スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル 「ぴにおん!2」 感想

ぴにおん! 2 (MF文庫 J ひ 4-2)ぴにおん! 2 (MF文庫 J ひ 4-2)
(2009/02)
樋口 司

商品詳細を見る


なかなかクセの強かったMF文庫J新人賞佳作「ぴにおん!」、その第2巻の感想ですが、何か1巻より面白くなってる…!?






とある理由のため超能力者の美少女たちに求婚されている佐々木与四郎。彼の学校生活はちっとも普通なものではなくなっていたが、それをさらに乱す存在が。美少女の一人、ナナさんの双子の弟が現れて――?


冒頭にも書いたのですが、1巻よりも楽しんで読むことが出来ました。


焦点が絞れず騒動の顛末もカオスだった1巻に比べ落ち着いてくれた印象。やはり1巻ではクセの強い登場人物を3人も4人も紹介しなければいけないという部分がハンデになっていたようです。


話の方も案外シリアス。
もちろん笑えるところも多いのですがしっかりメリハリがあり、この作者さんって意外と抑揚つけるの上手かったんだなぁ、などと失礼なことを思ってしまいました。

いろいろと見所が多い中で印象に残ったのはやはりラブコメ部分。…と言うかほとんど「コメ」の部分が霞んでしまっていて、これが作品全体の雰囲気をシリアスな方向に持っていっていた気がします。
あの子たちはもう、超能力者の宿命とか打算とか関係無しに…惚れちゃう寸前っぽいよねぇ…。素直なラブストーリーとしてもなかなか面白くなってくれそうです。


少しだけ不満だったのは、主人公の与四郎クンがあまり活躍してくれなかったことですかね。もちろん騒動の中心にいるのは常に彼なので、そういう点では主人公らしいのですが、その解決にはあまり役に立っていない。バカだという設定は無理なくハーレム展開を楽しめるので良いのですが、いざと言う時にもバカのままだと見せ場がやってこないぞ…?


にしても彼、自称嘘つきなんですが本当はとんでもない正直者ですよね。1巻では頻繁に出てきた「すまん、今のは嘘だ」という地の文も今回は影を潜めていましたし。

その正直さが彼に好意を抱く人を傷つけることもあるわけですが、果たして最終的に彼が選ぶのは誰なのか。与四郎クンの言動や、作品内での優遇ぶりを見ると、やはりあの子…になるんですかね。この四角(五角?六角?)関係の行く末は見届けたいと素直に思えますよ。



↓応援クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。