スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第24話(最終話) 「鋼鉄の華」 感想/総評

「正義」の行く先






慌ただしい最終回でしたが、最後やや強引にハッピーエンドに持っていったところはこの作品らしくて良かったと思いました。『鉄のラインバレル』第24話 「鋼鉄の華」の感想です。


前半はラインバレルの真の力を解放しつつも暴走してしまった浩一を、城崎の想いがなだめる王道展開。

後半はマサキを倒すものの新たな次元の歪みが発生、止めるには全ファクターの命を犠牲にするしかないという、シナリオ的にはやや唐突に訪れたように感じられた危機。このアニメのことだから本当には死なないんだろうなとある意味安心して見ていましたが、やはりみんな生きていてほっとしましたよ。城崎まで生き返るとは予想外でしたが。

次々と起こる一連の現象に納得いく理由付けも説明もされませんでしたが、無理に理屈を付けてもうるさくなるだけだったかも知れません。細かいことを考えず単に熱い展開を楽しむ分にはこれくらいで丁度良かったと思えます。


最後は城崎の「あなた、最低です」で締めでしたが、聞き慣れた台詞の安心感、爽やかな口調の新鮮さが共に心地良く、いい終わり方だったのではないでしょうか。



◆総評◆

独りよがりの正義から守るべきもののための正義へ。始めは厨ニ病全開だった浩一が矢島の死やJUDAでの任務など、様々なことを通して成長していく姿がしっかりと描かれていました。終盤に連発された浩一の過剰なまでに熱くクサい台詞もこの作品の中でなら素直に許してしまっていましたが、それは浩一がそうした台詞を吐けるくらい成長したことを見ているこちらも喜んでいたからなのだと思います。


主人公が成長するにつれ、ストーリー展開も王道で熱いものが目立つように。ただその中でも、要所では森次の裏切りなど予想外で緊張感のある展開を用意してくれていて、マンネリを感じることは無かったですね。2クールありましたが失速するようなこともなく、よく勢いを維持してくれていたと思います。


「正義とは何か」という大きなテーマがありましたが、これにしっかり答えを用意し、最終回でしっかり決着させたのも好印象ですね。「想像」や「抑圧への抵抗」、「マキナ人間(自主的に思考せずルーチンワークや言われたことをこなすだけの人間への警句?)」といったサブのテーマも興味深かったです。


メカ戦闘についてはあまり詳しくないのですが、メカの動き自体に重量感や迫力を感じることはあまり無かったような。むしろ爆発や粉塵のエフェクトが凝っているなという印象でした。


クセはありつつも個性的で魅力的な作品だったと思います。
スタッフ・キャストの皆さんはお疲れ様でした。
また、TB等でお世話になった皆さんもありがとうございました。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■おひさしぶりです
まずは本格的なご復活(?)おめでとうございます。あまりご無理をされませんよう…
ご都合主義全開のラストですから、城岬さけ死ぬというのはおかしいという気もしていまして、あれはあれでよかったかと(笑)最後は能登様の甘い声の「最低です…」で締めてくれて、個人的には最高でした。癒された…(笑)
まったく放映当初はネット上であれだけ罵詈雑言の嵐にさらされた浩一が最後はこんなふうに…でもこれは、彼が「自分は本当は何がしたいのか?」ということを発見していく過程を描いた作品だったと思います。その間に物凄い犠牲と迷惑を生じていますが、まあアニメだからということで(笑)
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
お久しぶりです!

ラストはたしかに、ご都合主義全開でしたね(笑
まぁそれがこのアニメらしいと言うか、このアニメなら許せる気がします。
能登さんの「最低です」は私も良いと思いました。

一貫して浩一の成長という部分に焦点を当ててくれていたのも良かったですね。たしかにその過程で犠牲も払いましたが、そうでなくてはドラマになりませんから…(笑

小難しく考えずに楽しめるのはこのアニメの場合長所だったと思っています。
GONZOには今後も頑張って欲しいですね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

鉄のラインバレルの最終話を見ました。#24 鋼鉄の華熾烈を極める戦いの中、城崎を目の前で殺されてしまった浩一が怒りを爆発させたことでついにラインバレルの真の姿を現わす。「城崎…城崎…何でだよ、何で…何で城崎…こんな…っ…。…殺してやる、殺してやる、殺して...
最終回。 キャシャーンを見た後だと、分かりやすく世界が救われたという印象。 前回、妹ズがマシーンに取り込まれ、木崎が致命傷を負っ...
   #24「鋼鉄の華」(最終回)熾烈を極める戦いの中、ついにラインバレルがその真の姿を現わす・・・。「私も、お前が正義の味方であることを望む!」絵美が倒れ、浩一は咆哮「殺してやる!殺してやる!殺してやる!」ラインバレルの本当の姿・・・全てのマキナを止め...
「俺はこの世界を守りたい ここに住む 全ての人達を守りたい だから俺は行く、それが俺の正義なんだ!!」 浩一の正義が… そして皆の想いが...
終息、そして生還 鉄のラインバレル 第24話(最終話)「鋼鉄の華」
なんだかんだで最終回です。 しかし、内容とかよりも途中で出てきたグラヴォンみたいなロボットが何のかが気になってしょうがありません(...
正義の味方に。
鉄のラインバレル #24 「鋼鉄の華」 最終話 世界が救われました。 浩一は地球を守りきり、正義の味方となったのでした。
終わっちゃいましたね~ラインバレル。突っ込みどころが様々あれども… 森次さん、サイコーー!!ってことで。 えぇもう森次さんだけを追っかけたラインバレル最終回『鋼鉄の華』! リアルタイムで見てたけど、見終わった直後じゃマトモな感想になるまいと 半日ほど時間を...
城崎の死に最終的な覚醒段階に至ったラインバレル。 早瀬浩一は正義の味方として突進するのだった。 最終回。 早瀬浩一が24話かけて...
『早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたい...
ラインバレルは最後の一撃までロボットアニメの王道を貫いた!!!そう言いたい・・・いやあ、良いアニメだった!!!#24「鋼鉄の華」浩一の成長、このポイントが見事に抑えられてたのが良かった!!浩一へのみんなの信頼が力になる(全マキナのエネルギー、アルマを駆る...
必要なのは力じゃない。何かしたいって強く思う力なんだ――! 絵美の死をトリガーに、浩一の激情がラインバレルのマキナ殺しを発動させる。...
実にGONZOらしかった。たぶんGONZOらしい……どこが(?)と言われてもいえないんですけどね(苦笑)。 鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」 感想
早瀬浩一を庇って死んでしまう城崎絵美。怒りに溢れる浩一は、遂にラインバレルの本来の力を引き出す。マキナ殺しの本来の力、どうやら発動した瞬間、他のマキナたちの動きが止まったようですが、具体的にどれぐらいのものなのかが不明。Dソイル活性率が不明だとかで凄い...
ついにこの作品も最終回です。最終回にふさわしく、とても熱く燃える展開でした!絵美を殺された怒りから、ラインバレルのマキナ殺しの能力を解放した浩一。その圧倒的な力で、マサキ...
早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づいた。そして――慟哭する浩一。ラインバレルがついに、本当の姿を見せる!
今週は「鉄のラインバレル」最終話の感想です。
ついに最終回・・・24話構成だったのか。 浩一を庇い命を落としてしまった絵美。 そして覚醒するラインバレル・・・トランザry ちょwww最終回だからって顔に気合入り過ぎwww ラスボスの攻撃がビームだ
むむむ、ハッピーエンドやね 鉄のラインバレル Vol.7 初回生産限定盤:デジストック付 [DVD] ¥5,905 Amazon.co.jp とうとう最終回ですけど、結局、死んだのは、加藤と、加藤機関のマキナ人間になったみなさん、そして前から死んでたけど、石神社長くらい...
「皆にそうあれと望まれて、人は始めて正義の味方になるんだ」 最終回なので、感想は長くなっちゃいました~ マサキの無情な一撃が城崎を...
  必要なのは力じゃない。 何かしたいって強く思う力なんだ!! 鉄のラインバレル 第24話(最終話) 「鋼鉄の華」 の感想です。 今...
大事なのは何がしたいのかということ!「オレは正義の味方になりたいんだ!!!」「鋼鉄の華」あらすじは公式からです。早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づい...
鉄のラインバレル 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)(2005/06/20)清水 栄一商品詳細を見る今期の最終回トップバッターはこの作品。 まさか、こんな...
鉄のラインバレル Vol.4 [DVD]クチコミを見る 早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生だった。彼はラインバレルのファクターとなったことで、仲間と出会い、友を失い、守りたいものに気づいた。そして――慟哭する浩一。ラインバレルがついに、本当の姿を見せる...
こっちも最終回。鉄のラインバレルVol.2(初回限定版)(DVD)◆20%OFF!早速感想。ぶっ飛び厨二主人公が強烈な印象をもたらした1話からあっという間の2クール。結局最後はロボットアニメお決まりの熱血展開で最後は全員復活めでたしめでたしというなんとも面白い作品だっ...
アニメ 鉄のラインバレル 第24話 『鋼鉄の華』 の感想。原作未読。 俺も、『あなた、最低です♪』と罵られたい(マテ。
 鉄のラインバレル  #24 『鋼鉄の華』 感想  クリエイティブプロデューサーに谷口悟朗を構えた、GONZOの期待作!  原作漫画とは違...
鉄のラインバレル Vol.5 [DVD](2009/04/22)柿原徹也能登麻美子商品詳細を見る 公式よりあらすじ 早瀬浩一は、どこにでもいる、ごく普通の中学生...
ああもうみんなかっこいいんだから!! 最終決戦で劣勢に立たされた浩一たち。 反撃に転じるも絵美ちゃんがやられ浩一逆上。 我を忘れた浩一がエライことになってたけど、 1度気絶して正義の味方復活。 浩一を真の正義の味方に導いたのはやっぱり絵美ちゃん。 マ...
鉄のラインバレル 公式サイト 『鋼鉄の華』 脚本:吉村清子 演出:関野昌弘 絵コンテ:藤森カズマ 作画監督:飯島弘也作画監督補佐:筆坂明規 高木潤 小林利充 小島彰 絵美(能登麻美子)を貫くマサキ(千葉進歩)の一撃。怒りに震える浩一(柿原徹也)は、「正義の味方」に
こちらもハッピーエンド
鉄のラインバレル 第24話(最終話)感想です。 正義の味方であるために
「ナイスな展開じゃないか!」「あなた、最低です」 いろいろ名言(迷言!?)を生み出した鉄のラインバレルもついに終局。
今更ですがやっと見終わったので感想ですとりあえずなんという王道展開!!まぁ中盤以降は王道なかんじで進んでいた作品でしたが最終回は本当にベタベタの展開でしたね個人的にはそれでもいいかなと思うんですけどマサキに関してはあれぐらいでしょうねなんかでも挿入歌や...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。