スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年9月終了アニメ 総評 「我が家のお稲荷さま」

9月終了アニメのレビュー、新人の無謀な挑戦第2弾。デス。

我が家のお稲荷さま


ストーリー:3点
人間対妖怪のバトルものかと思いきや、物語は高上家の日常とともにまったりゆっくり進む。1話完結のエピソードはすっきりしているし、連続シリーズだったシロちゃん編もなかなか。欲を言えば、最終回に紅葉編をもってきて盛り上げて欲しかったかなぁ。まぁあの終わり方もすごくお稲荷さまらしいんですけれども。

キャラクター性:4点
登場人物は基本的にみんなイイヤツというか、根っからの悪人はいないので安心して見ていられました。佐倉の顔芸には毎回笑わせてもらったし。六瓢ちゃん可愛いよ六瓢ちゃん。とは言えすごく破壊力のあるキャラというか、「こ、この子かわええ!!」とのめりこめるほどのキャラはいなかったかなぁ。何気に透くんに癒されていたというか、萌える寸前だったのは内緒だ。

画:4点
シロちゃんと泥目のバトルシーンはかなり迫力ありました。全体的にきれいで安定した作画だったのではないかと。

演出:4点
Cパートのオチをいつも楽しみにしていた。嘘予告は巷では不評のようですが、私はネタとして楽しめました…当時は感想記事とかやってなかったから、こんなのんきな事が言えるのかも?

音楽:4点
BGMは、日常曲も戦闘曲もかなり良いのが揃ってます。が、OP曲と後半のED曲がいまいち好みに合わず、5点に届かず…。

総合評価:4点
肩の力を入れずに楽に見れる良作だったと思います。独特の、ほのぼのした雰囲気がかなり好きでした。2クール通して、中だるみみたいなこともなく、メリハリの効いた構成だったことも好印象。

合計点は23点ですね。




無謀にもランキング参加中です↓
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。