スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ 第1話 「テガミとテガミバチ」 感想

雰囲気は好きですよ。






『テガミバチ』第1話「テガミとテガミバチ」の感想です。


相手の記憶に触れた時の、切ないような寂しいような、何か物悲しい感覚はとても良く伝わってきました。こういうのは好きですし、これからもこうした部分は大事に作ってほしいと思います。

凱虫がはびこり、心を削らないと対抗できないという厳しい設定も良いですね。このどこか暗い雰囲気の中で、ふとした優しいシーン、温かいシーンが引き立つような作品になってくれれば楽しめそう。


それ以外の部分、キャラやストーリー自体の魅力というのはまだ良く分かりません。記憶に触れるシーンも含め、全体的に淡々とした展開。こうした地味な作りは持ち味なのかもしれませんが、今回は少し地味すぎたという感じも。

キャストが福山さんと沢城さんということで一応飽きずに会話を楽しめることは楽しめるのですが…。

というわけで1話の掴みとしてはもう一つのようにも感じましたが、好きになれそうな部分もあるので、視聴は継続してみようと思います。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


まず最初に、お忙しい中「今期終了アニメ評価をしてみないかい?5」の企画に参加して頂きありがとうございました。お礼に伺うのが遅くなり大変申し訳ございません。

最終集計結果について当ブログにて発表を行っておりますので、一度見て頂けると幸いです。


今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?6」と題しましてアニメ評価企画を立ち上げました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非参加していただければと思います。


なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51318388.html


宣伝大変失礼いたしました。どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
■ピッコロさん、いつもお世話になっております
いつもアニメ評価の企画・集計などお疲れ様です。
前回の集計結果も興味深く拝見させていただきました。
今回も喜んで参加させていただきますので、よろしくお願いします。

お誘いありがとうございました。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

国家公務郵便配達員。
 ちょっと台詞が説明臭いのが多いですね。おかげでお話は分かりやすい感じでしたけど。初回なのでさわりの部分で終わったのかなという印象です。
母親が連れ去られたという少年ラグ・シーイングを、「テガミバチ」と呼ばれる配達屋のゴーシュ・スエードが発見したところから物語は開始。ラグにも配達票が貼られていて、ゴーシュが配達する事になったようだ。ラグを配達依頼したのは彼の母アヌ・シーイング。連れ去られ...
地味な第1話でしたが、世界観はよくわかりました。テガミバチ 第1話 「テガミとテガミバチ」 の感想です。 まぁ、あれだけセリフで説明...
 これがアニメ化されるとは考えてもなかったっす!  廃刊となった月刊少年ジャンプで連載された漫画で、現在はスクエアジャンプの一応は看...
こころを運ぶ郵便屋さん 前枠はゲッターなので全く縁の無い枠でしたが、今回は自分でも見れそうなアニメですね。 ではテガミバチ感想です。 ...
ジャンプSQ連載作品のアニメ化。 紅、ロザパンなどにつづいてだけに、きっと人気あるんでしょうか。 SQ事態ほとんど読んだことないので...
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)(2007/01/04)浅田 弘幸商品詳細を見る 青い彩色の美しいファンタジーな世界が舞台のアニメでした。夜の明けない...
雪みたいできれい~ヾ(*´∀`*)ノ これなんでしょうね。心のカケラ? 白い金平糖みたいなw テガミバチは手紙を届ける郵便屋さん。 トー...
ジャンバンで情報でてたがテガミバチ始まった。マジンガーZの次の枠か?主人公?のゴーシュ・スエードが、少年ラグ・シーイングを発見する。ラグの声は、沢上みゆきの声。なんか、キャルっぽい。そして、ラグはゴーシュになぜ名前を知っているという。ゴーシュはラグの肩...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。