スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2話 「ハウリング」 感想

どことなく暗くて、淫靡で…この雰囲気は何だか好きです。






『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』第2話「ハウリング」の感想です。


暗くて淫靡と言ってもエログロというわけではなく、「約束の物語」という真っ直ぐなキーワードも相まってか、むしろ綺麗で純粋な印象すら受ける第2話でした。

ミナの裸体のシーンが特に印象的でしたが、あれもサービスシーンと言うより、何か背徳的なような、けれどプラトニックなような、微妙なバランスの上に成り立つ雰囲気を強調するものとなっていました。

何となく矛盾しているような要素を両立させてしまう、この際どいバランス感覚が緊張感を生んでくれ、何だかこの雰囲気は癖になりそうです。


ミナは1話を見たときにはサディスティックなキャラかと思っていたのですが、今週は可愛らしいと言うか少女らしい一面も見られ、なかなか魅力的なキャラだなぁと。悠木碧さんの声がハマってますね。この方の名前も最近本当に良く見るようになりました。


雰囲気も良いですが、三枝由紀など人間サイドのキャラクターも登場したことで物語がどう動くのかも気になり、3話も楽しみです。


サブタイの「ハウリング」は狼男を扱った1981年のホラー映画のタイトル、今話の内容にピッタリでした。



↓クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

ヴァンパイアバンドの設立をTVで宣言したミナ。 世間はそのことでもちきり…。 事故で記憶に欠落のあるアキラには、ミナと関連が…? O...
暁かっこいいし、ミナかわいい~ 幼なじみは・・・どうなんだろう?イマイチか・・・?
泣いている幼い金髪の少女の心配をする少年。吸血鬼の話題で盛り上がる世間。鏑木アキラはその話題が登るたびに、何故か不機嫌となる。その理由も彼自身判らないままに……前回、インタビューを受けた男だね。あのインタビューは本当に偶然の産物だったのだろうか。シスタ...
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 公式サイト 『ハウリング』 脚本:吉野弘幸 演出・絵コンテ:園田雅浩作画監督:安藤正浩 吉田奈保美 福世孝明 1話のミナ(悠木碧)に変わり、2話はアキラ(中村悠一)寄りの視点に。 さらにもう1人のヒロイン由紀(斎藤千和)を交えるこ
#02 「ハウリング」 「それはひとつの約束の物語。  偉大な魔物の女王と彼女に全てを捧げた少年。  美しくそして儚い恋のお伽噺」 ...
ミナが泣いてて、アキラにおなかいたいのといわれる回想からはじまる。そして、学校では、ドラキュラの話をしてた。アキラが、不機嫌になる。そして、世間ではドラキュラの話しで持ちきりだった。狼男や、フランケンもいるのではといってた。そして、三枝ユキがアキラのと...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。