スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANAAN 第2話 「邪気乱遊戯」 感想

相変わらずハイレベルな映像に惹き込まれます。
人間関係も徐々に整理されてきました。






『CANAAN』第2話「邪気乱遊戯」の感想です。


先週はカナンのしなやかなアクションと銃撃戦で魅せてくれましたが、
今週は何と言ってもカーチェイスが見応えありました。

タクシー運転手は中田譲治さんだし、BGMはチャイナの歌だし、敵の爺様もイッちゃってる感じでかなりハイテンション。映像自体の迫力とスピード感も良かったですが、荒唐無稽なハリウッド映画のようなノリが楽しくアドレナリン大放出でした。

アクションの中でもメリハリがついていて、カナンが登場してからはグッと締まりましたね。バスの屋根の上、銃撃戦と言うよりほぼ肉弾戦という接近戦は緊張感があり、その中にあっても表情を崩さないカナンのクールさに痺れます。


勢力関係は1話時点ではややこしく思えて心配でしたが、今回青あざの老人と“蛇”が繋がっていたことで少し整理されました。

武装組織“蛇”のアルファルド、リャン・チー、カミングスらが、青あざの男たちを駒として使っている。カミングスの発言からすると共感覚者を人工的に作っているのかもしれません。先週も青あざの男が被り物をして登場しましたが、大方“蛇”の人体実験から逃げてきたというところでしょう。

“蛇”への対抗勢力としてカナン、夏目がおり、巻き込まれる形でマリアたちがくっ付いていると。

取り敢えずはこの二項対立だけ分かっていれば混乱することは無さそうです。


微妙なのがハッコーとサンタナですが、仮に“蛇”から逃げてきた青あざの男を保護しようとしていたと考えると、“蛇”に敵対する勢力なのでしょう。カナンたちと共闘関係になるか第3勢力として絡んでくることになりそうですが、早速ハッコーがマリアたちに接触しましたし来週明らかになるかもしれません。


原作は未プレイですが、雰囲気から察するに、カナンとマリアの出会いやウーアウイルスについては恐らく原作ゲームの本シナリオの話なのでしょうね。ボーナスシナリオをアニメ化したという本作の中では詳しく語られないのかもしれませんが、今のところ話にはついていけていると思うので特に不満はありません。


ストーリーにも興味はありますが当面は映像美目当てで見続けられそうですし、銃撃戦にカーチェイスに肉弾戦と、毎回趣向の異なるアクションを用意してくれるとすればかなり楽しみです。



↓クリックしていただけるとやる気が出ます!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いてます

CANAANの感想と言えば比較的『面白いけど物語が良くわかりませぬ』みたいな感想が多いなか、ソウロニールさんの感想は前向きに物語を理解しようとされてるのがとても好感が持てました、
けいおん!や咲の感想でも同様に物語を楽しもうとする雰囲気を感じました、三本とも好きな作品なので余計に嬉しかったりしますw

それでは失礼します。
■ちゃけさん、初めまして!
いつも楽しんでいただいているということで、とても励みになるお言葉です、ありがとうございます!

CANAANはたしかに分かりにくい部分もありますが、そういったまだ明かされていない点について考えるのも面白いですし、一度に全てを語られても興醒めだと思うので丁度良く楽しめています。

まだ2話なのでどう転ぶか分かりませんが、徐々に謎が明かされて盛り上がるような展開になってくれると良いですね。

「けいおん!」も「咲」も好きな作品なので、その好意的な気持ちが伝わってくれたとしたらこちらも嬉しいです。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

蛇からの刺客。
チャイナでハイテンション♪ すぎです(笑) 敵も味方(?)もテンション高すぎ! カナンは普通? 身体能力は超人ですけどね(^^; ア...
肉まん詐欺だーΣ(・∀・) あのチャイナ娘は活躍するんでしょうか? 今回もアクションがカッコよかったですね! カナンもアルファルドも...
ここは、あまりにも本館からTBがお返しできない為に設置した別館です。いつもTBを送って頂くのに本館からお返しできない場合に、こちらから返信させて頂いてます。なお相互リンク先サイト様に限っては、このブログを使って、こちらから送らせて頂く場合もあります^^T...
CANAAN 公式サイト 『邪気乱遊戯』 脚本:岡田麿里 演出:浅井義之 絵コンテ:安藤真裕 作画監督:吉田優子 CIAの手から逃れたアルファルド(坂本真綾)。彼女が率いる組織“蛇”と、カナン(沢城みゆき)の因縁とは。 ■天敵 リャン(田中理恵)とカミングズ(大川透)が向
記事はこちらhttp://anime-suki.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/canaan2-9408.htmlトラックバックは本館へお願いしますhttp://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210189/45605668
CANAAN【1】 [Blu-ray](2009/10/21)沢城みゆき坂本真綾商品詳細を見る 少し遅れましたがCANAAN第2話の感想です。 前回に続き、アクションシーンは綺麗で...
序盤から意表をつきまくりな展開にテンションが上がります。 o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪ アルファルドの脱出劇はある程度順当な展開かなという気がしましたが、カナン...
閉鎖された渋谷…すべてはあの2年前の事件がきっかけでした。舞台は新興都市上海、1人の少女と狂い始めた歯車に翻弄される人々のサウンド...
前回に引き続き、相変わらず何がなんだかわからないのですが、なぜか面白いです。(^^;CIAに拉致された"蛇"と呼ばれる組織のボス・アルファルド。そんな彼女を救うために、彼女の部下...
出だしは、リャン・チー(田中理恵)のヘリコプターをつかった戦闘シーンからはじまった。そして、サンタナさんが電話でだれかに謝る。ハッコー(ノトマミ)といちゃついてる。ミノルは、カナンの写真をみてる。カナンとマリアは友達らしい。前回死んだ人は、「ウーワ」と...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。