スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 感想

当麻「お前らだって主人公の方がいいだろ!?
脇役なんかで満足してんじゃねえ!
命を懸けてたった一人の女の子を守りてぇんじゃないのk」


もうやめて!ギップルのライフはとっくにゼロよ!






台詞がクサい!そして長い!さらにくどい!

あまりのクサさに思わずギップルなんて古いネタを持ってきたくなる、そんな『とある魔術の禁書目録』第6話「幻想殺し~イマジンブレイカー~」感想です。


クサいのは熱さの裏返しと言うか、主人公の個性なので諦めた方が良いのかもしれませんが、この同じ事を何度も強調するような台詞回しは何とかならなかったのでしょうか。

ちょっと他のブログ様の記事で補完したところ、ここの当麻の長台詞は原作通りなんだそうです。丁寧に原作をなぞってくれるのは本来は悪いことじゃないはずなのですが、やっぱり活字で読む時と映像で見る時では感じ方、特にテンポに関する感じ方が全く違うわけで。せっかくアニメになったのだから、台詞の合間にアクションを挟むとか、ステイル達の表情をもっとクローズアップするとか、インデックスとの思い出的な回想シーンを入れるとか、長い・くどいと感じさせないような工夫が欲しかったですね。

で、先週書いた「説明台詞の多さ」なのですが、これについては当麻の長台詞に取って代わられたのか、今回は気になりませんでした。まぁ今度はドラゴンブレスについて説明が足りていなかった気がするのですが、これは喜ぶべきなのか文句を言うべきなのか悩みます…。あの羽はインデックスの強力な魔術の残滓、ということなんですよね?


と、最初にいきなり不満点を書いてしまいましたが、今回は見所というか良いところもかなりありました。

戦闘シーンの光のエフェクトは迫力があってすごかった。スタッフの気合を感じました。動きは地味でしたが、単に当麻が相手に触れれば終わる戦闘システムのためこれは仕方がありません。

ステイルと火織が当麻に協力する展開も、ずっと見たいと思っていたのでカタルシスがありました。あ、ステイルのルーンがコピー用紙じゃなくなってる…学習したんだなお前も。

そして当麻の記憶…。あの結末は完全に予想外。インデックスの記憶を守った代償が自らの記憶というのは何とも皮肉。しかし心に残る想いによって、当麻とインデックスの絆は無には帰さなかったと。エピソードの締めとしては良い話だと思います。記憶破壊は当麻の芝居だったの?と一旦思わせるあたりもひねりが利いていました。


ただ、この病院でのシーンはホントに綺麗にまとまっていて「良い最終回でした」状態だったのですが、その後のステイルと科学側の重要人物の会話シーンで再び白けてしまった感も…。

あのシーンが次のエピソードのための「つなぎ」だということは分かるのですが、さすがに長すぎでは。あそこは病院のシーンの余韻を残したままもっとあっさり終わらせて、語りきれなかった分は次週に回しても良かったように思います。


ディープブラッドというのは吸血鬼の天敵のように言われてましたが、ヴァンパイアハンターのようなものなのでしょうかね。当麻がどの程度の記憶を失ってしまったのかも気になります。ようやく一つのエピソードが終わったと言う感じで、来週からの新展開に期待します。



↓ランキング参加中です。共感できた、という方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■ギップル……ってグルグル?
>ステイルのルーンがコピー用紙じゃなくなってる
 
 言われてみればそうだった気がします。ほんと学習しましたね。コピーしている姿を想像すると微笑ましいものがありますがw

 当麻のセリフ非常に長かったですね。ノリが前回と同じでさらに長くなるとは、確かに工夫して欲しかったですね。
■ルイさん、コメントありがとうございます
当麻の台詞はもうちょっと短かったとしても、あれと同じくらいの熱血ぶりを表現することはできたと思うんですけどね…。その後のシーンが良かっただけに、少しもったいなかった気がします。

ギップルはグルグルですね。あんな懐かしいものがなぜ突然思い浮かんだのかは自分でも謎ですが。ギップリャ。
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

その幻想をぶち殺す! 公式よりあらすじ。 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が...
セント☆ジョージ!? て・・・誰? あ、このバチバチしてるのが聖ジョージの聖域なんですね? えっと・・・それは何ですか・・・? 「...
[関連リンク]http://project-index.net/第06話 幻想殺し(イマジンブレイカー)インデックスに刻まれていた教会の刻印を自らの右手のイマジンブレイカーで破壊するそしてヨハネのペンによる...
とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレーカー)」  インデックスの為なら他人を殺す事を厭わないというステイル。思ったよ...
俺のこの手でぶち壊す! 今、この命と魂を燃やし尽くして! 届け!! とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)(2009/01/23)佐藤利...
当麻、ついにインデックスを救うって話でした。
★★★★★★☆☆☆☆(6) インデックスに仕掛けられた防衛プログラムを 当麻が幻想殺し(イマジンブレイカー)でぶっ壊す話。 インデッ...
そげぶ! というわけで第1巻もようやく消化完了しつつ、次の話のネタ振りの回。 戦闘はエフェクトとかも派手めで良かったー。 んだけど、...
6話「幻想殺し イマジンブレイカー」話としては面白いと思うんですよ…展開も、まさ
完結編……と思いきや!
上条がかっこよすぎた回。惚れる><インデックスが光の柱を放つ。何故魔術を使えないインデックスが魔術を使えるのか。それは教会が嘘をついているだけだった。ステイル「Fortis931」服の中から無数のカードが壁に張り付く。そしてステイルは上条の背中を押す。ステイル...
うわ、こんな展開に進むのか… インデックスを無事助けたものの代償として当麻の記憶が失われてしまう事に。 インデックスと再会した時...
インデックスの禁忌の場所に触れてしまったために発動する「聖ジョージの聖域」。その攻撃を跳ね返してインデックスを救うことが出来るのか?当麻!!!「幻想殺し(イマジンブレイカー)」あらすじは公式からです。インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は...
やっと終わりましたか…。 なんかもうやっと終わったか…という感想でほとんど脳が埋まっている状態です。 そんなわけで次回からはどんな...
面白いんだけど、もっと面白くてもいいハズと思ってしまう。とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」? の感想です...
6話感想です(^^) 当麻がインデックスの口の中に右手を入れた途端、『聖ジョージの聖域』が発動。 インデックスは当麻に襲い...
 とある魔術の禁書目録    #06 『幻想殺し(イマジンブレイカー)』 感想  体が熱い!!  そして当麻男前過ぎる・・・orz  -キ...
「ローラが仕組んだ首輪の魔術がインデックスのヨハネのペンを発動させ聖ジョージの聖域\"竜王の殺息=ドラゴン・ブレス\"が当麻を襲う…」「とある魔術の禁書目録第6話幻想殺し・イマジンブレイカー」「誰もが笑って迎えられる結末を目指して当麻が聖ジョージの聖域\"竜王...
とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray) インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が圧迫されるせいでも、一〇万三〇〇〇冊の魔道書を記憶しているせいでもなかった。わずかな違和感から、上条はそ...
『・・・神様。この物語(せかい)が、あんたの作った奇蹟(システム)の通りに動いてるってんなら・・・まずは!その「幻想」を、ぶち殺す!!』 上条さんの想いは、インデックスに届くのか? そして、誰もが望むハッピーエンドは訪れるのか? 予想外の結末に驚かされる?...
幻想という迷路を破壊せよ。 第1章完結。破壊神と化したインデックス、それこそ幻想だと思いたいw ではとある魔術の禁書目録感想です。 ...
「てめぇらずっと待ってたんだろ!?インデックスの記憶を消さなくてもすむ、インデックスの敵にまわらなくてもすむ・・・そんな誰もが笑っ...
かなり直感的に動く割には口数が多いというか、いちいち説明が多いというかなんというか・・・。そんな主人公が悪くもないなぁと思えれば素直に楽しむことができそう。ちなみに自分はまぁそこまで気にはならないから大丈夫・・だろう。とある魔術の禁書目録(1)で、今回...
何の自信もないのにインデックスを救うという、当麻のヒーロー気取りは前話でステイルから戒められたはずだが、そんなことは知らぬとばかりの当麻。インデックスの「セントジョージの聖域」を撃ち破る当麻のイマジンブレーカーの強さ(もしくは都合の良さ)は主人公バイア...
▼ 第6話「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 手を伸ばせば届くんだ! いい加減に始めようぜ、魔術師――!! 全ては禁書目録を守るための偽...
「テメーはインデックスを助けたくないのかよ!!」 一年おきに記憶を消さなければならないというのが嘘だと見破った当麻。 そして魔術を...
とある魔術の禁書目録 第6話「幻想殺し(イマジンブレイカー)」  インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完...
第6話 『幻想殺し(イマジンブレーカー)』  まったく、よくやってくれたな、この野郎・・・、 いやいや、このインデックスちゃん、 なんと...
決戦、終了! しかし……
とある魔術の禁書目録 第6話キャプ感想です。 結末と代償――――――
第6話『幻想殺し(イマジンブレイカー)』とある魔術の禁書目録 第1巻 (初回限定版)とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)当麻はインデックスを助けることが出来るのでしょうか?
心に、じゃないですか? 「とある魔術の禁書目録」第6話のあらすじと感想です。 当麻、いいこと言いやがるじゃないですか。 (あらすじ...
インデックス怖すぎでした。
ちっとぐらい長いプロローグで絶望してんじゃねぇよ!!
「そういや、ひとつだけ聞いてなかったっけな。超能力者でもないてめえがどうして魔術を使えないのかってわけ」 当麻は機械的なしゃべり方を...
回を増すごとに苦痛になってきたこのアニメ、それも全く魅力の無い主人公が原因なわけですが、どれだけかというと、スクールデイズの誠並の不快感を与え魅力はそれ以下・・・・・・主人公としては認められないレベルですな。 「あなた、最低です!」 このセリフって...
 「てめぇらずっと 待ってたんだろ!? 誰もが望む最高な ハッピーエンドってやつを
こちらは感想です(内容)インデックスには使えなかったはずの魔術を使っている事を指摘する上条。記憶消去の必要性も、魔術が使えない事もすべては教会にとって都合良く進めるための嘘だと説明する上条ですが…魔術を使えることに驚きつつも確証がないより取り敢えず命だ...
第6話 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」 侵入者撃退の体勢に入ったインデックスと上条の戦い。 無表情のインデックスが恐い… 対象を...
今回は、当麻がインデックスにかけられた魔術を打ち破るお話でした。 とにかく右手の力恐るべしですが、インデックスにかかっている魔術による防壁の凄いこと凄いこと。 最後は記憶破壊までもたらしてましたが、それで済んだだけマシなんでしょうねぇ。 ステイルと火...
 インデックスの記憶を一年周期で消さねばならない原因は、彼女の持つ完全記憶能力によって脳が圧迫されるせいでも、一〇万三〇〇〇冊の魔道書を記憶しているせいでもなかった。わずかな違和感から、上条はその事実にたどり着き、教会の手により、インデックスの脳のほと...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。