スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD AFTER STORY 第7話 「彼女の居場所」 感想

もう一つの家族。
もう一つの居場所。







青春の中でもがく少年たちにとって、「家族」とは何か。

若さゆえに迷う少女たちにとって、「帰る場所」とは何処か。


『CLANNAD AFTER STORY』 第7話 「彼女の居場所」、感想です。


「みなさんにとっては、ここが自分のうちのようなものなんですね」

渚のこの言葉からも明らかなように、今回出てきた不良の集まりは「疑似家族」としての側面を強調して描かれています。不良グループのメンバーは、多くが本来の(血の繋がった)家族との間に問題を抱えている。居場所を失い、寄り添うようにして集まってできたのが今のグループだというわけです。

それで彼らが救われているとしたら一見良い話ですが、しかし、私は敢えて言いましょう。
それは逃避ではないのか?解決すべき本当の家族の問題から目を背けているだけではないのか?弱い者同士が集まって、傷を舐め合っているだけではないのか?

その上でこうも言いましょう。

それでも、良いではないかと。

あの年代の少年少女にとっては、家庭の問題というのは非常に重く、自分の力で解決するには大きすぎる問題です。思春期特有のプライドが親との関係をこじらせるのは珍しいことではありませんが、こじらせすぎればもはや手に負えなくなってしまいます。そこからいっとき逃げ出したからといって、誰が彼らを責められるというのでしょうか。

問題の解決には時間が必要な場合があります。彼らがちょっとだけ成長しなければ取っ掛かりさえ見いだせない場合もあります。不良をやっている彼らには今、そのための時間が与えられているのでしょう。

逃げた先にもう一つの家族を見つけられた彼らは、むしろ幸運だったのかもしれません。


そうして今の不良グループの居心地の良さとそれに救われている少年少女の姿を描く一方で、春原にはこう言わせています。

「離れていても絆が結ばれている。それが家族ってもんなのさ」

これはどう解釈すべきでしょう?次回を見てみなければ何とも言えませんが、「不良同士、離れていても絆がつながっている。だからまるでこれは本当の家族のようだ」という話にするための伏線の可能性もあります。

ただここでは敢えて、別の読み方をしてみたいと思います。この言葉は「本当の家族」の絆の重要性を訴えているのだ、と。

少年達は今は仲間同士身を寄せ合うことで救われていますが、いつまでもそのままというわけにはいきません。いつかは厳しい現実に目を向け、「家族」という困難な問題に向き合わなくてはいけません。家族であれば、離れていても絆が結ばれている。その貴重な絆を自ら手放すようなことはしてはならないし、またその絆があるからこそ関係修復が不可能ということもないと思います。

アニメでここまで描いてくれるかどうかは別として、あの少年・少女たちがこのことに気付きさえすれば、そこにはより温かく優しい「帰るべき場所」が待っていると思うのです。


最後に、有紀寧のことにも少し触れておかなければいけませんね。

この不良グループをあたかも家族のような温かい場所にしているのは、彼女の存在によるところが大きいですよね。有紀寧はあの不良たちと同年代ではありますが、母親のような無条件の優しさと包容力を持つ者として描かれています。

ここでふと疑問に思うのが、サブタイトルの「彼女の居場所」。この「彼女」というのは有紀寧を指しているのだと思いますが(勇君の姉という可能性もなくはないですけど)、だとすると有紀寧にとってあの不良グループはどういう意味のある「居場所」なのでしょう?何となく慕われているから、何となく母親のような役割を演じている?「頼られる」ということ自体が彼女に満足感を与えているのでしょうか?彼女も彼らから何かを得て、救われている部分があるのでしょうか?

「家族」というものはその中の特定の誰かに対してだけではなく、母親も父親も含めた全員にとって優しい場所であることが理想です。有紀寧にとってのあの場所は何なのか、語られることを期待しつつ次週を待ちたいと思います。



↓ランキング参加中です。応援していただける方はクリックを!
にほんブログ村 アニメブログへ
■コメント
■コメントの投稿
コメントありがとうございます。アニメの記事について、原作のネタバレなどアニメ本編で明かされていない情報の書き込みは控えていただくよう、お願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック
いつもお世話になっております。TBの多重送信、誤送信は気付き次第こちらで対応いたしますのでお気になさらず。

CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話「彼女の居場所」 第七話感想。 ゆきねぇの人柄が光る回。 …なんですが、やっぱり春原がおいしいところを持っ...
これはきっと『絆』の話なのでしょう。クラナド CLANNAD AFTER STORY 第7話 「彼女の居場所」 の感想です。 例えば、こうしてウェブを閲覧する...
「いつも隣で見てます、って3回唱えるんです」
CLANNAD~AFTERSTORY~の第7話を見ました。第7話 彼女の居場所「何で資料室にコンロがあるんだ?」「此処は本だけじゃなくて色んな使われなくなったものが置いてあるんですよ」「料理が上手くて成績優秀、おまけに美人で気立てもいい。有紀寧ちゃんを見てると心が癒され...
 資料室にいつもいる宮沢有紀寧は、朋也・渚・陽平が訪ねて来て残されていたコンロを使って チャーハンを作っていた。資料室には光坂高校で使われなくなった物が置かれおり、仕える物は 自由に使える状態だった。「料理が上手くて成績優秀。おまけに美人で気立ても良い...
今週は有紀寧さん編の前編。
有紀寧ちゃんはホントいい子ですね(^O^) その笑顔でみんなを癒します♪
■CLANNAD~AFTER STORY~ 『最近・・・やっと自分の気持ちに気が付いたんだ。この愛はホンモノさ!!』 『ありがとうございます。 でも、春...
宮澤有紀寧は不良達の姉御でした。
「おまじないを教えてあげます」 「家族のような存在があれば人は大きく道を踏み外さない」 「反面教師って知ってるだろう? 僕はそれをやろうとしてるんだよ」 この記事はネタばれが含まれてます ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください...
  やっと自分の気持ちに気が付いたんだ。 この愛はホンモノさ! CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話 「彼女の居場所」 の感想です。
第7話 『彼女の居場所』  はて? オープニングの謎の少女は、 朋也のもう一つの人格って事ですか?(なんか大きな勘違い) 殻に篭ってい...
 CLANNAD ~AFTER STORY~  第07話 『彼女の居場所』 感想  うーむ、この話は伏線と見るべきか?    -キャスト-  岡崎朋也: 中村...
  もうちょっと続けてみようかな。 CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話 「彼女の居場所」の感想。 見てて面白いんだけど これなんかオチが読めた...
2つの光がきらめいた キラッ☆ 幻想世界に、冬が訪れようとしていました。 急がなければ手遅れになってしまう・・・ この家を離れ...
天使、女神、救世主! のような存在としか思えない有紀寧。専用ルートに入っても相変わらずです。 ではCLANNAD感想です。 お年玉くじ付き年...
いつも隣でみてます いつも隣でみてます いつも隣でみてます お友達と仲直りできる、お・ま・じ・な・い
CLANNAD AFTER STORY 1 (初回限定版)(2008/12/03)中村悠一中原麻衣商品詳細を見る 春原って反面教師としては最高ですねw 第7話感想です(^^) ...
急にいままでの緩い雰囲気が壊れるような展開が待っているのかと思ったら意外とゆきねぇが中心となって話が進むからそうでもなかったみたいな? ユキねぇに関わってくる悪そうな人たち 喧嘩もするけど根は優しい人たちなんですよと 不良たちは宮沢兄がいなければ「道...
二つの不良グループから、兄の宮沢カズトに代わって姉貴として慕われている宮沢有紀寧。資料室の天使ともいえる彼女の秘密に迫る今回の話。...
今回から有紀寧編に入りました。 きちんと前の話の伏線をつなげているのはさすが京アニ。 ごつい男たちが出入りしていたのは有紀寧のお兄さんつながりだったんですね。 対立していても喧嘩が終わればノーサイドの彼ら。 有紀寧も手伝っている店ではみんないいやつでし...
今回と次回で有紀寧ルート。正直原作でも1番印象薄いルートなのは否定できず、アニメ化しても地味なんだろうな~と思ってたら案の定地味...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話 「彼女の居場所」 感想  いつまでも姉ちゃんに甘えてちゃ駄目なんだ。  離れていても、絆が結ばれてる・・・ ...
みなさんお待ちかね、ゆきねぇの話。ゆきねぇは好きなんだけど、話の内容は個人的に・・・。2008年12月03日発売CLANNAD AFTER STORY (1)(初回限定版)早速感想。とりあえずあれだ、渚のあのポーズで「いつも隣にいます」って三回ささやかれたいね(笑)あの坊主がや...
こんばんは、壱拾12です。 最近更新するのがくちゃくちゃだるいですorz まあ、就活終わるまでは更新頻度がまた下がると思います。 という...
ほうほう、これは難しい。 難しいというのは感想を書きづらいという意味合いで言っているわけでありまして…。 なんか今までとは違って終盤...
 いつも、眠たそうに見える宮沢さん。何でも話を聞いてくれる、お姉さん的な存在。実は1期から、その素性を密かに知りたいと思っていました。やはり、裏でもイイお姉さんでした。  資料室に行ったらお茶が出てきて愚痴を聞いてくれる。これが、酒だったらスナックのマ...
「春原さんにはもっとステキな方が現れると思います♪」 いつものように?一瞬で玉砕する春原でしたw てことで、今回はみんな大好きゆき...
和みワールド展開。 宮沢有紀寧 編スタート (追記しました) CLANNAD AFTER STORY 2 (初回限定版)(2009/01/07)中村悠一中原麻衣商品詳細を見る
有紀寧の話の前編です。
何かが変わり始めていた。冬の訪れと共に――。 幻想世界では冬が訪れ、少女が眠ることが多くなり。 ロボは、旅立ちを決心する…。 毎日が...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話、「彼女の居場所」。 ゲーム版はやっておりません。 どうやら有紀寧さんのエピソードのようです。
CLANNAD AFTER STORY 2 (初回限定版) 資料室の有紀寧のもとを訪れた朋也と渚と春原の3人。いつものように有紀寧のもてなしをうけていると、突然ケガをした男がやってきた。事態がのみこめない朋也たちを前に、男の手当てをする有紀寧。どうやら有紀寧の知り合いらしい...
第7回「彼女の居場所」有紀寧さんのもとに相次いでやってくるイカツイ人たち。有紀寧さんのお兄さんがグループのトップらしく
幻想世界の冬---------。白い雲が広がり、何かが変わり始めた世界。眠る時間が増えた彼女。決意を固めるボク。ここを出て行くと、もう二度と戻れない。それでもあの場所へ行くと・・・。ってことで、タイトル画の光の玉がまた増えましたね(^^)今回から宮沢のターン開...
朋也の後輩で、よく学校の資料室にいる宮沢有紀寧は面倒見がよく温厚な性格で、誰に対しても親切に接するため、多くの生徒に慕われている。...
期待していたんだけど・・・・・ww 有紀寧ルートだから期待していたんだけど、不良
CLANNAD AFTER STORY 第7話感想です。 おまじない炸裂♪
<あらすじ> 幻想世界。 冬が訪れるのが近くなり少女は寝ていることが多くなった…。 冬になると少女は動けなくなり、また、家から離れてしまうと帰れなくなる…しかし、「僕」は向こうの世界へ行きたいと言う。 何故か有紀寧に資料室で料理を振る舞ってもらって...
[関連リンク]http://www.tbs.co.jp/clannad/第07回 彼女の居場所美佐枝さん編も終了したということで今回からは有紀寧編ですねさてさて京アニはどうやって有紀寧の物語を展開していくのでしょ...
やっと回ってきた資料室の主のターン。割烹着姿の宮沢有紀寧のポニテ?は、いいですね。久々に見たおまじないは、怖面の兄さんをギャグの世界へ誘う?
「彼女の居場所」 CLANNAD AFTER STORY 1 (通常版)(2008/12/03)中村悠一中原麻衣商品詳細を見る
兄弟、姉妹は・・・、
今回非常に感想書きにくいですね とりあえず今回はハイパーゆきねぇタイムとゆうことで ゆきねぇかわいいよゆきねぇ ゆきねぇーーー...
今回からは、クラナドの癒し系ゆきねぇのルートに突入。 あ~ピラフが食べたい…(ぇ
ゆきねぇルート開始でございますな? ひたすら穏やか~だけどニブい訳でも空気読めない訳でもなさそうな彼女、 授業には出てるのか?とか何でそんな色んな物が揃ってるんだ資料室!とか 良く考えてみるとCLANNAD中で背景が一番ナゾかもしれん。 ともあれいやぁ~癒された!...
今回から話が変わった証拠に、OP前のお話は“終わってしまった世界”の二人の話でした。で、こちらも起承転結の展開を思わせるように話が進んできたですね。 つまり、二人のいる世界に冬がやって来ようとしている。 女の子は寒さに弱いので寒くなると眠ってしまう。 ガ...
『私の兄は、須藤さん達のグループのリーダーなんです。』 お話的には有紀寧編の前半パートということで、彼女の素性が色々と明るみに出ました。 彼女の兄貴が、町を2分する不良グループのリーダー格で、先日、資料室に現れた謎の男も彼女の知り合いの1人でした。 抗争?...
 クラナドアフター7話目。今回からは有紀寧の話に入っていきます。有紀寧が何故不良達の面倒を見ているのか明らかになっていきます。で、それに多くの不良が出てくるわけですが・・・いやそれ関連の場面が想像以上に面白くなっていて思わず笑いが~。有紀寧は色々な意味...
[[attached(1,center)]] === その笑顔があればそれで・・・ === 今回からゆきねぇ√でしたね・ 皆さん癒されたでしょうか。 渚と朋也が恋人だという設定上、 かなり独自性が生まれてましたね。 さすがに膝枕は無かったですね(笑 それでは簡易版レビ?...
JUGEMテーマ:漫画/アニメ   今回から、有紀寧ルート突入。    誰も使われなくなった資料室にたたずむ有紀寧は、今まで朋也達が休みに来た時などに、お茶を出したりとおもてなしをしたり、時には、良く当たるオマジナイなどを教えたりと直接ではなく、間接的に...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7回 彼女の居場所  朋也の後輩で...
今回は今までちょくちょくと出てきていた有紀寧のお話以前彼女と兄とのお話が彼女の口からありましたしね冒頭はいつもの幻想世界特に暖かい2つの光って朋也と渚それとも今回のお話の有紀寧と兄なのか光のある場所へ移動しようとしてますがそれが今の現実世界ってことなん...
CLANNAD AFTER STORY 2 (初回限定版)(2009/01/07)中村悠一中原麻衣商品詳細を見る CLANNAD -AFTER STORY- 第7話
どうして私にとってこの作品がそんなに心を惹きつけるかというと、やっぱり、OPの曲ですね。「時を刻む唄」最高に良いですよ。  発売前から...
反面教師? たぶん、こんなアフォな感想書いてる自分が最大の反面教師なんだと思います。
有紀寧ぇ編の多分前編なのだが、原作ゲームを知らない場合は今回だけだとわかりづらいだろうと思う。前の美佐枝さん編にしても完全なサブヒロインだから、シリーズの中にポンッと投下されると少し浮いてしまうかな。前後編をバラしてレビューすると説明不足になりそうな気...
今回は資料室の女神、宮沢有紀寧さんのお話。 って、気が付いたらもう7話なのね…ゆ
資料室の主・宮沢有紀寧がメインの話です。 前シリーズでは殆ど脇役に過ぎなかった有紀寧は今シリーズでは出番が多く、遂にメインです。 これで主・副ともにヒロインのシナリオはラストになるのかな。 そういや、藤林姉妹の話はやったけ? 原作を知らないから、この先...
CLANNAD ~AFTER STORY~ 第7話「彼女の居場所」 よろしければ押してやってください→  
 新章突入って事で、幻想世界での新たな展開。  幻想世界に冬が訪れようとしていました。  彼女らが言ってた『2つの光』というのは、陽平...
博士「彼女とは春原の事であるwww」助手「違ぇよwww」...

プロフィール

ソウロニール

Author:ソウロニール

素敵な銀髪少女を求めて今日も二次元の彼方へ。

ブログ内検索

ランキング参加中


にほんブログ村 アニメブログへ

クリックしていただけると
励みになります

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。