スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録 第5話 「十二時(リミット)」 感想

これは良いどんでん返し…なのですが






なるほど、人間の脳はそれほど単純なものではなかったと。言われてみれば至極当然ではありますが(と言うか、ネタバレ感想を読まないようにするのが結構大変でした)。土壇場まで足掻き、これに気付いた当麻グッジョブでしたね。しかし火織とステイルは報われないなぁ…。

ネセサリウスはどこまでインデックスを物扱いすれば気が済むのか。インデックスだけでなく火織たちも騙していたわけですし、なかなかえげつない事をします。ネセサリウスについてはまだ分かっていないことも多いので何とも言えませんが、今のところは完全に「悪の教会」じゃあないですか。

さて一難去ってまた一難。結界を破ったことによりヨハネのペンが発動し、当麻に攻撃を仕掛ける。当麻vsインデックス…この事態を収拾するため、いよいよ当麻・火織・ステイルの協力関係につながってくれるのでしょうか。こういう熱い展開は大好きです。インデックスの目が怖すぎ…。


と、ラストの展開は好きだったのですが、実はその他の部分でいまいちノレませんでした。

5話まできて全体の世界観の説明はほとんど終わっているようなのですが、今度は教会がどうの、記憶がどうのと説明台詞が減ってくれる気配がないのですよね。おそらく、原作に忠実に、丁寧にやってくれている結果だとは思うのですが、どうにも作品世界に入り込みにくい。小萌先生が記憶について語るシーンの脳のイラストも、興をそがれました。

加えて私は未だに当麻に感情移入できないという…。彼は説明台詞を口にしない代わりに、いかにもアニメ的で浮いた台詞を言わされているように感じます。「誰もが笑って幸せになれる結末を…」とか、「ヒーロー気取りじゃねぇ、ヒーローになるんだ!」とか。これは笑うところなのかどうか真剣に悩みました…。この熱さが当麻の良さであり、彼の主人公たる所以だと分かってはいるものの、等身大のリアリティを感じられないところが苦しいです。

舞台がずっと小萌先生のアパートだったのも絵的にちょっと寂しかったかな。まぁこれは仕方ないですが。


とは言えラストの引きはすごく良かったので、来週に期待ですね。また聖ジョージの聖域がどうのこうのと説明で長い尺を取られないと良いのですが。



↓ランキング参加中。共感できた、という方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
ついにきました、右手単独ではまったく倒せない
禁書砲がww

ステイルとかおりが15%とか85%とか
気づかない? って話をよく見かけますが、

敵性技術なんて使いたくても使えませんよ。
一応大昔から科学と魔術は裏で冷戦してますから
だから余計に気づかないという……
原作ファンさん、こんばんは。

たしかに、科学側にとっては常識的な知識を魔術側が持っていなかったとしても、不自然ではありませんね。ネセサリウスは組織ぐるみで火織たちを騙していたということもありますし。しかもそれが宗教組織であるため、なおさら信じてしまった部分もあるのでしょうね。
先週、今週の前半は「また説明か…」的な流れだったのに
当麻の男泣きとかグっときました。みせてくれるよアニメ展開。
ラスボス化しちゃったインデックスにどう落とし前をつけるのか…
来週に期待なのです。
p2pobさん、こんばんは。

たしかに後半の展開は良かったですね。私も感情移入できなかったとは言いつつ、当麻が泣くとは思わなかったので驚きました。
■思考と能力が反比例してるような気が
>これは笑うところなのかどうか……

 私は苦笑しましたw
 わかりやすい正義の味方思考ですよね。私もちょっと合わないんですが、しかし彼のおかげで周囲のキャラが映えている気がします。


 唐突ですが、リンク貼らせて頂きました。よろしければ相互して頂けたらと思います。
ルイさん、こんばんは。

相互リンクのお誘いありがとうございます!早速リンク追加させていただいたので、ご確認ください。今後ともよろしくお願いします。

なるほど、たしかに当麻のおかげでステイルや火織が良く見えるという効果はあるかもしれませんね。脇役と主人公の関係が普通は逆だろう!と思いますが(笑
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

第5話「十二時(リミット)」 やっと見つけた、インデックスを苦しめる諸悪の根源
リミットまで残り時間まで後12時間と38分。刻々時間が迫ってくると電話が。神裂「私です―と言って、通じますか?」上条「神裂・・・だっけ?」電話の主は神裂火織だった。リミットは今夜午前零時。上条「そんなもん、なんでわざわざ俺に教える!?そんなこと言われちまっ...
第5話「十二時(リミット)」前回は脳の説明部分で、実際の脳の造りからすると矛盾が
「答えろ!君はまだ人間か!?それても、人間を捨てた化け物なのか!?」 病院や研究機関に頼ると、インデックスは間違いなく研究対象とし...
公式よりあらすじ。 一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能...
 とある魔術の禁書目録    #05 『十二時』 感想  体が熱い!  やっぱこういう展開なのね^^  -キャスト-  上条 当麻:阿...
5話感想です(^^) 10万3000冊の魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の15%しか脳を使えないインデックス。その...
勝負はロスタイムから。 ひとまず録画して寝ましたが3時間しか寝てない、あれ・・・? ではとある魔術の禁書目録感想です。 Rimless~フチナシ...
「君はまだ人間か?それとも人間を捨てた化け物なのか?」 ヘタレさんの言葉は厳しいようだけど、心を鬼にしてインデックスを助けようとし...
残り10分の爆速推理力…! 答えらしいのは見つけたけど大変な事になってしまった模様。 また記憶を消すことでしか解決することを知らな...
『そんなに自分の力を信じているならやってみろ!ヒーロー気取りのミュータントが!』 いよいよ最初のボス登場!という感じで盛り上がってまいりました。 刻限を前にあがく上条さん。インデックスの記憶を救う方法とは? コミック版のイラストを忠実に再現している箇所が?...
★★★★★★☆☆☆☆(6.5) 「ヒーロー気取りじゃねえ。ヒーローになるんだ!」 記憶を消さずにインデックスを救う方法を探る当麻だった...
いくらなんでも地の文で説明しすぎでは。小説ならいいだろうけど、アニメらしくないと思うんですよ。とある魔術の禁書目録 第05話 「十二時...
#05「十二時(リミット)」仕方なく一年ごとに記憶を消去して延命させてきたステイルたちと、大口叩いておいて結局病院にしらみつぶしに電話をかけるだけで
ちょ、予想通りの展開(笑) 相変わらず説明ばかりでストーリーが全然進まないことに不満な とある魔術の禁書目録 第5話 感想
インデックスの記憶の消されるのは午前0時。 果たして、当麻はインデックスを救う事が出来るのでしょうか?
[関連リンク]http://project-index.net/第05話 十二時(リミット)火織にインデックスの記憶の限界が3日後と告げられるしかし気を失った当麻は3日も意識を失っていたのだもうインデックス...
いよいよ1巻部分もクライマックス。 2クールとはいえ時間を豪快に使ってる、のはまだしも それでもセリフが説明くさくなっちゃうのはしょう...
とある魔術の禁書目録 第4巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray) 一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を使えないインデックス。完全記憶能力を持つがゆえに、その記憶をきっかり一年周期で消さなければ、彼女は死んでしまう。そ...
※この記事は人によっては気分を害するかもね! いつも通り糞ツマラン(w いやもー、これが面白いって人は本当にいるのか? 良く分らん説明が長々と続いて大した山も無い訳ですよ。 その癖、難しい単語を並べたがるし、内容が掴めないし。原作がラノベだとふ....
神裂「私です。・・・と言って、伝わりますか?」 当麻「カンザキ、カナリ!」 神裂「惜しいですね。それではエロゲ声優です」 ...
今回はとうとう最初の山場を迎える・・ことになるのかな?どんな展開が・・・?とある魔術の禁書目録(13)早速感想。とうとうインデックスの一年周期の終わりの日がやってきた・・・ってこで記憶の消去が。・・・単純に当麻がそれを許すわけもなく色々頑張るけど結局タイ...
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」  一〇万三〇〇〇冊もの魔道書の内容を頭の中に収めているため、常人の一五%しか脳を...
「迫るインデックスの制限時間…逆転の糸口はあるの!?」「とある魔術の禁書目録第5話リミット・十二時」「神裂火織から受けたダメージで動けない当麻を確かめる為に小萌先生の家に訪れたステイルと神裂火織…」「その時にインデックスから浴びせられた言葉に2人はその場...
まだ触れてない部分って?ねぇ、まだ触れてない部分ってどこなのさぁぁぁぁああ!それから、小萌先生がコーヒー牛乳飲んでる絵、別のことを...
まさか火織たちも一杯食わされていたとは。 インデックスの記憶消去のタイムリミットは刻々と迫る。 「別れの時間は必要ありませんか? これは対話でも交渉でもなく、命令です。 我々が到着する前に、あの子に別れを告げて、 その場を離れなさい」 淡々と当麻...
タイムリミットは12時! と思ってたら、12時10分!? インデックスの記憶が消されてしまいます! えー!こんな大変なときに、小...
インデックスの記憶消去までのタイムリミットに向けての当麻の葛藤、憎まれ役のステイルと神裂の持つ過去の痛みも描く「とある魔術の禁書目録」第5話。 でもまあ、丁寧と言えば聞こえはよいが進行が遅い。投球動作に入ってから一球を投げるまでに1話消費する、ふた昔前の...
俺のこの手で痴漢行為! 微妙なエロスを感じた とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)(2009/01/23)新井里美勝杏里商品詳細を見る
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」  これを観る前に単行本の2巻を読みました(古本屋で)。ちょっとほろりときたよ...
―警告 第三章第二節。Index-Librorum-Prohibitorum―――禁書目録の『首輪』 少女は機械の感情でその両目に宿る真紅の魔方陣を使い、侵...
何で……、何で俺には、たった1人苦しんでる女の子を助ける事もできねぇのかな。 とある魔術の禁書目録」第5話のあらすじと感想です。 イ...
とある魔術の禁書目録 第5話「十二時(リミット)」の感想です。
 第5話 『十二時(リミット)』  リアルの世界でもあるのですが、 よくよく考えてみると、 上条にしても神裂にしても、 本当にインデック...
とある魔術の禁書目録 第5話感想です。 迫り来るリミット……
第5話『十二時(リミット)』とある魔術の禁書目録 第1巻 (初回限定版)とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)ついに、タイムリミットが。インデックスを助けることが出来るのでしょうか?
「答えろ!君はまだ人間か? それとも人間を捨てた化けものなのか?」 「脳医学上絶対にありえませ~ん♪」 「ヒーロー気取りじゃねえ!ヒーローになるんだ!」 この記事はネタばれが含まれてます ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください...
子萌先生は当麻に「お留守番お願いなのですぅ~」と言ってお出かけすることに。 鼻歌歌ってるね。 残された当麻とインデックス。当麻はス...
何と言うか・・・ネセサリウス許すまじ!ってな展開ですよ、な とある魔術の禁書目録 第5話。 奇しくも前回ギモンに思ってた部分がちょっと掠っていた模様。
気を失ったインデックスの体に指を差し入れる当麻 その指先が秘密の部分を探りあて(
 「そんなくだらないことに割く時間など どこにもない。ここから消えてくれないか?
今回は、当麻がインデックスの記憶消去のおかしさに気づくお話でした。 完全記憶能力者はそれだけで悲劇かと思ってたら、別にそんなことは無かったんですね。 こうなると教会から話を受けているものにどれだけ真実があるのか分かったものではないような(苦笑)。 ス...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。