スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊 -零- 第3話 「邂逅砌(かいこうのみぎり)」 感想

garei3-1


神楽「嫌いなものは…ピータン…」

ちょ、待て、違うアニメだろこれ絶対






そう錯覚するほどの雰囲気の変わりっぷり。前話までとは打って変わって、バトル分少なめ、黄泉と神楽の日常を丁寧に描いてきましたが、これはこれでとても良いですね。神楽が亡き母を想って泣くシーン、前話まで振りが一切無かったにも関わらず、こちらも泣けてきました。

3話にしてようやく過去の回想に入り、方向性も定まってきた感じです。黄泉と神楽のダブル主人公体制ということになるのかな。インパクトだけで突き進むのではなく、物語もしっかり描いてくれるようで、安心したような物足りないような複雑な気持ちです。

どこか内気な神楽と、明るく世話好きの黄泉。2人の様子は見ていてとても微笑ましいのですが、いかんせん1話2話の展開を知っているだけに辛いものがあります。何だかどんどん高いところへ登っていくような…。高ければ高いほど景色も良くなりますが、恐怖感も増してくる。落ちることがわかっているので、なおさら…。

この平和だった頃を見てしまった以上、このアニメを黄泉の単なる復讐劇とするのではなく、その後にしっかり彼女が救われる展開を描いて欲しいと切望してしまいますが、どうなるでしょう…。

黄泉はここからどうして闇堕ちしてしまうのでしょう。環境省のファイルの写真に写っていた少年が、やはり絡んでくるのでしょうか。冒頭の神楽の母が亡くなるシーンで、またしてもあの青く光る蝶が映っていたのも気になるところ。悲しいことに公式HPも一新され、防衛省の特戦四課の再登場は可能性がかなり低くなりましたが、少なくとも黄泉はトオルとは出会っているはずであり、そこにどういう関わりがあったのかも興味があります。

ところで、黄泉の養父の諌山奈落ですが、退魔師の会議では威厳たっぷり、黄泉たちには優しい顔を見せるが厳しくすべきところは厳しく…と、なかなか好感の持てるオヤジです。しかし何となく死亡フラグ立ってるように見えるのは気のせいでしょうか…。

今回、改めて1話2話のインパクトはすごかったのだなと感じました。今週の話は普通のアニメで言うところの第1話に相当すると思うのですが、これを普通に第1話として放送されていたら、個人的にここまで注目しなかったんじゃないかなと思います。やられたなと思いつつもすっかりハマってしまっています。



↓ランキング参加中。クリックしていただけると管理人が喜びます。
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
 どうも初めましてです。

>やられたなと思いつつもすっかりハマってしまっています。

 全くですね…順序をふまないというのはとてつもなく奇手の様な気もしますが、この作品については…なんであんなことになってしまったのかという過程を描くのにとても効果的に作用していますね。

 それでは。
サトシアキラさん、はじめまして。

先の結果を知っているのといないのとでは、平凡な日常シーンの見え方がこんなにも変わってくるのですね。平和であればある程見てる方は切なくなるという。本当に効果的ですね。
原作だと黄泉が堕ちる前の性格とかは詳しく描かれていないので、黄泉が明るい性格だったというのは意外でした。

それにしてもあの2話の後のこの3話で涙することになるとは思いも寄りませんでした。
前に原作と違うところがある……と自分は書きましたが、もしかしたら原作とはあまり違いがないのかもしれません。3話を見てそう思いました。

個人的に言わせて貰うと、登場人物の中のかなりの割合に死亡フラグが見え隠れ(笑)
でも確定的でないので自分としても今後が楽しみです。
阿弥陀さん、こんばんは。

他の感想サイトさんの情報で知ったのですが、どうやらアニメは原作の過去の話をやるようですね。

>前に原作と違うところがある……と自分は書きましたが、もしかしたら原作とはあまり違いがないのかもしれません。3話を見てそう思いました。

たしかに、インパクト重視だった1話2話と、今週の雰囲気はかなり違いましたからね。3話のこの感じが本来の雰囲気なのかもしれませんね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

風呂入るぐらい仲の良い二人が・・・ あらすじ 諫山黄泉の家で養われることになった土宮神楽。 最初は緊張していた神楽だが黄泉の明る...
公式サイトが刷新されて、以前のサイト(特戦4課が主役)が視聴者を騙すシカケであることがはっきりしましたが、今回のサイトは信用でき...
「じゃ、姉妹になろうか」 二人の出会い… 霊獣・白叡をその身に宿していた神楽の母が、怨霊の手によって死んだ。 次は、黄泉の父が白叡を...
 喰霊 -零-   第03話 邂逅 砌 -かいこうのみぎり- 感想  -キャスト-  諫山黄泉:水原薫  土宮神楽:茅原実里  飯綱...
4課の存在はなかった事にw HP見たら吹いたww 結局何だったんだww では喰霊感想です。 喰霊 ~追儺の章~ (角川コミックス・エース 160-8...
喰霊-零-  前回のラストシーン……黄泉と神楽のやりとりを斬られる音がして暗転……まだ2人が仲良かった頃の話へ―― 『episode 03 邂逅砌 -かいこうのみぎり-』  黄泉と神楽の邂逅。神楽はこの頃、まだ表情が少ない少女だったんですね。それに構ってあげてる黄泉が...
1話2話とは大分変わり。1話2話共に人が死ぬ描写とかが必ずあり、重苦しい雰囲気を醸しだしていたのですけれども 第3話ではそういう描写もなく...
第3話「邂逅砌(かいこうのみぎり)」   やはりスタッフに騙されたのかーーー!コ
黄泉と神楽の出会い。 初めは仲良し。 一体どうして、あんな悲劇を招いてしまったのか。 とはいいますが、1話2話とはうって変わって人が死に...
本編とは関係ないけど、喰霊公式サイトで四課の存在が抹消されてて泣けた(つ∀`) あれだけ大々的に主人公とされておきながらこの扱いは酷...
 …あれ?ひょっとして…すんごく面白い?この作品ってインパクトだけじゃない、きっちりと魅せてくれている。完全なダークホースだ。原作ファンからみれば失礼な扱いだったかも知れないが…
四課の特務小隊完全に終了wwww 今週は先週出てきたキャラの過去話で、あのメンバー中心の物語構成らしいことが判明。 公式サイトでも...
「三年前のあの日、私は 悲しみにくれる少女に出会った」 「それは 篠突く雨が 煙る午後――」 今回はまた時間が戻って黄泉と神楽の過去...
「どうして・・・?黄泉おねえちゃん・・・」 あれ?死んでなかったの? 「私を・・・姉と・・呼ぶなっ!!」 死ぬの?どっち!? ...
黄泉の刃の前に神楽ピンチの第2話から、時代は遡り二人の出会いの物語へ遡る「喰霊-零-」第3話。ギミックな構成のみ追及しているのではないことがわかり、ひと安心。 公式サイトも連動してすっかり様変わりして明るくなっているが、楽曲情報の統制や次回予告がないこと、...
「あっ、これナブーさんとナブーさん」 「ナブー、はじめまして」 「ナブーもはじめまして」 「双子の兄弟だ。どっちかが兄貴のナブーでど...
「ピータン」 1話、2話ともにバッドエンドだった本作品。第3話にして明るい感じになりました。黄泉と神楽は昔仲が良かったんですね。母親を失った神楽を引き取って姉代わりだった黄泉、なのに何故悪霊になってしまったのか気になります。ウェブラジオを聞いてみたんです?...
 第3話 『邂逅 砌 -かいこうのみぎり-』    え~そろそろ感想記事の間引きをしょうかと・・・、 この作品は、面白いのですが、 非常に見...
「勝とうが負けようが、 ?褒められたら素直に喜べばいいの!」  【ストーリー】 諫山黄泉に鵺で捕らえられた土宮神楽は黄泉を「どうして……黄泉お姉ちゃん」と呟く。 「私を……姉と、呼ぶな!」 黄泉は怒りを身につけ、剣を振るった。 3年前、土宮神楽の母?...
凄いマンガを探しています20代後半の男です。以前からいろいろなマンガを読んできたのですがまだ見ぬ名作を探しています。週間少年ジャンプ、マガジン、サンデー、ヤングマガジン、ヤングジャンプは20年くらい毎週見ています。それ以外で読んだマンガは、寄生獣、鋼の錬金...
第3話 「邂逅砌(かいこうのみぎり)」 今回は黄泉と神楽の出会いのお話でした。 お姉ちゃんと呼んでいましたが、神楽と黄泉とは血縁関...
出会い。
喰霊-零- 第3話「邂逅砌(かいこうのみぎり)」    物語は一転。神楽と黄泉の過去話へ。  黄泉が良いお姉ちゃんしてました。ほと...
※画像有り。ネタバレ注意 相変わらず各所で話題が尽きない喰霊。公式サイトで始まったラジオを聞く限り、どうやら原作の過去話で確定みた...
運命による巡り合わせ。
いいねえ、理想的な姉妹百合な展開を当たり前のようやってくれてサ喰霊(1)そんな感じで今回はにやけっぱなしで、でも泣いた(笑)とりあえずこの義理姉妹、ツボすぎてやばいっす。どうすればいいんだ?こんな最高な展開が待っているとは思わなかった。それでいてまたま...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。