スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月終了アニメ 総評

また遅くなってしまいましたがゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画、「今期終了アニメを評価してみないかい?7」に参加させていただきます。ピッコロさん、いつも企画の開催と集計お疲れ様です。


今回は

NEEDLESS、けんぷファー、にゃんこい!、聖剣の刀鍛冶、真・恋姫無双、生徒会の一存、アスラクライン2、DARKER THAN BLACK -流星の双子-、そらのおとしもの、ささめきこと

の10作品の評価を。






恒例ですが、評価項目は以下の通り

■ストーリー
(脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等)
■キャラクター性
(キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等)
■画
(キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等)
■演出
(声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等)
■音楽
(OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等)
■総合評価
(この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等)


評点の基準は以下の通りとなります。

:とても良い :良い :普通(及第点) :惜しい。何かが足りないレベル :悪い :かなり悪い



NEEDLESS

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

中盤ややマンネリ感もありましたが、キャラも良く燃える展開もあるということで楽しめた作品です。唐突に挟まれるギャグも面白かったですし、技名のカットインを多用する等、一昔前のようなわざとらしい演出も個人的にはツボでした。

合計点は21点。



けんぷファー

■ストーリー:2点
■キャラクター性:3点
■画:3点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

意外にナツルと雫会長のラブストーリーとして盛り上がった気がしますが、最後は結局けんぷファー絡みでぐだぐだに…。もう一度見たいとは思わないけれど、何かインパクトはあったと言うか記憶に残るアニメではありました。

合計点は16点。



にゃんこい

■ストーリー:3点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

ネコ絡みの話が人間同士の関係にも影響を与えたり、面白いエピソードもあったのですが、ユニークな設定があったわりにラブコメ部分は案外普通だったなという印象。それでも安心して楽しめる作りではありましたし、緩急あるギャグシーンには何度も笑わされました。

合計点は20点。



聖剣の刀鍛冶

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:4点
■総合的な評価:3点

過去に決着を付け、前に進もうとするキャラクターたちの物語は見応えありましたが、最終盤に陳腐な展開になってしまったのが勿体無い。セシリー、ルーク、リサ、アリアと、それぞれが物語上の役割を持ち、立ち位置がブレなかった点は好印象。作画面でも戦闘シーン等スピード感があり楽しめました。

合計点は21点。



真・恋姫無双

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

良い話もありましたが、基本的にはキャラ紹介のためにあった1クールという印象。そのキャラは個性的な面々ばかりで楽しめましたがいかんせん人数が多く、顔見せ程度で終わってしまう者も。メインの劉備のキャラクター性はしっかり描かれていたと思います。3期にも期待ですね。

合計点は20点。



生徒会の一存

■ストーリー:2点
■キャラクター性:5点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

ハーレムアニメということで女性陣は皆可愛かったですし、ボケもツッコミもこなす杉崎も案外良い味出してました。ストーリー面では、杉崎の過去など消化不良で終わったところもありましたが、本作の肝はそこではないということで良いのでしょう。

合計点は21点。



アスラクライン2

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:2点
■演出:3点
■音楽:5点
■総合的な評価:3点

1期の伏線が回収され、世界の姿が明かされるところなどかなり盛り上がり、「選択」の意味を問う重いストーリーも見応えがあり楽しめました。主題歌・BGMは1期に引き続き作品の世界観にピッタリ合っていて素晴らしい。作画は不安定。

合計点は21点。



DARKER THAN BLACK -流星の双子-

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

ストーリー面で所々消化不良かなと思うことはあったものの、蘇芳の話としては一本芯が通っていて面白かった。銀についてはDVD特典ということで割り切ってくれたのも○。基本的にシリアスで暗い世界観の作品ですが、時折コミカルな描写もあり鬱々とし過ぎずに楽しませてくれました。

合計点は21点。



そらのおとしもの

■ストーリー:4点
■キャラクター性:5点
■画:5点
■演出:5点
■音楽:4点
■総合的な評価:4点

序盤は単なるギャグアニメかと思っていましたが、ニンフ登場以降は天界の思惑も絡みシリアス度合いも増して盛り上がりました。とにかくギャグもシリアスも全力で描く、作画も音楽も全力でやるという作り手の心意気が伝わってくる気持ちの良い作品でした。ということで項目別に見るとほとんど減点するところがありませんね。

合計点は27点。



ささめきこと

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:5点
■音楽:4点
■総合的な評価:4点

キャラの心情や距離感を言葉ではなく映像で語る演出が説明臭くなくて好きでした。シリアスとギャグのメリハリも良かった。キャラも個性的でしたね。

合計点は24点。



■ベストキャラクター賞
アダム・ブレイド
(NEEDLESS)


ひどい変態神父。しかし熱血で力もあり、いざという時には頼れるという主人公らしい一面も。とにかくインパクトのあるキャラクターでした。

■ベストOP賞
ツキアカリのミチシルベ
(DARKER THAN BLACK2/ステレオポニー)


ちょっと暗めの曲調が世界観に良く合っていました。

■ベストED賞
彼方のdelight
(アスラクライン2/angela)


番組名は失念したのですが以前ラジオでangelaのインタビューがあり、「2期ものは世界観やキャラの特徴を知っている分、曲作りがしやすい」という主旨のことを話されていました。「彼方のdelight」は本当に歌詞もメロディもアスラクラインの重く暗い世界観にピッタリ合ったもので、曲を聴けばアニメの場面が一つ一つ思い出されるほどのシンクロ感。

ささめきことの「虹色ポケット」も好きでしたが、今回は事実上の一択。

■ベスト声優賞・男性
子安武人さん
(NEEDLESS/アダム・ブレイド)


キャラクター賞でも挙げましたが、インパクトのあるハイテンションな演技がとても良かった。個性的なキャラばかりのアニメでしたが全く埋もれることなく主人公性を表現してくれていましたね。

■ベスト声優賞・女性
高垣彩陽さん
(ささめきこと/村雨純夏)


こちらもハイテンションのギャグ演技が印象的でしたが、繊細な部分、落ち着いた部分も同じくらい良く演じられていて、そのメリハリが良かったですね。

そらおとイカロス役の早水さんも良かったですし、迷いました。



ということで秋アニメの評価でした。

面白かった・つまらなかったという感覚が全て点数に反映できるわけではありませんが、多くの作品で合計点20点以上と、なかなか安定して楽しめた1クールだったのだなと思い出しました(合わないと思ったアニメは最後まで見ていないので、評価に含まれていないということもありますが…)。

中でも抜けているのは「そらのおとしもの」と「ささめきこと」ですね。どちらも丁寧な作りに好感が持てました。

粗が多く点数では高評価できないけれど、個人的な好感度が高いのが「NEEDLESS」。

この作品のように、不完全だけれどなぜか嫌いになれない、愛着がある、というアニメが毎期一つは出てきます。例えば昨年の夏アニメでは「よくわかる現代魔法」とか、今放送中の冬アニメでは「おまもりひまり」や「キディ・ガーランド」あたりが有力候補(笑


その冬アニメももう佳境ですが、全く感想が追いついていないこの体たらく、どうしたものか…。つまらないから感想意欲がわかないというわけではなく、「君に届け」や「ひだまりスケッチ」、「はなまる幼稚園」、「ソラノヲト」に「おおかみかくし」「デュラララ」とかなり楽しんで見てはいるので、感想再開も気長にお待ちいただければと思ひまふ。



にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

ピッコロさんの「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?7」に参加させていただきました……締め切り一日前とか本当にすみませんorz ...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。