スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」 感想

変わらぬ安定感のまま最終盤。






『宙のまにまに』第11話「それは白い雪のように」の感想です。


姫は本来、あんな軽率な行動を取る人物ではないはずですよね。ところが朔との恋愛が上手くいかないモヤモヤから、思考も狭まり、どんどん苦しい状況へと流されてしまったのでしょう。何か一つ大きな悩みを抱えて心が晴れないままでいると、全てが悪い方向に向かってしまうようなことってありますよね。

そんな姫が、自分に対し苛立ちや後悔を覚える様子、美星に対しライバル心を燃やす様子といった心情描写が、くどくなく、それでいて丁寧になされていて好感が持てました。

1年近く片想いを続けている自分の心を、積もって固まる雪に例えるところは特に印象的。白さになぞらえた想いの純粋さと共に、冷たさや痛さ、苦しさも感じさせてくれる切ない表現でした。


シリアスな展開の中で、控えめながらギャグ演出も顔を出し、これもこのアニメの雰囲気に合った良いバランスだったと思います。


結局美星へのライバル宣言は不発に終わった形の姫ですが、自分の中の心の整理まで無かったことにしてほしくはないですね。美星が姫のことをライバルと認めようが認めまいが、姫が向き合うべき相手は朔であるはずですし。積もった雪を溶かしながら、これまでより少しでも良いので前向きに頑張ってほしいもの。


さて、毎回安定したストーリーと演出で楽しませてくれるこのアニメも次で最後ですか。早いですね。これまで既に何度も「良い最終回」を迎えているわけですが、本当の最終回にも期待が高まります。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
フラッシュビームはちょっと驚いたけど
このアニメの事だからホントに出来るんだろうなぁ・・・
各所で「えっ、もう終わり!?」と言われているこの作品。スタッフ冥利に尽きることでしょうね。単行本未収録を含めても、原作のストックがもうあまりないと思うので、ニ期は簡単にはできないでしょうが、新入生を迎えてさらに幅を広げる理系部活アニメという感じで、先々やってくれると嬉しいんですが…
姫は雪の固まり(おっしゃる通りたぶん否定的な意味が強いでしょうね)というのはちょっと自分を卑下しすぎじゃないかという気もしますが、アレもこの作品の登場人物一流の「思いやり」の裏返しなのでしょうね。原作ではアレは心中モノローグですが、アニメでは口に出して言ってたような記憶がありますが、どうだったでしょうか
おっしゃる通り、姫が自分の気持ちを整理して「現在位置」を見極めるエピソードで、1年目の山場にふさわしい話ですよね。まあ、次回はエピローグってことで(笑)
それからLeafAD様、私がお返事するのも僭越ですが、あの「フラッシュビーム」は実際に可能という説明が原作にあります。というか簡単なやり方まで注釈があります。いわく
「望遠鏡の接眼部からカメラのストロボをたくと、口径の大きさとストロボの光量に比例してポン!という音とともにまるで○動砲のようなビームが出ちゃうのです」(原作4巻本編注)
「ためした方もいるようでうれしいです。UFOさわぐぎなどになる場合もありますので節度を持って楽しんでみて下さいね。小口径だと「ポン」まで音はいかずパチョンってカンジですが、劇中では「ポン」という音で統一してしまいました。雲などにむけると軌道がわかっておもしろいですよ。ものすごくまっすぐとんでゆきます」(同あとがき)
…だそうです
ご参考までに…
それでは失礼します
■LeafADさん、コメントありがとうございます!
フラッシュビームはたしかに少し驚きました。
と言うか既に補足もいただいてしまいましたが、本当にできるようですね。
あり得ない方法でトラブルを解決するようなアニメではないですからね。
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
毎回高いレベルで楽しませてくれるアニメなので、最終回というのは寂しいですね。
まだ見たいと思えているうちに終わってくれるのは良いことなのでしょうけど。

姫の気持ちの整理という点は良く描けていたと思います。
残り1話ではその後のフォローはされないかもしれませんが、それでも姫を応援しようと思わせてくれるエピソードでした。

波動砲の件ありがとうございます。
音が出るというのが意外でしたが、少し検索してみて納得。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126925981
(Yahoo!知恵袋)

やはり天文部らしい技でもあったのですね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

美星への嫉妬と意地を張り続ける自分への嫌悪感が姫ちゃんの現在の胸の内を上手く表していました。自分の大切に想う人の気持ちが他の人に...
冬でも合宿! 冬の合宿、珍しいですね。 なぜか高見女子高校と合同合宿をすることになった蒼栄高校天文部。 3泊4日の冬合宿in長白鶴! ...
今回は雪山---------!!高見女子との天文部の合同合宿の話らしいです。でも、雪山をなめてかかった蒼栄部はみんな軽装で来ちゃった(><)めっちゃ寒そう~~!!特に姫ちゃんはいつもの格好にちょっと1枚コート着ましたってだけ。こういう場合はお洒落より命が大切だ...
メガネを取ったら美人という設定はよくあるけど、にしてもビックリするくらいの美人さんでしたね。超美人なのに少しおばさんっぽい言動をするというギャップもいいですねw 黙っていればなんたらかんたらってやつで。でも黙っていないからいいのでしょうねw
■まにまにアイテム/宙のまにまに公式HP/まにまにTB Super Noisy Nova(初回生産限定盤)(DVD付)スフィア 畑亜貴 虹音 関連商品 Future Stream(初回生産限定盤)...
    第11話「それは白い雪のように」高校天文ネットワークで知り合った高見女子天文部の星猛者たちと、合同冬合宿を行うことになった蒼栄高校天文部。当日、合宿地に到着した朔をはじめとする蒼栄高校1年生たちは、予想を越える寒さに凍えていた。そんな中、寒さに...
満天の星空を 宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」の感想です。
高見女子天文部と合同冬合宿を行うことになった天文部。 でも現地の寒さを甘くみてた姫たちはガクブルです(^^; 高見女子からは服に関...
一気に冬です!高見女子と合宿を行うことになりました。 宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD](2009/09/25)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る
 美星の天然さが面白かったです。ほとんど姫回でしたけど。姫はいつでも女の子なのを忘れないなのがいいですね。寒くてもおしゃれのためなら薄着でも…。それが危ないのですけどね。
あっという間に季節は冬!!今回は高見女子と合同合宿路万部長はお休みなんだ;;;     あぁ・・ _| ̄|○il||liクリスマスパーティー篇が前回に引き続き、今回もサクっと飛ばされました。  (涙)ちなみに原作では・・高見女子の2人は部長と同じく3年ですが、...
「先輩、もっと私のこと認めてください!ライバルとして――!」 高見女子天文部と3泊4日の合同合宿を行うことになった朔たち♪ 受験を...
冬山登山の困難さ・・・・・・・。
宙のまにまにの第11話を見ました。宙のまにまにDVDVol.1(初回限定版) 宙のまにまにDVDVol.2(初回限定版)第11話 それは白い雪のように高校天文ネットワークで知り合った高見女子天文部の星猛者達と、合同冬合宿を行なうことになった蒼栄高校天文部。当日、合宿地に到着し...
アニメ 宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」 宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD](2009/09/02)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る  そ...
宙のまにまに Vol.4 (初回限定版) [DVD](2009/11/25)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る 姫さん、何やっているんすかーっ!? ばりばりの遭難回。近くで...
「大八木君を想う気持ちは、私だって負けない!」 高見女子との合宿中、姫が遭難してしまう話。 意味は間違ってますけど、美星が姫をライ...
宙のまにまに Vol.3 (通常版) [DVD]クチコミを見る 高見女子天文部と合同合宿を行うことになった翔たち。当日、合宿地に到着した蒼栄高校1年生の面々は、予想を超える寒さに凍えていた。あまりの寒さに姫は軽率な行動を取ってしまい・・・ ↑ポチって押して頂けると励?...
合宿といえば、夏、そしてなぜだかそこには水着!・・・みたいなイメージしか持っていなかった管理人でしたが、今回の合宿は雪の中でした。 ...
他校を交えた天文部冬の合宿防寒対策を全然考えてなくて姫が落ち込む雪国らしい失敗ですねこれが後々大変なことに。姫がコンビニで何か買おうと酷い吹雪の中、一人で夜道を歩くもコンビには田舎らしく開いてない引き返そうとするも帰り道がわからない死ぬ寸前なのか走馬灯...
このスイーツ(笑)め・・・ 宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」の感想です。 評価…★★★★★★☆☆☆☆
雪山で美星達は高見天文部と三泊四日の合同合宿。 浮かれ気分で現地に着くと予想を超えた寒さに凍える1年3人衆。 冬山を舐めてますね。
やまねこ座タン(*´Д`)ハァハァ 宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD](2009/10/21)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る 宙のまにまに #11 それは白い雪...
高見女子の冬合宿に誘われ、ご相伴に預かることになった蒼栄高天文部。 三波&川村コンビ再び! …部長おるすばんなのは受験以外にも、 歩ちゃんとのロマンス進展 のためですね(コラ …うどんうまそうw さて肝心の本編は、 姫ちゃんお当番回が… ...
真っ白な雪と雲はお互いを見つめ合う
  星がありすぎて結べないよ~ 宙のまにまに 第11話 「それは白い雪のように」 の感想です。 宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD](2009/0...
雲と雪、冬の星。 宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD](2009/09/25)前野智昭伊藤かな恵商品詳細を見る
姫、最大のピンチ!!
こちらは感想です(内容前半・後半)冬休み、高見女子と合同合宿となった蒼栄高校天文部。電車で訪れた長白鶴の地は雪の中。寒さに震える朔、江戸川、姫に対し、草間先生は勿論、美星も小夜も装備バッチリで温かそう。そして迎えに来た高見女子の川村と三波は寒冷地用の本格...
蒼栄高校天文部は高見女子との合同冬合宿。女性原作者だと視点が違うからか、女子高との交流での浮いた話にしないところがいかにも「宙のまにまに」らしくて、これはこれで納得できる。 夏から冬まで細かな掘り下げはカットして駆け足で来たのだが、今話の冬合宿、いや、...
今回は、天文部の冬合宿ヾ(≧∇≦*)ゝ しかし、駅から出て早々、予想外の寒さにたじろぐ天文部一同 ↑この絵で防寒注意を喚起するのは不可...
アニメ「宙のまにまに」第11話。 高見女子天文部との合同冬合宿のために極寒の地にやってきた蒼栄高校天文部の面々。 しかし「痛い」レベル...
おとなしくドタバタコメディ調でやってればよかったのになあ。 そんなことを思った今回。 後半の流れがいまいち作風とマッチしてなかったと感じました。
高見女子と合同で、雪山に天体観測にやって来た蒼栄高校天文部の面々。しかし、そこは予想を越えた極寒の地だったのでした。美星たちは、山奥に冬合宿にやって来ました。高見女子の合...
高見女子との合同合宿。 ちゃんとしおりを読んでいればこんなことにはならなかったはず。 あの軽装でコンビニ行くんですから。 ち...
宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-10-21売り上げランキング : 664Amazonで詳しく見る by G-Tools  一応、今回は姫の担当回、ということだったのでしょうかね。  一人で悩んで、一人で空回って、そんな中で自分...
雪で固められた意地と決意 先輩が雲なら、私は雪だ・・・ いつも空高い存在である美星を雲に例えて、姫はいつも下に落ちる...
この子誰~w 残念ながら俺にはぬこ属性ないからな~www あんまり好きになれん ってゆーかこの2人誰か初めわからんかった・・・ 「ほ...
宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」です。 今週は冬合宿のお話しですね
路万健康は受験勉強でお留守番。川村秋菜と三波さゆりは推薦入学。星萌えの二人は頭良いんだ……季節は早くも冬です。冬山にやってきた蒼栄高校天文部だが、寒さに震える。重装備の草間望と、一人だけ元気な明野美星以外は寒さに震える。高見女子に誘われて流白鶴までやっ...
 姫ちゃんの憂鬱。過去エピソードを加えての・・・。
宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」 感想 姫ちゃん、遭難!? 個人的に神回だと思います。
一人泣き濡れた 夜にWhite Love
     一言結論:雲の上に行けない彼女だからこそ、感じる親近感 ネタバレありなので、以下は続きから。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。