スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 第8話 「激震:furioso」 感想

明かされる過去






良い話だったのに何か惜しいような。
『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS』第8話「激震:furioso」の感想です。


今週のハイライトは何と言っても、フォロンが「コーティはコーティだよ」と声を掛けて、二人が絆を取り戻すシーンですよね。

フォロンの神曲の力がコーティに届かなかったのは、彼女がかつてテロリストの仲間だったという事実がショックだったから…というわけではないのでしょう。

彼の心に引っ掛かっていたのは、コーティがその事実を自分に隠していたということ。コーティは自分のことを信じてくれていないのではないかという気持ちが、同時にコーティを信じきれないという気持ちも生んでしまっていた。先週教師やユフィに「コーティを信じてあげていない」と指摘された原因はここにあったのですね。

ところが今回、コーティの口からようやく事実を聞くことができた。しかも黙っていた理由は、フォロンに嫌われるのが怖かったからだと。このやりとりで、二人の間にあったわだかまりは一気に解消したのでしょうね。


…と、良いシーンだったのですが、何となく描写がアッサリしすぎていた印象も。もっとじっくり盛り上げてくれても良かったと思うんですけどね。

他のシーンでも演出や作画面で盛り上げ切れていないと思える部分があり、何となくチープな回に感じてしまいました。プロットは良かったと思うので少し勿体無かったかなぁと。


以前の借りを返すべく奮闘するユフィ先輩や、それをフォローするレンバルトは熱かったですけどね。ミゼルドリッドも相変わらず良い中和剤でした。最後に現れた金髪ゴスロリの精霊イアリティッケはかなり凶悪そう。早くもクライマックスの雰囲気で、次回どうなるのか楽しみです。


あとラノベ版のCMで使われている、encounter+さんの曲がすごく気になる…。CD発売の情報は今のところ無いようですが、どこかでFullで聴けないのかな。



↓応援クリックお願いします!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

真コーティキタ━━━(゚∀゚)━━━!! 力は強大だが、チビッ子の方が好きだな~
 とうとうコーティの秘密がっ……!
コーティの過去の真実
「嘆きの異邦人」の残党の目的が四楽聖の一人シダラ・レイトスの暗殺にあるとしたら、レイトスと契約精霊エレインドゥースの絆の強さを甘く見たライカがしくじった。始祖精霊の一柱「紅の殲滅姫(クリムゾン・アニヒレイタ)」の別名を持つコーティカルテの覚醒が目的だと...
嘆きの異邦人の残党の攻撃を受けたトルパス学園。今回もミゼルドリッドの活躍でと思ったけど、相手が強すぎですね。
第8話『激震:furioso』(仮)神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 [DVD]今回は、コーティの過去が明らかに。
コーティ、セクシーおねーさんになっちゃいました… まあこれが真の姿なんだけどね… ちびコーティはもう見納め? 嘆きの異邦人の残党たちが学院を急襲! 大メインの狙いは学院長のお命頂戴と創世楽器の強奪。 コーティに精神的ダメージを与えるために彼女の過...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。