スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル 「ぴにおん!3」 感想

ぴにおん!〈3〉 (MF文庫J)ぴにおん!〈3〉 (MF文庫J)
(2009/05)
樋口 司

商品詳細を見る


今回はこれまでとちょっと違った趣向で楽しませてくれました。
良く考えられた構成の「ぴにおん!3」の感想です。

続きには粗筋レベルのネタバレがあるのでご注意ください。






文化祭を楽しむ佐々木与四郎と美少女超能力者たち。しかしとある人物の登場をきっかけにニーナの能力が暴走、与四郎が巻き込まれてしまう…!


今回はタイムスリップネタできましたか。不運にもアニメでハルヒ新作「笹の葉ラプソディ」が放送されたタイミングで、最初こそネタが被っている印象がありましたが、読み進めていくと全く違った物語で素直に楽しめましたよ。

タイムパラドックス等この手の話で避けて通れない問題は難解になることなく扱ってくれましたが、細部は緻密で大きな矛盾も見当たらない。前巻の内容と絡めて展開する辺りは上手いと思いましたよ。2巻の時点から今回の話も予め視野に入れて書いていたようですね。


時間移動というダイナミックな展開で魅せてくれた分、キャラの掘り下げやラブコメ部分はあまり印象に残りませんでしたが、二葉はやっぱりおいしいポジションに。2巻の騒動はただでさえ大変でしたが、あの時二葉は人知れずさらに大変なことになっていたのかと思うと…。その大変さを表に出さない彼女はやっぱり素敵ですよ。


そしてプチの登場にも驚きました。超能力を持って生まれることは本当に不幸なことなのか…?ドタバタとやりつつ、物語の核心に迫っていく匙加減も上手い。
何よりプチ可愛いよプチ。
与四郎との会話には癒されるものがありました。


ライトな語り口は維持しつつ、1巻、2巻、3巻と少しずつ方向性を変えたラブコメで楽しませてくれます。
段々と安定感も増してきてこの調子なら4巻も安心して買えそう。
与四郎(作者)が自己紹介を「飽きた」と言ってしまう等、何となくあと1、2巻で完結しそうな雰囲気もあるのですが、どうなるでしょう。



↓クリックしていただけると励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。