スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKING!! 第9話 「ことりちゃん登場!!」 感想

予想外に真面目な展開でした。ラブコメまた盛り上がってきそうですね。






『WORKING!!』第9話「ことりちゃん登場!!」の感想です。


先週の予告から小鳥遊の女装回だとほぼ明かされていて、またどんなカオスな騒動を展開してくれるのかと楽しみにしていたのですが、蓋を開けてみればそちらの可笑しみが霞んでしまうくらいラブコメ方面がガチで進展した回であり、また女装回でありながら小鳥遊の男気が一番発揮された回でもありました。


女装という自らのトラウマに耐え、他人のトラウマのために怒る小鳥遊…何気に熱い展開でしたね。

彼が伊波の父親を説教するというのは途中で読めていましたが、それも小鳥遊自身が苦労したから怒る、といった感じにギャグっぽくしてくるのかなと思っていました。実際そうした描写(殴られるシーンの短い回想)もありましたし。

ところが最終的に、彼はちゃんと伊波の苦労を想って説教していましたね。このアニメにしては、予想外に真面目な展開でしたが、これは小鳥遊グッジョブでしょう。

ギャグアニメということでマイルドな印象になってはいますが、身勝手な動機から娘の心と青春を暗い影で覆い、しかもそれを自覚すらしていない父親など、さすがに軽く笑って済ませて良いとは思えないですから。


思えば、先週のお出かけ回はこのためにあったのでしょうね。

伊波はこれまで友達と満足に遊びに出かけることもできなかった。それってやっぱり、笑いごとではない、悲しいことだよなとさり気なく意識させてくれました。また、「悪いのは伊波ではなく恐怖症」というフレーズを印象付け、結果「本当に悪かったのは父親だった」という事実をよりインパクトあるものにしてくれました。

それらが一つ布石となって、他人の父親に説教をする、ギャグアニメなのに真面目に怒る、という今回の展開も無理なく見られるものになっていたのではないかなと思います。


もちろん、そうやって真面目に怒っている人間は女装したロリコンには違いないわけですし、シュールと言えばシュールなのですけど。ガタガタ震える父親と言いノリの良いBGMと言い、100%シリアスにせずに笑える感じもしっかり残してくれているのがこのアニメらしくて良いですね。


さてそんな小鳥遊に本気で惚れてしまったらしい伊波。八千代にまで気付かれてるし、よほど分かりやすい反応だったんでしょうね。これまでも彼に微妙に惹かれているような様子はありましたが、ここまではっきりしたものではなかったですし、ここでデレがきたか!と何だかテンション上がりました(笑)。しっかし真っ赤になる伊波可愛いなぁオイ。

この二人の関係にしても、これまでの丁寧な描写の積み重ねがあるから、不自然・唐突なデレに感じたりはしないんですよね。昨日今日の関係でないことは分かっているので。バイト先が舞台のアニメですが、外出先で偶然出会うという特別なイベントもありましたっけ。

残り話数は少ないですが、二人のラブコメ展開はこれまで以上に楽しく見られそうです。こういうハイテンションなアニメにありがちな、終盤にダレる、失速するという心配はひとまずなさそう。


来週はなずなが伊波と対面?これはまた何やらニヤニヤ展開の予感がします、期待しています。



にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。