スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月終了アニメ 総評 PART2

引き続き秋アニメの評価です。

PART2では

それでも町は廻っている、探偵オペラ ミルキィホームズ、FORTUNE ARTERIAL、パンティ&ストッキングwithガーターベルト、荒川アンダーザブリッジ×2、おとめ妖怪ざくろ、もっと To LOVEる、海月姫、屍鬼

の9作品の評価と、各種声優賞などにも投票させていただきました。






それでも町は廻っている

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

日常系コメディかと思いきや、かなり非現実的な不思議な話や、温かかったり切ない話もあり飽きずに楽しめました。小見川さんのハイテンションでコミカルな演技もハマっていたと思います。

合計点は23点。



探偵オペラ ミルキィホームズ

■ストーリー:3点
■キャラクター性:5点
■画:2点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

可愛い絵柄ではっちゃけたギャグをやるのが楽しかったですね。6話あたりはお話的にもまとまっていて特に好きでした。

合計点は21点。



FORTUNE ARTERIAL

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:5点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

吸血鬼モノとしては問題を先送りしただけのようなスッキリしない終わり方で、学園ラブコメとしても少し弱かった気が。作画は安定していたかと。

合計点は21点。



パンティ&ストッキングwithガーターベルト

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:4点
■総合的な評価:2点

下ネタ嫌いというわけではないのですが汚なすぎるのはちょっと…。好みの問題なのですが。キャラも個性的で映像・演出・音楽もインパクトがあり良かったのですけどね。

合計点は20点。



荒川アンダーザブリッジ×2

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

キャラクターは皆個性的で見ていて楽しい。金星関係の話が進むと見せかけてそうでもなかったのは少し残念でしたが、続編はあるのでしょうか。

合計点は20点。



おとめ妖怪 ざくろ

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:5点
■演出:4点
■音楽:4点
■総合的な評価:4点

1クールでしっかりストーリーに区切りをつけてくれたのが好印象。半妖のこと、ざくろのこと、沢鷹のことなどは過不足なく語ってくれたように思いますし、後半に向けて徐々に盛り上がっていくのも良かった。妖人省の面々は好感の持てるキャラばかりでしたが、個人的には百緑、橙橙が好きでした。

合計点は25点。



もっと To LOVEる

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

短編3つで1話という構成でテンポも良く、多くのキャラにスポットが当たるようになっていたのが良かったですね。とにかく女の子キャラを可愛く色っぽく描くということについては力が入っていました。

合計点は20点。



海月姫

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

蔵之介によってアマーズの面々が少しずつ前向きに変わっていき、天水館のために奮闘する様子が爽快でしたが、結局それが報われたということではなく妙な形で話が終わってしまったのが勿体無い。月海や蔵之介が母親を想う切ないシーンとコミカルなシーンのメリハリは良かったですね。

合計点は21点。



屍鬼

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:5点
■音楽:5点
■総合的な評価:4点

映像、音楽全て含め、恐怖や不安を煽る演出が秀逸。終盤、人間が反撃に転じる瞬間や、屍鬼以上の狂気を感じさせる描写など、迫力がありました。

合計点は26点。



■ベストキャラクター賞
イカ娘
(侵略!イカ娘)


彼女の魅力だけで持っていたようなアニメでした。良い意味でね。子どもらしい無邪気さを感じるキャラで見てると癒されます。

■ベストOP賞
正解はひとつ!じゃない!!
(探偵オペラ ミルキィホームズ/ミルキィホームズ)


作風にピッタリ合った、ハイテンションで可愛らしい曲。謎の中毒性がありすっかりやられてしまいました。

他には、ざくろのMOON SIGNAL、伝勇伝のLAMENTあたりも好きでした。

■ベストED賞
Fallen Angel
(パンティ&ストッキング/Aimee B)


こちらは逆にアニメ本編の雰囲気とはガラリと変わるのですが、エンディングらしく切なくしんみりするような曲調がすごく好みです。

■ベスト声優賞・男性
櫻井孝宏さん
(おとめ妖怪 ざくろ/総角景)


優しい演技でざくろとのにやにや空間を作ってくれていました。ヘタレ演技も楽しかった。

■ベスト声優賞・女性
田村ゆかりさん
(刀語/とがめ)


さすが、シリアスな演技、コミカルで可愛らしい演技ともに良かったですよね。1年にわたってとがめの色々な面が見られて楽しかったです。



ということで、毎度のことながら遅くなりましたが秋アニメの評価でした。

今回は実は前クール、前々クールに比べてそれほどのめり込んだ作品というのは無かったのですが、「総合的な評価」はほとんど3点以上、合計点もほとんど20点以上と、平均かそれ以上に楽しめたアニメがとても多いクールでした。

もちろん好みに合わず途中で見なくなってしまう作品はこの評価に含まれていないわけですけれど、それでも19作品です。これまでで一番多く最後までアニメを見たというクールでした。

冬アニメもそろそろ終盤にさしかかりますし盛り上がってくれることを期待しています。


ピッコロさん、企画にお誘いいただきありがとうございました。集計結果楽しみにしております。



にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わざわざご連絡ありがとうございます。

こちらこそ、これまで大変お世話になりました。
読み応えのある考察・感想記事、楽しませていただきました。
跡地も残されないということのようなので、リンクは削除させていただきますが、また何かの機会に交流できることを楽しみにしております。

これまでお疲れ様でした。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人というところのブログで 12月終了アニメの評価募集があったので 僕もその企画に参加したいと思い記事を書きました。 まあ深夜枠アニメはあまり好みがなく 今期終了アニメの朝アニメで知っているのはアニメイテッドだけで ア...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。