スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわかる現代魔法 第7話 「voodoo programming」 感想

薄味でしたが、これまでのように変にひねった展開よりも楽しめました。






『よくわかる現代魔法』第7話「voodoo programming」の感想です。


先週までの過去編は、妙に間延びして緊張感の無いキャラ同士の会話、仮想空間で一人相撲を取っているように見えるこよみ、時系列入れ替えで集中しにくいストーリー構成に悩まされ、いまいち楽しみきれませんでした。

今週はうって変わってシンプルかつコンパクトにまとまった話。
話の筋自体は子ども向けアニメで見たことあるようなもので薄味でしたが、「よくわからない現代魔法」だった過去編に比べれば私はこちらの方が好きです。

素直なストーリーラインが良かったことに加え、特にAパートは落ち込むこよみの心情を見せる演出が丁寧で好感が持てました。劣等感や焦り、上手くいかないもどかしさが良く伝わってくる、これまで見られなかったような鬱描写。タライを見て悲しい気持ちにさせられたのは今週が初めてです。

一連のシーンはBGMも良かったですね。今作は劇中BGMの分野では「とらドラ!」で有名になった橋本由香利さんが担当されていますが、やはり切なさや哀愁を表現する曲に“らしさ”が出ているように思います。

加えて、過去編であまり出番の無かった嘉穂が目立っていたのも嬉しかった。普段から無表情で淡々とツッコミをこなしつつ、こよみに対する優しさは画面からしっかり伝わってくるという、なかなか良いキャラです。


さて、どんなコードもタライに変えてしまう“特殊体質”に悩むこよみですが、魔法によるいかなる攻撃も防御も無効化できるというのはとんでもない武器でもあるはず。弓子や美鎖はその凄さに気付いているようで、あとはこよみ自身が自分の個性を認められるか、というのが一つのテーマになるのでしょう。

今週のベタな話を見ていると、「皆と同じでなくたって、オンリーワンになればいい」というこれまたベタな締めが待っていそうな気がするのですが、それを考えるのはまだ早いか。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
一見さんお断り的になってしまっていた前回までと比べると、評判がよいようで、原作が気に入ったものとしては慶賀の至りです
実はあの「こよみの心情」の部分は原作では第1巻の頭の方にあります。原作でも鬱です。あの感じを出すにはアニメでも鬱なくらいがいいと個人的に思ってたら、本当に鬱にしやがりました。でも、「何をやっても人並みにできない」というのは本当にあんな感じだと思いますね。たぶんなかには笑ってしまう人もいると思うのですが、鬱に受け止めていただいてよかったと思います…って私が言うことじゃないですが(笑)なるほど、言われてみればBGMの効果もあったでしょうかね?とらドラ!でも楽しい部分と悲痛な部分のコントラストがよく効いていてよかったですが…。嘉穂はよかったですね。表情が乏しいのでわかりにくいですが、原作の担当エピソード(4巻)ではさらに思いやりをもって、向き合った相手の心を救うところを見せます。「形から入るのもアリ」というのは、弓子のセリフを聞きながら私も思ったところでした
そしてちょっと見当はずれな特訓(タライを出す特訓としては十分有意義ですが)に「適材適所」という言葉も思い浮かべました。同じことを考えたらしくひと芝居打って自分で気づくように仕向ける美鎖はいいお師匠さん。途中でその意図に気づいて誘導する弓子もよい先輩ですね
「みんなと同じでなくたって、オンリーワンになればいい」…卓見です。原作でも全巻を通じて随所で思い出したように想起させられる重要な主題だと思います。原作では、それは「人間にとって魔法=力とは何なのか」という重いテーマと関っていると思います。アニメで落とし所をどこに持ってくるかは確かにわかりませんが、確かに最後に生きてくるとよいなと私も思います
それでは失礼します
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
原作では1巻前半から鬱だったのですか。
アニメではこよみが自身のコンプレックスにどう向き合うか、その心情の変化が分かりにくく感じるのですが、これは時系列シャッフルの弊害かもしれませんね。
ともあれ、今回は単体として見れば楽しめました。

嘉穂メインのエピソードは見てみたいですね。
アニメでやってくれると良いのですが。

オンリーワン云々は原作でも重要なテーマでしたか。
今回は展開は地味でしたが、原作のエッセンスをよく表現した重要な回だったのかもしれませんね。

「力とは何か」…指摘されて気付きましたが、弓子の過去編などはそうしたテーマが描かれていましたね。
今後もう少し気をつけて見ていこうと思います。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

 こよみに厳しいことを言っても心配でこっそり様子を見ていたり、さりげなく手助けしている弓子がいいですね。
何かアイテムがあれば、上手くなれる気がする。
みんなに追いつきたくて・・・
 よくわかる現代魔法第1巻(初回生産限定)第7話「voodooprogramming」一向に魔法が上達しないこよみ。彼女は美鎖のアミュレットや弓子の杖のような魔法のアイテムがあれば自分も魔法が使えるのではないかと考え、友人の嘉穂とともにアイテム探しに出かける・・・。「私...
相変わらず、こよみはコードを金ダライにしかできない(^^; 魔法のアイテムがあれば上手くできるかもとアイテム探しに行くことに。 こよ...
今回は嘉穂メインのお話かと思ったのだが、そうでもなかったと思われ^^; 嘉穂スキーとしては少し物足りない・・・ しかし今回は、こよ...
見所はこよみのお風呂とパンツくらいか… よくわかる現代魔法 第7話「voodoo programming」の感想です。 評価…★★★☆☆☆☆☆☆☆ トラコミ...
とりたてて見どころのない「よくわかる現代魔法」の第7話。 全てを金たらいに変換してしまうダメっ子魔法使いみたいだが、それがこよみの特異能力だろう、。魔法を上達したいとこよみが悩む姿を描いているが、ちょっと話が遠回りしているように見える。少しはギバルテス?...
開始2分でタライwww いつもこういうわかりやすい話だといいのになあ。 魔法がもっとうまくなりたいこよみちゃんのお話。 彼女の場合、あらゆる現代魔法のコードをタライ召喚に無意識に書き換えてしまうので、 現時点ではどうにもお手上げ(^_^;) 迷子のにゃん...
ああ、嘉穂はドラクエ派なんですね!ドラクエ好きならわかります!な、マグマの杖&ようせいのふえネタには無意味にテンションが上がりましたww 思わずちょっと渋谷に行...
アニメ よくわかる現代魔法 第7話 「voodoo programming」 よくわかる現代魔法 第1巻 [DVD](2009/10/23)戸松遥浅沼晋太郎商品詳細を見るBlu-reyはこちらよく...
変わらなければいけないもの。変わってはいけないもの。 嘉穂ちゃんが こよみ に言った言葉。 わからないならわからないでいい...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。