スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ2 第10話 「500 overs」 感想

おおっ、ここでこの人を出しますか。






『ストライクウィッチーズ2』第10話「500 overs」の感想です。


ここでマルセイユが登場するとは嬉しいサプライズ。

と言っても私はアフリカシリーズは未読なのですけれども、フカミネ氏のHPで紹介されているのを見てから「このキャラ良いなー」と気になっていたのです。アニメ未登場キャラの中では人気も高いようですし、ファンサービス的な意味もあったのでしょう。

2期では赤ズボン隊やウルスラといったゲストキャラも登場していますし、メディアミックス作品ならではの世界の広がりを感じさせてくれますね。


さてマルセイユ、あそこまで我が強い人物というのは驚きましたが、何につけても勝負勝負というのは子供っぽくもあり何となく憎めません。口だけでなく実力も伴っているのが格好良いですね。結局サインをあげたのは、勝敗云々より真剣勝負ができたことに満足したということなのかな。


501部隊にとっては異分子でもあるマルセイユがいろいろと波風を立てることで、普段は見られないエーリカの仲間想いな一面も引き出してくれました。大抵のことには無頓着なエーリカですが、トゥルーデを馬鹿にされるのだけは我慢ならなかったと。

あれだけ真剣になるエーリカも珍しいですし、マイペースな様子も相変わらず可愛いですし、キャラ回としてしっかり楽しめました。

「やーめた」「えええぇっ!?」のオチも面白かった。ちゃんと部屋を片付ければトゥルーデの二重得になってしまうところ、一体どうやって空気を読んだのか。


しかしマルセイユとトゥルーデの確執が描かれた割には、二人の和解や互いを認め合うというようなシーンは無く、その点は少し消化不良にも感じたのですが。ということで二人のエピソードの続きをやるためにも是非
3期を(笑


軍上層部はまた何かやらかしそうな気配ですが、最終盤どうなるでしょうか。1期と同様に戦艦ネウロイ化ではさすがにワンパターンですが…。

ネウロイとの決着もまたつきそうにないですが、それはまぁ良いとして、落とし所をどこに持ってくるのかは気になります。坂本少佐は死亡フラグとか言われているようですが退場はないと信じてますよ。。



↓クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
バルクホルンとマルセイユの和解がなかったのは、そんなことをする必要がないくらいお互いをすでに理解しあってるからだと思いましたねー。
バルクホルンも本気で腹を立ててたわけじゃなく、上官としての維持とか、仲が悪いわけではないけど、ウマが合わないってのがあったのでは。

マルセイユも根っこはエーリカに近い感じを受けましたしw
からかいにバルクホルンがムキになって、ニヤニヤしてそうなところとかw
最後の「私は忙しいんだ」の後、気合入ったいい表情の変化があったので、それで色々察してください、ということなんでしょうねw
■コメントありがとうございます!
なるほど言われてみれば、本当に関係が悪ければ最後のマルセイユの笑顔は出てこないでしょうね。

マルセイユとエーリカは似ているところがありますよね、規則に縛られず自由奔放なところとかも。エーリカとトゥルーデも、ずぼら対堅物で性格は正反対ですが嫌い合ってはいないですし、マルセイユも似た感じなのかもしれませんね。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

新キャラの登場ですね
ちょっとしたハルトマンの憂鬱と、その反動の小さな本気。
    第10話「500overs」最終決戦に備えた戦略の一環として、ネウロイに占領された島を奪還するようにとの指令がウィッチーズに下った。島への突入にあたり、2名のウィッチを奇...
© 2010 第501統合戦闘航空団 マルセイユ登場!
ゲストキャラは負けず嫌い! CV:御前 ぴったりヽ(゚◇゚ )ヽ(゚◇゚ )ノ カールスラント所属のハンナが作戦遂行のためやってきました。 自分が一番じゃないと気が済まないタイプでしたね。 おぱーいの大きさではシャーリーに完敗! 「形は世界一だ!...
ストライクウィッチーズ2 Blu-ray 第2巻 【初回生産限定】(2010/10/22)福圓美里商品詳細を見る ネウロイとの共存は不可能。軍上層部はネウロイを殲...
ストライクウィッチーズ2 第10話「500 overs」 今までストライクウィッチーズ感想は書いてきませんでしたが 2期が始まってから1期を全部...
(ストライクウィッチーズ シリーズ第22話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201009/article_13.html ...
第10話 『500 overs』 エーリカ回で新キャラ登場ぅ~。 ん~、新キャラが芳佳達を見て“子猫ちゃん”とか口にしていたので、百合な『お姉様』...
「私と戦って互角だったのは、エーリカ、お前だけだ」 エーリカとマルセイユがネウロイの撃墜数で勝負をする話。 今回はエーリカの当番回...
や~ら~れ~た~ ストライクウィッチーズ Blu-ray Box(2010/06/25)福圓美里千葉紗子商品詳細を見るストライクウィッチーズ2 #10 500 overs
ストライクウィッチーズ2 第10話 『500 overs』 ≪あらすじ≫ 501部隊に、マルタ島を結界で占領したネウロイ殲滅作戦の為、上層部が人気の取り...
勝負へのこだわり―
「おい、ハンナ。トゥルーデをバカにすんな!」 面倒くさがりなハルトマンの心に火をつけたのは? ネウロイとの戦いに進展はないものの、 ...
「悪いけど、サインはしない主義なんだ」 早朝、いつものように一人で訓練をする美緒でしたが、烈風斬を放った後に不自然な疲れ方 をし...
二人のトップエース。
やーらーれーたー(迫真)というわけで、「ストライクウィッチーズ2」10話彼女が本気を出したならの巻。対立の構図は登場人物の魅力を描く上で非常に便利である。キャラの性格や行動原...
悪いけど、サインはしない主義なんだ――。 颯爽と降り立ったアフリカの星の異名を持つマルセイユ。 カールスラント出身でハルトマンをライ...
「悪いけど、サインはしない主義なんだ」(byマルセイユ) -あらすじ- 軍首脳と今後のウィッチ征討についての軍議を行うミーナ中佐。...
もうひとりのスーパーエース登場。「ストライクウィッチーズ2」第10話。 軍上層部に大和に関する報告をするミーナ。 「我々に残された道は...
今日も朝から烈風斬の訓練をしている坂本少佐。 烈風斬を放った後、急に苦しみ?出す… 「やはり…避けられぬか…」 Σ(゚Д゚;エーッ! 何が?? 魔法力がなくなる事をってこと?? それとも何か他の?? どうしたんだよぉぉぉもっさん~!! 軍で色々報告中のミーナ?...
大門ダヨ 今回はハルトマンの話ですね ハルトマン可愛いなぁ~
背中で語りあう
マ、マルセイユー!!アフリカの星きた!これで勝つる! とまあ、最初に登場した時はかなりテンション上がったよ。 ゲームに登場した竹井...
バルクホルンのエピソードかと思ったら違うのね。啀み合うバルクホルンとハンナだけど、結局最後はエーリカが切っ掛けで手を取り合う展開になるのかと。意外とアッサリバルクホルンが引き下がったので、少し期待していたので物足りなかったかも?
 第10話「500 overs」    「やはり・・・避けられぬか?」  烈風斬で、海を切り裂くが痛みに苦しむ坂本、その頃、上層部と話をする...
ストライクウィッチーズ2ですが、坂本少佐は烈風斬で海を割りますが疲労の色も濃いです。アフリカの星のマルセイユがやってきますが、宮藤芳佳はカッコいい人と憧れと尊敬をもって接します。マルセイユはハルトマンをライバル視しますが、あまり相手にされません。(以下?...
単なるエーリカのお当番回にすることはなく、新顔のハンナ(ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ)をまさかの投入。ハンナの視点を入れることによって、カールスラント組の絆やプライドを引き出すことに成功した。ハンナ役には伊藤静。「スカイガールズ」の一条瑛花に続いて...
ストライクウィッチーズ2 オリジナル・サウンドトラック今回、登場したマルセイユはどうやらフミカネさんの同人誌のキャラみたいですね。 こ...
今回はエーリカ回だったのですが、何とも物足りなかったですね。 ここでマルセイユを登場させなくても良かったんじゃないかな。 ここ数回...
2期は艦隊戦が多くて、これで何回目でしょうか。きっと艦隊がストーリー本筋に絡むのでしょうね。ストライクウィッチーズ2 第10話 『500 over...
ストパン1クールだよね? 「ストライクウィッチーズ」 リネット・ビショップ 抱き枕カバー (キャラハイ製)ショップ: サーパラショップ楽天市場店価格: 8,977 円 【ゆうメール便対象】キャラハイストライクウィッチーズ ゲルトルート・バルクホルン 抱き枕カバー【予約...
ストライクウィッチーズ2 第10話感想です。 マイペースなトップエース達
違った方向で面白かったハルトマン回です。前回(第1期)みたいな展開になるのかと思ってましたが、ゲストなんかも登場して、ぴりりと引き締まったお話でしたね。
坂本さんがトレーニングをするが、魔力がなくなってきてた。そして、ヤマトが到着したことをミーナに報告する。ネウロイと共存は無理なので、破滅か殲滅かしかないと上の人がいう。...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。