スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 第11話 「とくべつ?」 感想

とうとう本性を現したくるみ。






毎度毎度くるみばっかりですみません。
『君に届け』第11話「とくべつ?」の感想です。


今回はとうとう黒さを隠しきれず、爽子に対して敵対心をむき出しにしていました。

しかし、これは想像に過ぎませんが、くるみがここまで本心をさらけ出せる相手というのはこれまでいなかったのではないでしょうかね。クラスメイトの前でも仮面を被っているようでしたし。

くるみにとって爽子は恋のライバルであって、友達などとは微塵も思っていないわけだけれども、実はかけがえの無い存在でもあるのかもしれません。サブタイの「とくべつ」がここにも掛かっている…というのは強引な解釈か。


そんなくるみですが最後にはまた悪い笑顔。爽子と真田を近づける作戦を思いついたようです。

爽子は風早を「とくべつ」だと言っていましたが、その気持ちと矛盾しないところを突いてくるのがイヤラシイですね。真田と友達になること自体は悪いことではないわけで。爽子はこれが罠だと疑いもしないでしょう。

真田が絡むと吉田が冷静に動けなくなるかもしれない、というのもこの作戦の恐いところ…。

風早も真田が爽子と親しくすることに既にざわざわした感情を抱いているようで、いろいろと波紋が広がりそうです。


風早に告白するのには協力できないと、きっぱり断った爽子は成長ぶりが表れていました。自分の気持ちを押し殺して流されていては良いことは起こらない、気持ちはしっかり届けなければいけないということをこれまで学んできたわけですからね。

くるみの新しい策略にどう立ち向かっていくのか見ものです。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。