛」です。歌もアニメもそうそう悪くないと思うんですがね。あと、こういう話になると必ず出てくるのがギ...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。