スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」 感想

ドルアーガの塔 4話 カイ ギルガメス王

邪神の呪い






どんどん面白くなってきますね。
『ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~』第4話「幻影の中へ」の感想です。


ギルガメス王とカイについての謎がついに語られました。1期からの疑問が氷解する様は爽快でしたね。

この作品は古代メソポタミアの神話や伝承に基づいた世界観が特徴的ですが、重要なところはそれを大胆に改変しているのが面白い。『ギルガメシュ叙事詩』ではギルガメシュ王が不死の命を求めて旅をするものの、彼は結局目的を達することはできません。これがアニメでは逆に、求めてもいない不死の命を呪いによって与えられてしまう…何とも皮肉です。

ウルク国はバビリムとスーマールを合わせてできたという説明もありましたが、バビリムはバビロン、スーマールはシュメールのことでしょうか。現実の古代メソポタミアでは、バビロンという広大な地域の一部がシュメール、その中の一つの都市国家がウルクという位置付けですが、このあたりは名前だけ取ったのかな。ともあれ、強大なウルク国とその伝説的な王ギルガメスというのはそのまま史実(と考えられているもの)と重なります。


幻の塔に登り、ギルガメス王の呪いを解いて殺そうとする勢力がいくつか登場しています。ジル、カイらはギルガメス王を解放し、暴君になり下がるのを防ぐため。先に登っているカーヤも恐らくは同じ。あの眼鏡の女性グレミカは、スーマールの再興のため。ニーバは…謎ですね。

一方、アミナはそれを阻止したいらしい。ウルク国のことを真剣に考えている様子でしたし、あながち悪人ではないのかもしれませんが、ギルガメス王の苦痛を思うことも、彼が暴君にならないよう支えようとする様子も見られませんでしたね…。

ちょっと気になるのはヘナロ。彼女はたまたま巻き込まれただけなのかと思っていたのですが、グレミカにあっさり捕まっている様子を見るとスーマール派のようにも思えてきました。1期の裏切りエンドのインパクトが強すぎて私が疑心暗鬼になっているだけなのかもしれませんが。


4話まででも相当に盛り上がっているのですが、ここからが本当の勝負というのがまたスゴイですね。未知の領域に足を踏み入れたジルたちのさらなる冒険に期待が膨らみます。


ところで、ギルガメス王の秘密が語られるシーンの厳かなBGMがゲーム「タクティクスオウガ」の曲に何となく似ていて、調べてみたら作曲家は崎元仁さん、同じ方でした。オウガの曲はかなり好きだったので嬉しい発見です。そう言えば1話の感想でも全く別の話題でこのゲームに言及しましたが、あの時は全然気が付かなかったな…。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

天空の宮に辿り着いた一行。今回は笑い無しのシリアス路線。所で、全く関係ない話ですが、TOWレディアントマイソロジー2面白す・・・。テイルズオブシリーズを知らない人でもやってみる価値はあると思います。ドルアーガ(ガーディアン)、再び。死んでしまったアーメイを思...
今回のお風呂当番は、グレミカさん! やっと普通の人が出た~゚+。:.゚ヾ(*′∀`*)ノ゚.:。+゚ イロイロと、大きゅうございますねw 彼...
奇妙な言動でジルを惑わすイシターの巫女さんは、実に気さくで親しみやすい御方の様子w リアルではドルアーガと必死に戦闘中なのに、それを忘れさせるフレッシュな言動は、空気を読んでのことなのかただの天然なのか・・・・・・リラックスしてほしかったのかな?w 面...
第4話「幻影の中へ」 ここまで引っ張ってきていた、カイとギルガメス王の謎の多くが
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話「幻影の中へ」 前回とはうって変わって、今回はほぼギャグなし(カイの踊りを除く)のシリアス回...
ノリがいいカイwww オトナの姿から子供の姿まで…www でも、おばあちゃんの姿にはなれないんですね{/3hearts/} なんか愛嬌があって好きです{/face_heart/} フワっとしたキャラだけど、凄い人…{/kaminari/}{/kaminari/} 能ある鷹はなんちゃらってヤツです{/good/} ...
明かされた秘密。
第5話「幻影の中へ」最上階に到着したジルたちが目にしたのはドルアーガの姿。驚きを隠せない彼らに邪神の牙が襲い掛かる。そのさなか、ジルはカイにある事実を打ち明けられる・・・。片道切符。メルトとクーパはウラーゴンとともに。ジルたちは天空の宮に到着カイが何か...
 ドルアーガの塔   ~the Sword of URUK~  第04話 幻影の中へ 感想  これは勇気と呼べるのか?     -キャスト-  ジル:KENN ...
ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD]クチコミを見る いよいよ目的地へとたどり着いたジル達。だが、そこに待ち受けていたのは・・・。
「上に行ったら、生きては戻れない」 ジルがカーヤの本当の目的を知る話。 カーヤの目的は塔の最上階に居る黒ギルガメスを殺す事。 第1...
ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」 今回はコメディ成分がほとんどありませんでした。ほぼシリアス。 ここまでで明かさ...
「幻影の中へ」を観ました。 カーヤの真の目的と2人のギルガメスの存在。
幻の塔ふたたび…。 搭の頂上に辿りついたジルたち。 その前に再び出現したドルアーガ!? しかし搭の力が弱まってるのでドルアーガ弱いで...
 今度こそモトス、こだわるなぁw  どんなゲームかって言うと、宇宙ステーションのソーラーパネル上に住み着いた宇宙生物をパネル上か...
これから先が、片道切符だとしたら。 「ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~」第4話のあらすじと感想です。 戻れない。 (あらすじ) ウラ...
■ドルアーガの塔 第04話 幻影の中へ はコチラです。
壮大な雪崩オチだった前回。今回はある程度まともだろうなぁ・・・。【送料無料選択可!】ドルアーガの塔~theSwordofURUK~第1の宮[初回受注限定生産版]/アニメ早速感想。一気に謎が解明されていく今回。とりあえずカイは正真正銘の伝説の巫女の仮の姿。まぁそこに関し...
片道切符 色々と明かされた謎 ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD](2009/03/27)KENN折笠富美子商品詳細を見る
イシターの教えとジルがやっていた仕事が気になる第4話です ジルは引き篭もりニートじゃなくて全部の仕事を1日で首になっていたのね>< ...
今回はカーヤの正体やギルガメスの謎が判明するという話。 ここにきて一気に色々な謎が明かされたので驚きました(笑)。 幻の塔も再出現して、ここからが第2期の本当の始まりとも言えそうな感じです。 塔の最上階には一番最初に上ったときの苦労もなくあっさり到着...
「それでも僕は行く」 いよいよ幻の塔へ。 に参加しております。よければバナークリック宜しくお願いしますです・・・!
前回のギャグが嘘のように、真面目な話。天空の宮に向かったジル一行を追いかけるウラーゴンと黄金騎士団。そして彼らに道案内として連れて行かれることになったメルトとクーパ。クーパは服と髪型が元に戻りました。あの後着替えに戻ったという事か……塔の最上階には何も...
■第4話 幻影の中へ 塔をエスカレーターで登ったジル達ですが、前回がいきなり塔の頂上一歩手前の「金剛の宮」だったので、今回は冒頭か...
ドルアーガの塔#4「幻影の中へ」 ラスボスの正体や人物関係が整理されて、すっごく
博士「♪捜し物はなんですか~」助手「古い上に違うわwww」...
 …いやぁ、実にシブい。シブいねぇ、賀東さん。見ているこっちも、眉が寄りっぱなしですよ。  異なる場所で、異なる思惑を抱く三者が、...
ドルアーガの塔 the Sword of URUKの記事をにほんブログ村で探す ネタバレ 4つの勢力と、カイの真意
メルトとクーパはグレミカらに捕まり塔への案内役。カーヤのこと忘れられる?メルトもそんな薄情な奴じゃないはずだよ、クーパ?
【ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ :4話「幻影の中へ」】の感想です。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。