スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年3月終了アニメ 総評

恒例ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんのアニメ評価企画に参加させていただきます。遅くなってしまいましたが冬アニメの評価ということで…。






評価項目は以下の通り、

■ストーリー
(脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等)
■キャラクター性
(キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等)
■画
(キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等)
■演出
(声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等)
■音楽
(OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等)
■総合評価
(この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等)


評点の基準は以下の通りとなります。

:とても良い :良い :普通(及第点) :惜しい。何かが足りないレベル :悪い :かなり悪い



君に届け 2ND SEASON

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:4点

2クールあった1期に比べ、話にあまり幅が感じられず、若干、爽子と風早のすれ違いを引っ張りすぎたかなぁという気もします。ただその分焦点は絞られていましたし、それを乗り越えた時の感動はありました。くるみや龍などサブキャラも相変わらず良かった。

合計点は23点。



魔法少女まどか★マギカ

■ストーリー:5点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:5点
■音楽:5点
■総合的な評価:5点

スタッフからしてただの魔法少女モノでは終わらないだろうと思っていましたが、ストーリーのシビアさは予想を完全に越えていました。どんどん鬱の度合いを増していく展開に惹きこまれましたし、各話の引きも次を見たいと強く思わせてくれるものでした。可愛らしいキャラデザとのアンバランスさも面白く、梶浦さんの音楽や劇団犬カレーの不気味な異空間映像などもさすが、スキが無く見所の多い作品だったと感じます。

合計点は28点。



IS<インフィニット・ストラトス>

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:2点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

ハーレムアニメとしては可愛いキャラも多く作画も安定、「ブヒる」という言葉を流行らせるほどの力がありましたが、ヒロイン間の露骨な格差など疑問を感じる部分も。メカ戦闘アニメとしては、やや浮き気味の3DCGと速くてよく分からない動きのためにあまり迫力は感じられず、また相手が無人機というのもいまいち盛り上がらず。シリアスになるとちょっと弱いなぁという印象の作品でした。

合計点は17点。



フリージング

■ストーリー:2点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:1点
■音楽:4点
■総合的な評価:1点

何やらシリアスそうな設定・展開もあった作品ですが、結局はエロに流れてしまって中途半端に。そのエロも、シチュエーションでどうこうと言うより単に服が破けたり、脈絡無くサービスシーンがあったり、淡白なものでした。手ぶれカメラ演出は多用され過ぎでワンパターンに感じたり。横山さんのBGMは好きでした。

合計点は15点。



これはゾンビですか?

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:2点
■音楽:4点
■総合的な評価:2点

テンポ良く笑わせてくれる回もありましたが、そうでもない回もあり、ギャグもシリアスも少し中途半端に感じました。ゾンビも異世界も吸血鬼も忍者も何でもアリというカオスな感じは面白かったので、いっそギャグ(と萌え)に特化させても良かったような。OP、EDは好きでしたし、BGMはギャグっぽい戦闘曲もありましたが物悲しいヴァイオリン曲なども印象に残っています。

合計点は17点。



ドラゴンクライシス!

■ストーリー:1点
■キャラクター性:3点
■画:3点
■演出:2点
■音楽:3点
■総合的な評価:1点

主人公に感情移入できず、「エンゲージ」と口にする演出もどうも間が抜けていて、シリアスパートやバトル描写にあまり熱くなれませんでした。メインヒロインのロリキャラは私の好みに合わず、かと言って他のサブヒロインたちも話の中であまり活かされず、萌えの面でも物足りなさが。作画はやや不安定だったもののキャラデザは好きでした。

合計点は13点。



放浪息子

■ストーリー:5点
■キャラクター性:4点
■画:5点
■演出:4点
■音楽:4点
■総合的な評価:4点

女装少年というのはあまり身近ではないですが、思春期特有の葛藤や戸惑いがしっかり描かれていたためそれほどキャラとの距離を感じることなく見ることができました。温かさを持っていたり、弱さを見せてくれたり、人間味を感じるキャラが多かった。淡い映像も物語にマッチしていました。

合計点は26点。



フラクタル

■ストーリー:3点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:2点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

未来でありながらのどかで自然豊かな世界観、自ら思考し生きることに価値を置いたストーリーなど、面白そうな要素はありました。ただキャラクターに案外掴みどころが無く感情移入し難く、物語もここぞというところで盛り上がりきらなかった気がします。

合計点は17点。



レベルE

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:5点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

とにかく好き勝手やる王子のキャラがインパクト大、雪隆やクラフトとの掛け合いは笑えました。カラーレンジャー編などいまいち好みに合わないものもありましたが、2~3話完結の短編はそれぞれテンポも良く見やすかったです。各エピソードのどんでん返しは素直に驚いたものもあれば、そのオチは反則なんじゃないのとツッコミを入れたくなるようなものも。ともかく飽きさせない作りにはなっていました。

合計点は22点。



夢喰いメリー

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:2点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

目標・夢をテーマにしたストーリーや、適度にダークな雰囲気、夢世界の映像などは好きでした。ただ、特に終盤ですがストーリー展開や演出のテンポが間延びしているように感じられたのは残念。敵キャラも単なるサディストのようであまり魅力が感じられず、最後はよくある勧善懲悪モノのようになってしまって勿体無く思いました。キャラは可愛かったですね。

合計点は19点。



バクマン。

■ストーリー:4点
■キャラクター性:3点
■画:4点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

夢を追いかける青春ストーリーということで好きなジャンル。2クールの間似たような葛藤を繰り返しているようで終わってみると少し単調だったようにも感じましたが、それなりに楽しめました。キャラは皆熱さを持っていましたが、それらが派手に発散されるわけではないので映像的にはやや地味。作業場や編集部など漫画制作の舞台裏が見られたのは面白かったです。

合計点は20点。



テガミバチ REVERSE

■ストーリー:4点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

1期に比べ、本筋(ゴーシュの件)が語られた分ストーリー展開は楽しむことができました。演出も映像も1期に引き続き控えめで地味でしたが、それがこの作品の味だと思うのでそれほど不満ではありません。逆に少し派手になっていた梁さんのBGMがあまりテガミバチっぽくないなぁと感じたり。

合計点は20点。



みつどもえ 増量中!

■ストーリー:3点
■キャラクター性:4点
■画:4点
■演出:4点
■音楽:3点
■総合的な評価:3点

タイトルに反し話数は減量。やはり物足りなさは残りましたが、相変わらず笑えるネタは多く、かつワンパターンでないので楽しめました。キャラがはっきり立っているというのは強いですね。

合計点は21点。



お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

■ストーリー:2点
■キャラクター性:4点
■画:3点
■演出:3点
■音楽:3点
■総合的な評価:2点

互いにシスコン・ブラコンの兄妹など、序盤はたしかにインパクトがありましたが、どうももうひとつ突き抜け切れなかった感も。実は血が繋がっていなことを妹は知っている、妹は知っているということを兄は知らない、というややこしい関係も面白かったですが、実際は思ったほどコメディに活かされず、物足りない気がしました。

合計点は17点。



■ベストキャラクター賞
キュゥべえ
(魔法少女まどか★マギカ)


愛嬌のある外見と中身のギャップが…。腹が立つほどインパクトのあるマスコットキャラでした。

■ベストOP賞
ハリネズミ
(フラクタル/AZUMA HITOMI)


葛藤を感じさせつつもエネルギーのある歌詞が好きです。

まどかマギカの「コネクト」、これゾンの「魔・カ・セ・テ Tonight」、ドラゴンクライシスの「インモラリスト」、夢喰いメリーの「Daydream Syndrome」など、今期は好きなOP曲が多かった。

■ベストED賞
ユメとキボーとアシタのアタシ
(夢喰いメリー/佐倉綾音)


可愛らしい曲調と歌声、前向きな歌詞が良いですね。

他に好きだったのは君に届け2の「君に届け…」、これゾンの「気付いてゾンビさま、私はクラスメイトです」、レベルEの「夢~ムゲンノカナタ~」など。

あ、あと放課後のプレアデスの主題歌も。CD発売されないのかなぁ。

■ベスト声優賞・男性
浪川大輔さん
(レベルE/王子)


掴みどころが無く人を食ったようなキャラを見事に演じられていました。

■ベスト声優賞・女性
斎藤千和さん
(魔法少女まどか★マギカ/暁美ほむら)


クールな表情の裏に感情を押し殺している様子、終盤の泣きなど迫力を感じる演技でした。



ピッコロさん、いつも企画にお誘いいただきありがとうございます。そして記事作成がいつもいつも遅くなってしまい本当に申し訳ありません…。

さて春アニメもあっと言う間に最終回ラッシュですね。ブログの更新はからっきしですが、アニメを見てはいるので、また評価企画などの機会に自分の感想をまとめられれば良いなと思います。



にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 ちなみにブロガーさんじゃなくても参加できるので 「メタベイファン」などの朝アニメファンもどし...
今回はアニメ評価の記事を合計3つに分けさせてもらいました。 何故なら3月は僕がもっとも評価企画の参加に力を入れる時だから。 そして遊戯王5D'sがあまりに最高だったからです。 さて遊戯王5D'sの評価記事は続きからを!!!
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表するだけじゃ面白くないので こんな感じに仕上げてみました。 さぁ今期の評価記事最後の...
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 しとらすの場合はどのシーズンもそれほど数を見る方ではないのですが、今期はいつも以上に少なめだったような気がします。そして途中で?...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。