スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくわかる現代魔法 第11話 「Dragon Book」 感想

お、ラストを前に盛り上がってきましたね。






『よくわかる現代魔法』第11話「Dragon Book」の感想です。


弓子と美鎖の会話が印象的でした。

「力」のある者は、普通とは異なる選択肢を持てるがゆえに重い選択をしなければならない時もある、と。常人であれば負わずに済んでいたような大きな責任が生じることもある。それに臆せず、「魔法は自分自身」と言い切れる弓子が凛々しくて好きですよ。

弓子と美鎖だけではありません。あらゆるコードを無効化する「力」をコンプレックスに感じるこよみ、コードへの耐性という「力」に気付かず、認めようともしない聡史郎…。それぞれのキャラが、普通でない力(≒個性)とどう向き合っていくのかという物語が見え隠れします。

普段は影を潜めていますが、実はなかなか真面目なテーマも持つ作品だったんだなと。これがもっと前面に出ていれば面白くなっていた気もするんですけどね、今更か…。


聡史郎は今週は相当に熱い一面を見せてくれ、カッコ良かったですね。
彼の体質を見て「イレギュラーが増えた(汗」とか言ってるホアンたちからはやっぱり小者臭が。


弓子ラスボス化は以前からほのめかされていましたが、実際にこういう展開になってみるとやはり盛り上がります。このアニメのことなので死亡エンドは無いと思いますが、分かっていてもハラハラしてしまう。


いよいよクライマックスということで、ようやく集中してストーリーを追えるという感じで面白くなってきました。こよみのタライ魔法はここのところ温存されていますが、最後に威力を発揮することになるか。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
急にほぼ原作準拠になりやがりました(爆笑)でもこれまでの原作準拠+アニメオリジナル部分がうまく合流してなかなかいい感じです♪
なはは本当に「今更」ですね。あの「力」の主題がもっとうまく伝わっていればよかったのですけどね。でも終盤になって急に力が入って、原作が気に入った身としてはいい感じです。さすがラノベ読みのソウロニールさん、私は集英社のまわしものでもなんでもなくて、むしろそのライバル会社が事実上の取引先なんですが…これを機会に原作1巻をお試しになりませんか?
原作通りなら、ある意味こよみの「タライ」(能力)が「真価」を発揮するのもこれからでしょう
ご記事を拝見して気づきましたが、この構成だと、この場面で聡史郎のカッコ良さが引き立つにはホアンたちが少し小物ぐらいがバランスがとれてちょうどいいかもしれません。だって何しろ次回は、原作既読者には若干ネタバレのこよみVSジギ…ああ原作関連ではもうこれ以上は申せません…
何にせよ、狂乱家族日記もそうでしたが、最終2話の唐突な盛り上がりは異常。最終回も生温かく(笑)期待しています
それでは失礼しています
■westernblackさん、コメントありがとうございます!
アニメ版は原作の複数巻にまたがって時系列を入れ替えたり、再構成されているんですよね?正直それで分かりにくくなっている部分はあると思うのですが、じゃあ原作はどうだったんだろうという興味もあります(笑
最近はラノベも既存シリーズを読むばかりでちょっとマンネリ気味でしたので、現代魔法は時間が許せば読んでみたいですね。

ホアンたちとの対比で聡史郎がカッコ良く見えたというのはあるかもしれませんね。ただやはり、これまで緊迫感を作れていなかったことを考えると、小者演出はマイナス面の方が目立ったように思います。

それでも次回はラスボス戦、しかも弓子ピンチということで、盛り上がってくれるだろうと期待していますよ。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

第11話『Dragon Book』よくわかる現代魔法 Blu-ray 第1巻 初回限定版今回は・・・まぁ、いろいろありました。
 よくわかる現代魔法第1巻(初回生産限定)第11話「DragonBook」ゴーストスクリプト化した美鎖と再会し、ゲイリー・ホアンとギバルテスが伝説の魔女“ジギタリス・フランマキア”を甦らせんと企んでいることを知る弓子。彼女は、ホアンとギバルテスの野望を阻止すべく...
姉原美鎖のゴーストスクリプト 生きてるのか死んでるのかどっちなんだ!? そもそもゴーストスクリプトって何だっけ? それすら分かってな...
 聡史郎がちょっと格好良かったですね。ある意味最強キャラです。たった一つの冴えたやり方というのを美鎖は実行しているようなのですが、見ている方にはそれが何かさっぱり分かりませんね。
聡史郎の存在価値がこんなところで!
突如現れた美鎖はゴーストスクリプトでした! 今回は見ごたえあったなー。 なるほどー!!とうなりまくってしまった。 聡史郎くんには見えないのね(^_^;) 弓子ちゃんとゴーストスクリプト美鎖の会話なんだけど。 聡史郎には弓子ちゃんは空中と話してるようにしか見...
【Dragon Book】 ヤッホー弓子!恨めしや~♪ ゴーストスクリプト化した美鎖と再会した弓子。 それにしても相変わらず陽気な方ですね(゚∇゚;) 美鎖から伝説の魔女を甦らそうとしてる事を知らされる弓子とこよみ。 そしてそこに現れたゲーリー・ホアンとギバルテ?...
よくわかる現代魔法 第11話「Dragon Book」です。 「よくわかる現代魔
   ホアンは、前回のギバルテスのとった行動に納得できないでいた。    相手は3人。  それも一般人2名に、姉原美鎖の弟子1人。  絶対に負ける要素はない。ホアンは、そう思っていたに違いない。     だが、ギバルテスはよ?...
今週は嘉穂の声が鼻声に感じたけどCVの美菜ちゃんが風邪気味なのかな? 微妙な違いだけどいつもの絶妙な嘉穂ちゃん具合が出てないと思われ。
美鎖はゴーストスクリプト化して、こよみたちに接触。 弓子の前にも現れホアンがジギタリスを復活させようとしてることを知らされる。 こ...
物語が大きく収束&進展し、濃密超展開な回でした。 伏線の回収&次週への張りもあるので、お話し的にもなるほどなぁと思わされる部分が多くて良かったのですが、流石に一話に詰めすぎた感が(汗) 聡史郎の魔法使い殺しの能力も、隠し玉っぽくてなかなかに魅力的でした?...
嘉穂「今週のタイトル・ネタはコチラからだと、思われ」 よくわかる現代魔法公式サイト ゴーストスクリプト化した美鎖と再会した弓子。美...
どどどどどどどど、ど~しyo・・・><;
よくわかる 姉原美鎖 の現代魔法 魔法は、一ノ瀬・弓子・クリスティーナそのものですわ そこから想像できるのは、もちろん...
アキバに現れたのは美鎖のゴーストスクリプト。大詰めを迎え緊迫した状況と思えるのに説明が多く饒舌だ。 美鎖が死んだとかいなくなったのに妙に冷静な弟やこよみ。ホワンとギバルテスの敵方コンビもたたみかける攻撃もせずに一旦引き上げたりする優しさ。バトルシーンも...
第11話は、やられた弓子が魔女ジギタリスとして復活するお話なのでした。 聡史郎の特殊能力は予想通り魔法の類が見えてないそうですけど、その中身は考察の価値がありそう。 それにしても幼いころから魔力のこもった食べものを食べた結果とは恐ろしい。 戦闘の方は...
どどどどうしよう。俺はこよみちゃんが大好き。彼女の事を 色々勉強したい。森下こよみちゃんを俺色に染めたい!! 影が薄い・・・出番少ない回でも、そんな味わい深いはひー顔で迫られちゃたまりません。番組宛てにこよみちゃんを俺色に染めるには どうすればいいのかとフ

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。