スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月終了アニメ 銀髪キャラまとめ

この記事を書くのも3回目、そろそろ恒例と言っても差し支えないでしょうか。今期終了アニメの銀髪キャラ(女性限定)を知っている範囲で集めてみました。






ユギリ・プリネシカ(神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS)
銀髪 プリネ
1期を見ていなかった私にとって、久々にど真ん中ストライクの銀髪キャラ。無口で儚いタイプですが意外に激情家な一面も。毎回必ず顔を出すなど、作中の扱いは悪く無かったと思います。


フェリ・ロス(鋼殻のレギオス)
銀髪 フェリ
冬~春の2クールにわたりメインで活躍してくれました。銀髪キャラらしく基本的に冷静を装っていますが、意外に感情が表に出るタイプでもありました。戦闘でもラブコメでも見せ場が多かったですね。レギオスは彼女目当てで視聴していたという方もちらほら。


水戸ましろ(タユタマ)
銀髪 ましろ
普段は淡い茶髪なのですが戦闘モードになると銀髪に。神秘的な感じが伝わってきて良かったですが、メインヒロインのわりにあまり優遇されていなかった気も…。ロリにもなれたり獣耳属性にも対応していたりと欲張りな設定のキャラでもありました。


哀音(アスラクライン)
銀髪 哀音
無口・無表情な様子が銀髪に良く似合う…と呑気に喜んでいたのですが、まさかその裏に悲劇的な理由があったとは…。
1期最終話は結構ショックでした。


カヤ(夏のあらし!)
銀髪 カヤ
非常に奥手で礼儀正しいドイツ人。日本人以上に大和撫子。
そう見えないのはきっと目の錯覚。


シズカ(クイーンズブレイド)
銀髪 シズカ
銀髪ではありますが特にクールでもミステリアスでもなく、むしろノリノリといった感じのキャラでした。
あまり琴線には触れませんでしたが目立っていたので載せておきます。


イルマ(クイーンズブレイド)
銀髪 イルマ
銀…髪…?ちょっと怪しいですが、褐色の肌との組み合わせというのは珍しかったので載せておきます。
余談ですが、彼女のエピソードはMXで見たのですが光と影のイリュージョンで何が起きているのかさっぱり分かりませんでした。


女王アルドラ(クイーンズブレイド)
アルドラ
やはりこういうラスボスに近いポジションに銀髪というのは映えます。
1期では顔見せ程度でしたが2期での活躍はあるでしょうか。


◆番外編…?

アレイン(クイーンズブレイド)
銀髪? アレイン
エルフの森の戦闘教官。銀髪と言って良いのかどうか非常に怪しい感じなので番外編ということにしておきます。
個人的にはかなりツボに入ったキャラ。厳しい表情と、そこに押し殺した感情が滲み出る様子が素晴らしい。



意外に人数多かったですね。中でもクイーンズブレイドから多数登場。もし感想書いていたらかなりカオスなことになっていた気がします、アニメの内容もアレでしたし。

今回は敵サイドで存在感を発揮する銀髪キャラは少なく、メイン/サブヒロインとして活躍するキャラが目立ちました。銀髪好きとしては見所の多い1クールでしたよ。


ただ今回改めて思い知りましたが、一口に銀髪と言っても色々あるなぁと…。白に近いもの、青や紫が混じるもの、金に近いもの…。銀にも見えるけど微妙というキャラも多く、どれを載せるべきか悩みました。この特集も3回目ですが、「銀髪とは何か」という根本的な問いに思いがけずぶちあたってます…。

まぁ基本的には銀髪好きの本能と直感を信じると言いますか、画面を見て「おっ、これは良い銀髪」と思ったらこれまで通りチェックして追いかけていこうと思います。


夏アニメでは今のところ「よくわかる現代魔法」の弓子に期待しています。あとは戦ヴァルのセルベリアも活躍してくれるでしょう。イーディーの出番も増えてくれると嬉しいですが、今の調子だと望み薄のような。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■ソウロニールさんこんにちは
まさかクイーンズブレイドから4人もチェックしているとは、流石ですな(笑)
今期は若干不作でしたかね。見た目だけなら一番上の子が、知っているキャラでは哀音が一番かな。

今から考えるとストライクウィッチーズには一度に二人も、それも作品内でも良いエピソードで見せてくれたキャラコンビがいたので豊作だったんですね。クイブレは4人とは言ってもキャラ描写よりもエロ描写が多いのでキャラの雰囲気自体は弱いですからね。
■ムメイサさん、こんばんは!
>まさかクイーンズブレイドから4人もチェックしているとは

自分でも「まさか」という感じでした(笑
意外なところから意外なキャラが出てくるものですね。

>今期は若干不作でしたかね

プリネやフェリが頑張ってましたし、私はそれほど不作とは思わなかったんですけどね。前期・前々期はもっと地味でしたから(泣
哀音も良いですよね、台詞は少なかったですが存在感がありました。

そうは言っても、やっぱりエイラ・サーニャに匹敵するキャラはなかなかいません。
おっしゃる通り個別のエピソードもキャラ描写もあり、しかもコンビですからね。
単体でも十分可愛いというのに。
もはや偉大ですよあの二人は(笑
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。