スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄腕バーディー DECODE:02 第6話 「A PRISONER OF THE PAST」 感想

過去への扉






バーディーの過去編に突入。
『鉄腕バーディー DECODE:02』第6話「A PRISONER OF THE PAST」の感想です。


幼少期のバーディーの平和で温かい日々が印象的でしたね。初めはいじめられながらも打ち解けて学校を楽しめるようになったり、ナタルやダスクとの交流があったり、連邦捜査官になるための訓練に励んだり。

けれどこの平和な日々を見れば見るほど、今は全てが失われてしまったという虚しさと切なさに襲われます。
ダスクもテュートも、おそらくはヴァイオリンも今は亡く、ナタルの心も闇に染まり…。「過去編」単体として見るとハッピーエンドにはなり得ないことが分かっているので、何か夢でも見ているような寂しい気持ちになり、またそういう雰囲気を作るのが上手いなぁと感心させられます。


普段は暗さを感じさせないバーディーですが、実はイクシオラとしてなかなかに辛い宿命を背負っていたのですね。強すぎるが故に、将来を自分で決めることも許されないという…。バーディーが連邦捜査官を目指したのもこうした理由が絡んでいたようですが、現在の彼女自身がその仕事に誇りと責任を感じていることが救いではあります。


ナタルの体の異変もいよいよ深刻になってきたようですね。薬で何とか落ち着くも、おそらくは一時的な効果しかないのでしょう。命を削ってまでも復讐を望む彼の姿が痛々しい。自分の声が反響するような演出も上手かったと思います。


次回はついに、セントラルタワーのテロ事件が描かれるのでしょうか。バーディーやヴァイオリンの身に何が起こるのか。一層重い展開になりそうですね。バーディーが以前話していた「もう一度会いたい人」というのも気になりますし、楽しみです。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■ちびバーディー かわゆいvv
ほんとにこの後のことを思うと、
平和で温かい日々がせつないですね。

ダスクさんが幼いバーディーとナタルに
語っていた言葉が、印象的でした。
“自分自身を大切にしなさい”とか、
“宿命を受けとめて、生きる意味を考えなさい”とか、
確かそんな言葉だったと思いますが、
今のナタルとバーディーに向けられた言葉のような
そんな気がしてしまいました。

次回は「もう一度会いたい人」わかるのかな(><)
たのしみですね♪

■まりねさん、コメントありがとうございます!
あぁ、なるほど、ダスクの言葉はそういう風に考えると一層深いですね。
たしかに今のバーディーとナタルにこそ思い出してもらいたい言葉ですよね。

次回はテロ事件のことなどいろいろ明らかになりそうですし、私も楽しみです。

ちびバーディーはホントに可愛かったですね!
無邪気な様子に癒されました。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

鉄腕バーディー DECODE:02 第6話 「A Prisoner of the Past」 今回はバーディーの過去篇の導入部でした。
#6「APRISONEROFTHEPAST」ガトールから受けた攻撃のダメージにより、バーディーとつとむは精神融合を起こしかけていた。このままでは、バーディーの精神が消失してしまうという。それを食い止めるべく、つとむはバーディーの意識深層へのマインドダイブを決行する。そこ...
『ガトールから受けた攻撃のダメージにより、バーディーとつとむは精神融合を起こしかけていた。このままでは、バーディーの精神が消失して...
鉄腕バーディー DECODE:02 公式サイト 『A Prisoner of the Past』 脚本:水上清資 演出:鎌仲史陽 絵コンテ:笹木信作作画監督:石川準 作画監督補佐:名倉智史 亀谷響子 バーディー(千葉紗子)の記憶を辿るつとむ(入野自由)。彼が見たバーディーの過去とは。 ◆イクシ
バーディーの過去へつとむが迫る。...
こんな色っぽい幼女のドラマを見せてくれるのは日本だけ。 そもそも幼女の売春や虐待が日常茶飯事の国では、微妙繊細且つ香り立つ色香を...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。