スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲 -Saki- 第14話 「存在」 感想

影からの奇襲






これはまたすごい打ち手が現れましたね。
『咲 -Saki-』第14話「存在」の感想です。


存在感の薄い人はもちろん現実にもいますけど、目の前にいてしかも大事な試合で対戦しているのに存在を忘れられてしまうほどとは…。それを活かして捨て牌の存在も消したり人知れずリーチをかけたりと、もう常識外れの麻雀を展開。幽霊のように姿が現れたり消えたりする様子は軽くホラーです。


桃子は元々は孤独で、他人と関わることを諦めてしまったような少女だったようです。誰にも見てもらえないということは、ほとんど生の実感を得ることすら難しかったのではないでしょうか。大きすぎる寂しさや虚しさを抱えながらも、その欠点を逆手にとり麻雀に活かす…前向きなエネルギーとともに何か哀しさのようなものも感じます…。


そんな桃子を「見つけた」のが加治木でしたが、麻雀部に誘う段階では桃子の能力を麻雀に活かそうといった打算は一切無かったのですね。「あなたは私を見つけられない」というメッセージから言い知れぬ孤独を感じ取り、放っておくことができなかったのでしょう。桃子が部に入ったのは、加治木のそうした純粋さが届いたからなんですよね。百合的な見所だったのかもしれませんが、普通の友情物語としても良い話でした。


回想シーンは長く、同じシーンを繰り返すなど少しテンポが悪いようにも感じましたが、二人のエピソードには1話費やす価値があったとも思います。
焦点をぶれさせずに丁寧にやってくれた点は良かったのではないでしょうか。


桃子の存在には透華だけでなく深堀さんも驚いていましたが、和だけは動揺した様子もなく。もしかすると和にはステルスが通用していないのでしょうか?普段ネット打ちばかりだった和は、対戦相手の存在を掴む感覚が他の人と違うとか。逆に、桃子が上がったあの場面でもまだ存在に気付いていないとかだったらすごいですけど。

透華はデジタル打ちを崩してまで和のパーフェクトゲームを阻止するなど見せ場も作りましたが、結局は桃子の餌食に。目立つことが信条の透華にとって、目立たぬことを武器にするというのは理解の範囲を完全に越えているのでしょうね。先週書きそびれましたが彼女の「いらっしゃいまし!」はツボです。笑えるだけでなく普通に可愛いキャラのような気がしてきました。


後半戦は桃子のステルス打ちが猛威を振るうのか、透華や和の反撃があるのか、どちらにしても楽しみです。予告を見ると大将戦にも突入していきそうですね。



↓クリックしていただけるとやる気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

 純粋な気持ちからくるナミダに弱いんですよねー、自分。
金曜から強制的に旅行に行かされてしまい、途切れ途切れの更新になってしまいましたが、今日から復帰です。 「ここからは、ステルスモモの...
いらっしゃいましステルスモモ! やっとステルスモモのネタバレができるぜ! かじゅモモ最高っすよ! もう麻雀考察なんてどうでも(ry では...
スーテールースーモモだー! 三 (/ ^^)/ 今週は目立つ!という事に特化した透華のターンかと思いきや、目立たない!という事に特化したモモ(桃子)にスポットが当たる...
原村和と龍門渕透華の対局も前半戦オーラス。 本来のデジタルの打ち筋が持ち味の透華は、 そのスタイルを崩す無謀とも思えるリーチで上が...
生徒 「教授。人間の存在が消えることはあるんですか?」 おーつき教授 「あれはプラズマです!」 生徒 「つまり、光の屈折に...
「存在」を見ました。 幽霊部員の桃子の登場です(笑)
気配のない少女。
[関連リンク]http://www.saki-anime.com/第14話 存在覚醒した和…いやのどっちそして半荘中、和以外誰も上がれていない果たしてこのまま終了してしまうのか。パーフェクト一歩手前しかしオー...
ステルス発動―
   副将戦は強者揃いで、各高なかなか和了れず手堅い手が続く。  そんな中、抜け出したのは和。  気づいたら前半戦終了間際、和のパファーフェクトゲームで現在も進行中。     和のパーフェクトゲームを阻止しようと燃えまくる龍門渕透華。?...
咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)(2009/03/25)小林 立商品詳細を見る 東横 桃子を中心に鶴賀学園チームの百合ドラマが描かれていた回です。麻...
ステルス機能はこれからが本領発揮のようでして。
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。そんな和の快進撃に、龍門渕透華が立ちはだかる。高得点の和了りで和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、このまま波に乗って連荘を目指すそうとするのだが……。 ...
のどちゃんのパーフェクトゲームなるか!? パーフェクトってどんなのだろう? のどちゃん、エトペンをナデナデしてるw機嫌がいいみ...
「ここからは、ステルスモモの独壇場っすよ!」 リーチの気配だけならともかく捨てた牌すらも感知させないとかこの能力は強すぎだろ^^; ...
「ここからは、ステルスモモの独壇場っすよ!」 ようやく、モモの素顔が拝めました^^ 原作の3割り増しで可愛いかったのでファンの方々...
和のパーフェクトを阻止し逆転に転じる透華。 透華アバターの槍がのどっちのATフィールドを破ります(笑) しかし、その横でこっそりと桃...
県大会副将戦、前半戦のオーラスでトップを取った透華に主役が移ったのもつかの間、今まで気配を消していた鶴賀の副将ステルスモモが見せ場(透華には見えていないけれど)をさらった「咲-Saki-」第14話。いつもながら打ち手のペースにシンクロするように、キャラクターの...
アニメ 咲 -Saki- 第14話 「存在」 咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD](2009/07/15)植田佳奈小清水亜美商品詳細を見る 透華覚醒した~!! だけどこれってさ...
存在 また百合か・・・!! 前半戦で和しか上がらないというパーフェクトゲームを実施しようとしたが、透華は自分がより目立ちたいという理由でデジタル思考を放棄。賭けに出た結果、和からでかい点数を奪い取る。その結果遂に龍門渕が逆転し、トップ...
 存在感がないなんてレベルではありませんね。消えるって…。これが本当の幽霊部員?
ステルス桃子、本領発揮!! 桃ちゃんが予想以上にかわゆく描いてあって大満足。 ゆみとあんだけ百合百合だったとは。 部員不足に悩んでいた鶴賀学園。 やっと見つけた仲間。 ゆみは何が何でも麻雀部に迎え入れたかったんですね。 教室まで乗り込んでいったものの...
かじゅもも!
降臨、ステルスモモ!! そして新たな百合がww
 咲 -Saki-   第14話 存在 感想   実際に見えなくなるのがすごいw   -キャスト-  宮永咲:植田佳奈  原村和:小清水亜...
副将前半戦もオーラス。ホットモードの和に対してクールモードに 切り替わったように見える透華。 和のパーフェクトを阻止できるのかアニメ...
マイナスの存在感どころか・・・ステルスモモの独壇場! な咲-saki-第十四話。
「ここからは、ステルスモモの独壇場っすよ!」 というわけで、目立たないモモが目立ちまくりのまさに独壇場でしたw
アニメ「咲-Saki-」第14話の感想です。 副将戦前半もオーラス。 和のパーフェクトゲームを止めようと透華が躍起になります。 雀牌が燃えとる...
全国大会県予選決勝・副将戦も中盤!( ゚∀゚)o彡゜ のどっち覚醒で前半戦、一半荘を完全試合にて終わらせようとするも、へんなひと、じゃな...
「ここからが本番ですわよ、原村和!」 その言葉通り、和のパーフェクト勝ちを阻止して逆転します。 のどっちもピンチ!? しかし、その横...
                        ,. --―-- 、                    r---l>'            rヽ.  ,-...
 私は、君がほしい!      私が一番好きなキャラ、ステルスモモがきたあ!  原作ではこのモモの回想場面が一番印象に残っていますね...
微熱でエンジェルモードへ突入した和と 怒りでデビルモードに入った透華による後半戦。 個人的には以前、意味深に副将と大将の実力を示唆してた敦賀が そろそろナニカしてくれそうで楽しみだった、咲『存在』。 まさかそんなキャラだったなんて…! 咲-Saki- 2 初回限定版...
透華に大した見せ場もなく副将戦が終わるなんてこと、ない・・・よね?
「それでも!それでものどちゃんなら、 のどちゃんなら後半やってくれるはず!のどちゃんなら!!」 ■元ネタ ※管理人は麻雀の知識は...
あなたには私を見つけられない!
 第14話 「存在」  公式ホームページからあらすじ・・・   和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。 そんな和の快進...
咲-saki- 第14局存在 桃子・・龍門渕に戦線布告! 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/200907/article_6.html ...
マイナスの気配 咲 -Saki- 第14話「存在」の感想です。
咲 14話 感想 ステルスモモの独壇場っすよ!
鶴賀学園の思わぬ伏兵、東横桃子のステルスモードが炸裂するお話でした。前半戦は、和の一人勝ちで終わろうかとしていた副将戦。それに待ったをかけたのは、和よりも目立ちたいという...
今回はステルスモモの回ですね~ 私は君が欲しい はぁ~わたしも言われてみたいです
「私は、君が欲しい!」  こやつら、マリみてだったら絶対スールになってるよ。
★★★★★★★☆☆☆(7) 和のパーフェクトゲームを阻止する強引な倍マンツモから 流れは透華の物になるのかと思いきや、 遂にその姿...
咲 -Saki- 5 (ヤングガンガンコミックス)小林 立 by G-Tools もうチートな影の薄さ あとモモって案外・・・
ついに、原作でも大人気のステルスモモが初お目見え! まぁ、今までもところどころに出てましたけどねw
博士「この存在を社会的に抹殺したいwww」助手「中の人のネタとこじつけるなwww」...
「私は君が欲しい!!」  今回良かった~。桃子の想いにもう涙が止まらなくて…。
第14話『存在』咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]今回は、桃子のターンでした。
まさか先週の記事で目立たない目立たない言ってたキャラがあんなに可愛いなんて!! 今回は東横桃子の回。桃子は存在感が超薄いんで、周...
副将戦も佳境です。桃子がやっとちゃんと登場 他にも相変わらずよく動く透華とかいろいろ十四局 ※マンガ原作を読んでアニメを見ておりま...
前回で点差的にはぶっちぎりという訳ではないが、着実な上がりで一人上がりののどっち。他の3人がヤキトリ(一度も上がってない事)という完璧な流れ。OP前から、アホ毛突き立てライバル心むき出しの透華。 そろそろOP変えて欲しい実況民。18 名前: ワールド名無し...
モモコさん、公式サイトのキャラ紹介がやっとみれるようになってた。ノドカがパーフェクトゲームを達成しそうになる。ノドカはベタオリをすると、トウカさんが、リーチをかける。トウカは、普通なら、ヤミテンをするはずだが、リーチをかける。ただ目立つためだけにリーチ...
トウヨコモモコさんついに、ついに顔を見せる。 モモコは、「ここからは、ステルスモモの独壇場っすよ。」という。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。