スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第10話 「終幕」 感想

銃弾の行く先






とうとう悲劇が…。
『Phantom ~Requiem for the Phantom~』第10話「終幕」の感想です。


ここ2、3話のクロウディアはどこからどこまで計算して、どの程度臨機応変に動いているのか分かりにくい部分があったのですが、サイスに勝つには玲二を意思のある殺人者に仕立て上げなければならないと踏んでいたようですね。相手を殺したいと思う強い衝動が必要だと。

そのためにパスポートをちらつかせて自我を取り戻させてみたり、選択肢が無いに等しい問いを突き付けて自分の側につくように仕向けた。玲二とエレンがいかにも逃げ込みそうな初めに訓練していた廃墟、あそこを敢えて捜索しなかったも、二人の逃避行や、後にエレンがサイスに奪われることを想定していたからなのではないでしょうか。玲二がサイスに銃を向けるしかない環境を敢えて整えたと。

…というのは私の勝手な推測なわけですが、本当に全て計算通りだったとしたらとんでもない策士ですね。結局は玲二に意思を持たせたことは裏目に出てしまいましたが…。


何も考えず素直に撃てば良いものを、楽しむようにじわじわとサイスを追い詰める玲二。あの目を見るのは何だか辛かったですね…。意思を持つ殺人者も意思を持たないファントムも、狂っていることに変わりはないということでしょうか。

心のどこかでは玲二を頼りながらもサイスに抗えないエレンも…あそこでサイスを庇ってしまうなんて…こちらも見ていて辛かった。


エレンが海に落ちたシーンはとても助からなそうでショックを受けましたが、その後に何発も銃弾を浴びて生きている玲二を見ると、エレンも生きているのでしょうかね。

基本的に鬱な展開で魅せるアニメなので、安易な好転もご都合展開も望んでいませんが、最後には何らかの形で二人の救済が見たいところ。
先の展開も気になりますし、戦闘シーンの緊迫感が戻ってきてくれるのかどうかも気になります。



↓ランキング参加中です。気に入っていただけた方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
初めまして!クラナドアフターの頃から読ましてもらってます。
ソウロニールさんの感想は考察が凄いのでとても参考になってますし、
感情的にも共感できる内容でいつも楽しみにしてます。
これからも頑張って下さい!

10話の内容は悲しかったですね。
憎悪に身を任せる玲二はとても怖かったですが、
それ程サイスに対する憎しみが凄かったんですね。
それがあんな結果を招くなんて…。
死んだ描写がハッキリとは無かったので生きてる事を祈るばかりです。

玲二は予告で確認出来たので生きてるみたいですね。
それは良かったんですけど雰囲気が凄いことに!
髪も伸びて滅茶苦茶カッコ良くなってる!
そのせいか各所で「ホストだ!ホスト玲二だっ!!」とか言われる始末。
暗いオーラも纏ってましたし良くない方向に走ってなければいいんですけど…。
今後も益々目が離せませんね。
■八刀さん、初めまして
考察は妄想交じりの怪しいものがほとんどですが、楽しんでいただけているようで嬉しいですし、とても励みになります、ありがとうございます!
クラナドは途中で感想が止まってしまってすみませんでした(汗

今週の展開は衝撃的でしたし悲しかったですね…。
サイスへの憎しみを強めてしまったのもクロウディアの思い通りでしょうし、玲二がもっと彼女に抵抗できていたら…と思うと悔しいです。

玲二は自暴自棄になったり気力を失ってしまうのではないかと心配ですし、たしかに目が離せませんね。
しかしホストとは(笑
イケメンだし演技力もあるし案外向いてるかも…?
この10話は5話に並ぶほどの鬱展開だったと思います。
5話で玲二が罪無き母子を殺した時はあまりの辛さに視聴を断念しようかと思ったほどですが、この話も見ていてとても凹みました。
でも俺もソウロニールさんと同感で、玲二があんなに撃たれて生きているのならエレンもきっとどこかで生きていると信じたいです。
EDでエレンが日本らしきところでどこかの学校の制服を着ているのが気になっています。
玲二と日本へ逃れてくるのでは?と思ったこともありましたが、いまは日本で二人が再会するという展開に期待したいです。



■murakumoさん、コメントありがとうございます!
10話は悲劇的でしたよね。
玲二もエレンも見ていて辛すぎました。

>EDでエレンが日本らしきところでどこかの学校の制服を着ている

そう言えばそうですね。
今まではイメージ映像的な何かかと思ってスルーしていたのですが、玲二も記憶を取り戻しましたし実際に日本に行く展開もあるかもしれないですね。
そこでエレンと再会する展開なら、たしかに楽しみです。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

あぁ・・・なんという展開
暗黒街で相次いで発生したマフィア幹部暗殺事件。その影で囁かれる謎の組織『インフェルノ』と組織最強の暗殺者である【ファントム】の噂…。1人旅でアメリカを訪れた少年は、偶然にも【ファントム】に遭遇。その正体は、自分と歳が変わらない少女だった!それまでの過去を
Phantom~RequiemforthePhantom~の第10話を見ました。KOKIA/KARMA第10話 終幕「殺し屋でも人形でもなく、君が君として生きていくため」として、玲二はアインに“エレン”と名づける。どこまでも2人で逃げようという玲二だが、インフェルノに、エレンはサイスに捕らえら...
「奴がいたんですね…どこです、サイスは?」 君と約束・・・君の笑顔・・・ エレン(アイン)を取り戻すために、サイスを殺す決意をした玲...
  第10話「終幕」玲二はインフェルノの手に、エレンはサイスの手にそれぞれ落ちてしまった。クロウディアの説得もあり、玲二はサイスを殺す事を決意する。組織に対し身の証を立てるため、いや、何よりもエレンを解き放つために。サイスはロシュネンコという武器商人の...
 ツヴァイが格好良かったり、怖かったり。途中から意外ですがありがちな展開に・・・。これからどうなるのでしょう。
呪縛と希望、迷いの果て。
「二人の運命」
[アニメ感想]Phantom ~Requiem for the Phantom~ 第十話「終幕」 今日は予定よりも早めに仕事が片付いたので10話目もレビューしようかと。 ファントム第10話です。 終幕というタイトルのとおり、第1章が終わります。
一発ではあんたらと喧嘩することは出来ない。だがサイス1人を殺すのには事足りる。 リズィの信用を得る為に弾薬を捨ててサイスを追う部隊に...
うあああああああああああああああああ ああああああああああああああああああ ああああああああああああああああああ アインたんがああああああああ~!!! なぜそこまでしてサイスをかばう… サイスをかばって玲二の銃弾を浴びたアインたんはそのまま海へ…...
エレンを取り戻すためにも玲二はサイスの暗殺に向う。 信用できないと言うリズィに、玲二は銃から1発だけ残して銃弾を捨ててみせる。 一発...
 Phantom  ~Requiem for the Phantom~  -キャスト-  アイン:高垣彩陽  ツヴァイ:入野自由  キャル:沢城みゆき  クロウディア・...
Phantom~Requiem for the Phantom~Mission-2 [DVD]クチコミを見る 「殺し屋でも人形でもなく、君が君として生きていくための名前」 そう言って玲二はアインに【エレン】と名付けた。このまま二人でどこまでも遠くへ行く、はずだった…。しかし、玲二はインフェルノの手...
第10話「終幕」 うーん、なんという……。これで何もかも失ったと思ってしまうだろ
エレン--------。その名で呼べば、彼女がどんな顔をするのか、知りたかった----。だが今は玲二は今はクロウディアに従う者。そしてエレンはサイスの元へ・・・。だがついにサイスの居場所を見つけたインフェルノ。「奴がいたんですね、どこですサイスは---------」その頃...
なんかツヴァイがすっかり人が変わってしまってるんですがw 優しい玲二はどこ行っちゃったんでしょうか(ノ∀`*) アインの笑顔のために、...
初めての明確な殺意で変貌するツヴァイ これが今までは命令されるがままに動いているだけで発現しなかったツヴァイの真の才能でクロウディ...
エレン=アインを解放するために、玲二=ツヴァイはサイスを殺す決意をするのでした。クロウディアに説得されて、ツヴァイは初めて自らの意志で人を殺す決意をしました。自らの手でサ...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。