スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわかる現代魔法 第2話 「wizardry」 感想

普通にやればこれが第1話?いまいち盛り上がりに欠ける展開でしたが…。






『よくわかる現代魔法』第2話「wizardry」の感想です。


こよみが姉原美鎖と出会う話、ということでこれが本来の1話なのでしょう。何の取り柄も無い自分を変えたくて魔法を学ぼうと思ったと。導入としては分かりやすくて良いのではないでしょうか。

ただその後の展開は地味で、いかにも小者という感じのアイドルプロダクション関係者を魔法でこらしめるだけ。魔法のエフェクトもあまり迫力が無く、盛り上がりきらないのでギャグシーンとのギャップもいまひとつ、タライもそれほど笑えませんでした。魔法のエフェクトやギャグについては0話、1話は良かったと思うので、今後調子を取り戻してくれることを期待したいです。


そう考えると、1話で幼女弓子のサービスシーンや派手な魔法戦闘などで視聴者を引きつけたのはメリットがあったかもしれないですね。構成上ストーリーがぶつ切りになってしまうのはデメリットでもあると思うので、トータルで良い効果があったかどうかはまだ判断できませんが。


プログラムで現代魔法を発動させるという設定はなかなか面白いです。高度に発達した科学は魔法と区別が付かないと言いますが、正にそういうことのようでした。デーモンというのはプログラムのエラーか、あるいはウイルスのようなものなのでしょうかね。街全体のコードがおかしくなっているというのも興味深い謎。こよみが極端に魔法の才能が無い(ように見える)ことと関係あるのでしょうか。


次回はまた弓子が登場しそうで楽しみですが、前回幼女バージョンを見てしまっているので新鮮味には欠けるような…このあたりも1話のインパクトを重視した弊害でしょうか。まぁ見る前からあまり心配しても仕方が無いので楽しみにしておきます。嘉穂も面白そうなキャラなので期待。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

 こよみと弓子の出会いです。やはり弓子が出てくると面白いですね。今回も穿いていないのが気になりますけど……

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。